スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

アナカラーハンデス(超機動罠 デンジャデオン 入り)

ハンデスでロックしてトラップ黙示録で盾を焼却し、ダイレクトアタックを決めるデッキ。

  • ■ デッキ作者:そだてや さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターンハンデス
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:f1fbba83cb423a2d8b2fafceafe6e1a3)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
2 最強虫 ナゾまる 2 クリ 自然 踏み倒し 余ったマナでゴグガロイザーなどを出す 
4 ゴースト・タッチ 2 呪文 ST&ハンデス 2コストのハンデス呪文 
4 ブレイン・タッチ 3 呪文 水/闇 ハンデス&ドロソ 手札が減らないハンデス 
1 再誕の社(殿) 3 呪文 自然 マナ加速 マナを増やしてゴグガロイザーにつなげる 
3 フェアリー・シャワー 4 呪文 水/自然 ST&マナ加速&ドロソ マナを増やしながら手札を補強 
4 デモンズ・ライト 4 呪文 水/闇 ドロソ&除去 安定したドローソース 
3 傀儡将ボルギーズ
ジェニコの知らない世界
5
2
クリ
呪文

ハンデス&除去 2コストのハンデス呪文 
4 Dの博才 サイバーダイス・ベガス 5 D2 ST&ドロソ 守りながらドローも出来るD2フィールド 
3 マッド・デーモン閣下
デーモン・ハンド
5
6
クリ
呪文

ST&除去&墓地回収 確定破壊かつクリーチャー回収 
4 龍装艦 ゴクガ・ロイザー 6 クリ ドロソ&呪文踏み倒し 核 出た時2ドロー、呪文で選ばれず、呪文を二回打てる壊れクリーチャー 
4 超機動罠 デンジャデオン
地獄極楽トラップ黙示録
6
8
クリ
呪文
自然
自然
ST&盾焼却 コンセプト クリーチャーと呪文、両方ともが噛み合った強カード 盾を焼ける 
1 英知と追撃の宝剣(殿) 7 呪文 水/闇 除去&ランデス ゴグガロイザーとダイスの兼ね合いが最強 
3 テック団の波壊Go! 7 呪文 水/闇 ST&除去 防御札として最高峰のカード 禁断に強く出れる 

解説

【動き方】
 序盤はハンデスカードで相手の手札を減らしていく。相手の手札が尽きたら隙をみてゴグガロイザーを置く。その後トラップ黙示録で盾を無くしてダイレクトアタックを狙う。

【カード解説】

・最強虫 ナゾマル
 マナから踏み倒せるクリーチャー。2コストで6コストの働きも可能。このクリーチャー自身もマナから出せるので使い勝手はいい。
 パワーが絶望的に低いので出す前にハンデスして動きを止める必要がある。

・ゴースト・タッチ
 2コストのハンデス呪文。特攻人形に枠を取られがちだが今回はこっちを採用。
 理由はゴグガロイザーとの相性のよさと、STがあること。特にSTは重要でバルチュリスやドルガンチュリスを落とせる可能性があるのは強い。

・ブレイン・タッチ
 ハンデスしながらドロー出来る。青黒ハンデスの必須カードその①。
 シンプルながら強いカード。3t目に打ちたい。

・再誕の社
 墓地から2枚マナに置ける。マナ加速としても優秀だが主な使い方はトラップ黙示録をマナに戻して回収すること。
 他にもデーモン閣下を戻してナゾマルで出すという事も可能。

・フェアリー・シャワー
 マナ加速しながらドロー出来る。4→6と綺麗にゴグガロイザーに繋がる。STも地味にありがたい。

・デモンズ・ライト
 ドローしながら除去出来る。青黒ハンデスの必須カードその②。
 2、3t目ハンデスからのこれは犯罪ムーブ。相手のシステムクリーチャーを焼いてかなりのテンポロスをさせれる。
 ドローも出来るのでハンデスの際に減った手札を回復出来る。隙が少ない強カード。

・傀儡将ボルギーズ/ジェニコの知らない世界
 2コストのハンデス呪文。呪文側で使うことが多い。 デーモン閣下で回収出来ることが優秀。
 クリーチャー側は-4000効果持ち。相手のハンデスメタを焼けるのは嬉しい。

・Dの博士 サイバーダイス・ベガス
 置きドロソ兼防御札。STも付いていて非の打ち所がないD2フィールド。
 ゴグガロイザーとの相性は抜群でテック団やエタソが倍になるのは驚異。

・マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド
 確定で相手を除去出来るカード。STで相手の速攻を止めれる。
 クリーチャー側は墓地回収。トラップ黙示録を回収してフィニッシュのお供になる。
 自身のクリーチャー側とのコンボで呪文を使い回すことが可能。ゴグガロイザーがいるとむしろ手札が増えることに。

・龍装艦 ゴグガ・ロイザー
 このデッキの核となるクリーチャー。出た時に2ドロー、呪文で選ばれず、呪文をもう一度唱えられる。控えめに言って壊れ。
 このデッキのカードのほとんどとシナジーがあり並べば並ぶほど強力。
 出せなくても一応戦えるが勝率はかなり落ちる。逆に言えば、出して除去されなければ勝ち。全力で出しに行こう。

・超機動罠 デンジャデオン /地獄極楽トラップ黙示録
 コンセプト。盾を焼却出来る呪文。クリーチャー側の防御力も侮れない。ターンの初めにマナから回収出来る所が使い勝手がいい。
 自分のクリーチャーのアタック時にも唱えれるため盾を焼いてそのままダイレクトも狙える。
 使い回すために再誕の社やデーモン閣下で回収しよう。相手のマナが増えるため予期せぬカウンターには注意。

・英知と追撃の宝剣
 除去兼ランデス呪文。4枚に干渉出来る強カード。そのまま唱えても強いが出来るだけゴグガロイザーがいる時に使いたい。
 ダイスで唱えれるのも魅力の一つで相手の殴りを抑制出来る。

・テック団の破壊Go!
 除去札。5以下のカードバウンスか、6以上のクリーチャー破壊を選べる。禁断持ちの相手にはかなり強い。
 ダイスがある時に禁断のカードを剥がすことで相手は絶望する。

【デッキ相性】
(身内で回してみた結果です。実際には違う所があるかもしれません。)

・バスター系統 〇
 相手の編成によって多少は変動するも基本的に有利。特に禁断ありにはほぼ負けない。
 常に手札をゼロにし、盤面も処理しておくことで革命チェンジを防ごう。
 ラフルルが刺さりまくるので上手くハンデスで落としておきたい。
 他にはゴグガロイザーを処理出来るGWDや呪文を止めれるシャッフ、一枚で革命チェンジが出来るイーヴィルヒートなどを警戒。

・ドロマーミラダンテ △
 ハンデスメタの枚数によって勝敗が決まる。ミラクルスターや防鎧を積んでいた場合はキツイ。
 STが呪文に偏っているためミラダンテの効果は大丈夫だがジャミングチャフを打たれると止められない。
 ハンデスで抑え込めれた場合かなり楽な相手になる。

・赤黒ドルマゲドン ✕
 破壊が効かないクリーチャーが多いためトラップでマナに置けるかがカギになる。
 防御札が豊富なため耐えてドルマゲドンを除去して勝つパターンもあった。しかし、基本的には勝つのは厳しい。

・轟轟轟 〇
 STが盾に入っているかどうか。STで盤面を処理し、ハンデスで手札を枯らせば勝ちに近づく。
 ダイスを張ってスピードアタッカー対策をしておくとなおよし。

・ジョーカーズ 〇
 ガヨウ神の前にハンデス出来ればいい感じ。ヤッタレマンなどの小型も丁寧に処理しておくのが大事。
 マキシマムが強いが盤面を抑えていると唱えられることはないので大丈夫。

・墓地ソース △
 相手の墓地肥やしをサポートする事になるのが残念。
 スピードアタッカーも多いためトップ勝負で負けることも。
 ただし、ダイスとデンジャデオンが防御札として優秀なので長期戦に持ち込んで勝てる場合も多い。

・デスザーク △
 ヴォーミラー、ヴォガイガを残さない事が大事。そうすることで序盤有利に戦える。
 問題なのが後半。ガリュザークがクリーチャー側、呪文側どちらも強く苦戦する事になる。
 安易にデスザークやガリュザークをマナに送るとガリュザークの呪文を打たれて盤面が一掃される。
 ゴグガロイザーを処理されないような立ち回りが重要。

・5cコントロール △
 呪文メタを出される前に勝てるかどうかがの勝負。最近はキューブで序盤からモアイなどが飛んでくるので祈祷力が必要。
 エタソをゴグガロイザーがいる時に打てると勝ちが近づく。

・ブライゼナーガシュート 〇
 序盤にブライゼナーガをハンデスすれば動きを止めれる。ブライゼナーガを出される前に盾を焼いて確率を下げていこう。
 特にエメラルーダなどで仕込んだ盾は最優先で焼却する。素でヴィルヘルムが出て来ても落ち着いて処理をすれば大丈夫。

・青緑シャコ △
 ハンデスに対してバイケンが出てきた場合厳しくなる。上手く轟破天を落としていきたい。
 最終的にトップ勝負になるため轟破天を引かれないよう祈ろう。エタソでマナのシャコを落とせると勝ったも同然になる。

・青白天門 〇
 ハンデスメタが多いと戦いづらいが負けることは多分ない。練習相手としては最適のデッキ。 

・ループ系 〇
 ループの初動をハンデスで縛ることでループに入らせない事が大切。盾は焼却するので安全に勝つことが可能。
 ジャバランガの場合墓地肥やしが痛いが基本的にループに入る前に何とかなる。

【あとがき】
 今回は4回目の投稿ですが、自分の一番嫌いなハンデス系のデッキを持ってきました。
 嫌いなのに何故投稿したのかと言いますと新カードのデンジャデオンが魅力的なカードだったからです。
 呪文側はクリーチャー除去に盾焼却、クリーチャー側も攻守ともに使いやすい小回りの利く印象を覚えました。
 このカードを生かすのにどんなデッキがいいのか試行錯誤した結果ハンデスになってしまった訳です。
 結果的には青黒ハンデス以上の防御力を持ちつつ、アナカラーシャコ以上のコントロール力を持ったデッキになったのではと思います。
 いまだ試行回数が足りていないこのデッキですが皆さんも使っていただけたら幸いです。
 コメント等はいつでもお待ちしています。ここまで長々とお付き合いいただきありがとうございました。

変更履歴

2018/08/21 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 8

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク