スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

【デュエプレ】ガルクリーフジャガルピア

デュエプレ用。レート1620ちょい行けました。めでたい。

  • ■ デッキ作者:senuta さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(自信作)
  • ■ パターンリーフ
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:b6ef2efd2ca56a84957d366d50730583)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 アストラル・リーフ 2 進化 2コスト、3ドロー、召喚酔いなし、バーストショット圏外...強いことしか書いていない切り札。 
4 エレガント・ランプ 2 クリ リーフのタネ。終盤軽さを活かしてジャガルザーにくっつけたりも。 
4 フェアリー・キャンドル 2 クリ リーフのタネ。終盤はジャスキル防止に活躍。 
4 スパイラル・スライダー 2 呪文 軽量バウンス。ST付きなのでガルザークや速攻相手には防御札としても活躍します。 
4 ペコタン 4 クリ アクア・ハルカスと変更。バーストショットに弱すぎるので3000ラインが欲しかったです。 
2 ソーサーヘッド・シャーク 5 クリ ブリザードに強いこととパワーラインを買って採用しました。 
4 アクア・サーファー 6 クリ 防御札。二角を戻すなど、手札からプレイすることも多々。でも初手3枚サーファーはやめてください。 
4 コッコ・ルピア 3 クリ ジャガルザー、ガルクライフへの早期アクセスを実現するため採用。ドラゴンが見えないと気まずい空気にry 
3 紅神龍ジャガルザー 6 クリ あまり見ませんがかなりのパワーカード。押し込みも捲りもこいつにおまかせ。 
3 ガルクライフ・ドラゴン 7 クリ 調子に乗りすぎたようだな。5500ラインが取れるようになっているのは最高に強い! 
4 ドリル・トラップ 7 呪文 テンペストザウルスとどちらがいいかは永遠に悩む。ボルバル、ブリザードらに届くこちらをとりあえず採用。 

解説

【構築の始まり】

アストラル・リーフを軸にした青単速攻はガルザークデッキに強いという長所があります。

しかし悲しいかな、最も数が多いであろうボルバルデッキがとてもキツイ。
ブロッカーが充実しているだけならパラディンでどうとでもなるんですが、魔改造されたグライスメジキューラが鬼門。ブロッカー除去カードに引っかからず、バトルでも勝てず、軽量進化クリーチャーゆえにバウンスもほぼ効きません。

そこで私は考えました。

「リーフデッキにガルクライフ突っ込めば強いんじゃないか...?」

と。

【解説】

というわけで、ガルクライフ・ドラゴンを採用した赤青リーフです。

ガルクライフは速攻デッキで使うにはどうしようもなく重い(具体的には仮想敵のボルバルが召喚する二角に間に合わない)ので、ルピ子ことコッコ・ルピアを採用することでマナカーブを安定させました。攻めの中核にジャガルザーを採用しているので光以外の対面でも腐ることはありません。

コッコ・ルピアはチャージャーと違い「自身が序盤に出せる打点」という点も良い感じです。

【各対面簡易プレイング】

※マッチングしたもののみ

・光入り3〜5色ボルバルザーク
序盤は殴らずに手札を充実させることを意識。サイバーウイルスやハルカス等を見せれば相手はブロッカーやメジキューラ、霊光で盤面をかためてくるのでガルクライフで吹き飛ばします。二角着地前にガルクライフ+aの盤面を作れればベスト。数的有利を取ったらバウンス、ジャガルザーを絡め殴っていきます。
ボルバルザークが動き出す10ターンまでに倒しきれないことを悟ったらフェアリーキャンドルを置く等して耐えることも視野に。
ロストソウルがキツイ。あと、先行を取られ綺麗にマナブーストされるのもキツイ。
余談ですが一度デモニックバイス2連打を食らいボコボコにされました。さすがにそこまではケアできなかった...

・3色〜4色ガルザーク
アストラル・リーフをしっかりと展開できれば有利な相手。バウンスを絡めて積極的にビートダウンしていきます。
ゾルヴェール、ジャグラヴィーンを飛ばすパラディン、リーサル盤面を楽に作れるジャガルザーを多めに採用しているので状況が不利になっても頑張れます。忍耐。
ただ最近は水入りが増えていて、早期に「タイフーン+アークデラセルナを踏む」という負け筋ができてしまったのが痛いところです...ドルザークが着地したらさすがに厳しいのです。

・トリガーボルバル
ペトローバが絡まなければ有利な気がします(ガルクライフで盤面取れるので)
テンプレボルバルと違い、珍しくパワーで勝っている相手なので序盤から殴れそうなら殴ります。

・ダイヤモンドブリザード
不利です。盾を信じて頑張ります。刻んで攻撃することはありますが、基本的には溜めてジャガルザーで一斉攻撃。なぜならパワーの低さゆえに力負けしてしまうから...
テレポーテーションやソーサーヘッドシャークを多めに採用しているブリザードは無理です。ずるい。
強いて言えば、先行を取れれば(盾を殴るリスクはありますが)コッコジャガルザーでブリザードを上から叩けるのが救い。普通のリーフデッキだとこうはいきませんからね。

・速攻
盾を信じて頑張ります。耐えてしまえば相手のシールドが弱いので高い確率でジャガルザーワンショットが決まります。

・イニシエート
テンプレボルバル同様手札をキープしつつ盤面を整えます。クラウゼorスパーク前にガルクライフが着地できれば最高。本来リーフデッキはイニシエートが大の苦手なのですが、勝てます。ガルクライフ最高!

【各カード解説】

上を参照。

アクアハルカスをペコタンに変更。

変更履歴

2020/06/08 更新
2020/06/06 更新
2020/06/01 更新
2020/05/29 更新
2020/05/26 更新
2020/05/25 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 1

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク