スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

3tサッヴァーク(煌メク聖戦 絶十 入り)

煌メク聖戦 絶十の効果でサッヴァークを早期に出してビートする。新規カード追加しました。人気のデッキ入りありがとうございます!

  • ■ デッキ作者:そだてや さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターンサッヴァーク
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:99aec1aa04facdf89d9307897c6c4934)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 憤怒スル破面ノ裁キ 2 呪文 裁きの紋章 2t目に打ち、ハッピーで回収することで3t目に絶十を出す 
4 堅珠ノ正裁Z 2 呪文 裁きの紋章 オリオティス効果を持つ2コスト紋章 
4 ハッピーとラッキーの一撃 2 呪文 光/水 コンボパーツ 憤怒と合わせて3t目に絶十を出す 
3 剣参ノ裁キ 3 呪文 裁きの紋章 ハッピーや絶十を回収する 
3 転生ノ正裁Z 3 呪文 裁きの紋章 紋章を回収し絶十に繋げる 
4 コアクアンのおつかい 3 呪文 ドローソース 事故を防ぎつつマナ基盤にもなる 
3 命翼ノ裁キ 4 呪文 裁きの紋章 盾に2枚カードを置ける 
4 煌メク聖戦 絶十 5 クリ コンセプト 個人的に新弾の中でも強カード 盾を増やしながらコストを下げる 
3 青寂の精霊龍 カーネル 5 クリ 光/水 ST 守り札兼色基盤 
4 魂穿ツ煌世ノ正裁Z 7 呪文 裁きの紋章 相手の8コスト以下を盾に送る防御札 
4 煌龍 サッヴァーク 7 クリ フィニッシャー 早めに出して盾を増やしながら殴る 

解説

【動き方】
 裁きの紋章を盾に置き、回収時に捨てて絶十召喚、絶十の効果でコスト削減をしてサッヴァークを早期に召喚。そのままサッヴァークでビートしていくデッキ。

・コンボ1
 2t目 憤怒→3t目 ハッピー、憤怒回収&捨てて絶十召喚、盾が2枚増えているので6コスト軽減してサッヴァーク召喚。

・コンボ2
 場に絶十がいる状態で、2マナ憤怒→1マナ転生→憤怒捨てて魂穿ツ→1マナサッヴァーク。
 この動きで2体除去しながら4コストでサッヴァークを出せる。さらに盾に魂穿ツと転生があるのでカウンターも出来る。
 (転生を盾に置く前に魂穿ツを唱えられる裁定なら可能。公式のQ&Aを見たところ出来そうな気もするけど分からない…。どうしてこんなにサバキZの裁定はややこしいのか…)

・簡単な立ち回り
 基本的に3t、4t目にサッヴァークを出すことを狙う。しかし、狙えない時も多々あるのでその時はミクセル、命翼などで時間稼ぎをしつつ、ドローを重ねてコンボパーツを探しに行く。
 殴って来る相手にはカウンターで絶十を出し、次のターンに憤怒(ハッピー)、命翼、サッヴァークと動くことで4コストでサッヴァークが出せる。
 サッヴァークの盾追加はビート相手だと裏、コントロール相手だと表がいい感じ。また、紋章や相手のカードを盾に送る時は1枚のシールドにまとめる方が良い。
 1枚にまとめることで、ハッピーで紋章を大量に回収しながら絶十を出し、1コストになった紋章を使い回すことが出来る。

【カード解説】

・憤怒スル破面ノ裁キ
 3t目サッヴァークの要。一応なくても出来るが安定性を考えると2t目に打ちたい。手札が減らないのもgood。相手ターンに絶十を置いたときはこのカードから動きたい。

・堅珠ノ正裁Z
 新しい2コスト紋章。これのお陰で3tサッヴァークが決まりやすくなった。オリオティス効果を内蔵しているので守りながら盾に置ける。

・ハッピーとラッキーの一撃
 このデッキとの相性抜群のカード。3t目サッヴァークをするには必須。何とか引いていきたい。紋章使い回しも出来るので手札に来れば来るだけ嬉しい。

・剣参ノ裁キ
 必要パーツを引っ張って来る。ハッピー、絶十、サッヴァークあたりが狙い目。ハッピーで使い回すと最高に強いカード。

・転生ノ正裁Z
 盾を回収出来る紋章。単純に使いやすく絶十を3t目に安定して置けるように。これ自身にもサバキZがあるので盾回収が連鎖することもある。
 盾の枚数が減るので乱用はご利用的に。

・コアクアンのおつかい
 ドローソース。パーツが手札にない時やコンボ後の手札不足を解消する。パーツが揃っている時は水マナとしても使える。このカードはコスト軽減の対象外なのに注意。

・命翼ノ裁キ
 絶十と組み合わせて6コスト軽減が出来る。盾が無くなっても使えるので安心感がある。サッヴァークを召喚する時によく役に立つ。

・煌メク聖戦 絶十
 デッキの主役。絶対に引いておきたい。相手のブレイクにも反応するため防御札としても使える。強い。ただし出来るだけ自分のターンに出した方がコスト軽減の効果を使いやすい。
 また、S・バックと違いシールドが2枚割られた時に、1枚が紋章、もう1枚が絶十だった場合でもこのクリーチャーを出すことが出来る。

・青寂の精霊龍カーネル
 防御札兼色基盤。盾が増えやすいこのデッキだと3枚詰みでも結構出て来てくれる。1t目にはマナに置きたい。手札からだすことも稀にある。
 
・魂穿ツ煌世ノ正裁Z
 紋章付きの防御札。サバキZ持ちの8コスト以下盾送り呪文。自身も紋章を持っているため無駄が一切無い。正直やりすぎじゃないかと思うぐらい強い。
 ハッピーと合わせれば2コスト盾送り呪文。サッヴァークとの相性もいい。文句のつけようがないほど強い。

・煌龍サッヴァーク
 フィニッシャー。4t目には出していきたい。ブレイク時の盾追加は表裏、相手に合わせて変えよう。

(入れ替え候補)

・スペル・デル・フィンor ナンバーナイン
 診断より。強力な呪文メタクリーチャー。今回はビート型なので殴った時も強いサッヴァークを優先し採用見送り。
 ただ、このデッキの弱点である青黒ハンデスや呪文のループ系に強いので1、2枚ほどお守りとするのはあり。

・ハピネス・ベル
 防御札兼コンボパーツ兼ドローソース。使いやすすぎる万能カード。序盤、中盤、終盤どのタイミングで使っても腐らない。あるとないとで差が出る1枚。
 だったはずが命翼が思いのほか強く、手札に余りがちに。枚数調整するならここになるかも。
 ルクショップの登場で最終的にデッキから外れてしまった可哀そうな子。命翼、ルクショップと似た役割のカードが多かったことが悲劇の原因。
 轟轟轟には強いのでメタをするなら入れ替えよう。

・時の秘術師・ミラクルスター
 ハンデスメタ。とはいえ青黒ハンデスにはさほど効果がない。主にはアナカラーシャコのロストソウルや、デスザークのニトロ、ラビリピト対策。
 多色を増やしたくないのと、革命チェンジはほとんど使わないので1枚。今後の環境で枚数変更あり。
 メタがピンポイントだったのと、早い相手に無力だったので結局デッキ落ち。墓地に呪文が貯まるデッキではないのも要因。
 大会でハンデスをよく見るなら入れよう。

・光牙忍ハヤブサマル
 防御札。どのデッキにも入る守護神。ドローが豊富で盾が増えるこのデッキだと気が付けば手札にいる。
 轟轟轟の増加により4tまで試合が伸びなくなり抜くことに。盾が無くなると動きにくくなるデッキなので出てくる速度は大事。

・ドレミ団の光塊Go!
 ST兼色基盤。スパーク系統のST呪文。選択効果で1枚ドロー&5以下の光か水の呪文を唱えられるので隙が少ない。
 相手のターンに呪文を唱えられるのは面白いが、唱えたい呪文は特には無いことが気になる。
 カーネルの存在のせいでデッキ入り出来ない不憫なカード。

・奇石ミクセル/ジャミング・チャフ
 序盤の守りと終盤の詰めを担う。
 ただ序盤に使いたいカードがたくさんあり、相手の速攻にもある程度強いので減らすとしたらここ…と考えていたがいざ抜いてみると勝率が激減したのでやっぱり必要。
 新カードがたくさん入りついに交換。負けが続くなら再び投入。

・巡ル運命ノ裁キ
 一枚だけで絶十を召喚出来る。タイムラグとタップ効果が微妙だがハッピーがいらないのは強い。
 絶十を召喚する以外でも、紋章を回収出来る強みもある。ただ、やっぱりタイムラグが気になる。
 タイムラグ無しの紋章が出たため入れ替え。

・オリオティス・ジャッジ
 早いデッキに対する防御札。最近よく見る墓地ソースや轟轟轟、デスザーク、バスターにささる。逆にそれ以外には微妙なので試しの1枚投入。
 軽いので手打ちもしやすいのは評価点。自分のクリーチャーにも効果があるのに注意。
 似た効果の堅珠が出たのでお役御免に。

・ハヤブサノ裁徒Z/ヒーリン・マスラカス
 防御札。サバキZ持ちのブロッカー。ハヤブサマルとは違い4tより早く出てこれる。轟轟轟が増えたので投入。
 呪文面は意外と優秀。STや紋章を仕込める。シールドが無くても盾を増やせるのも良い。
 枠が出来たら増やしたいカード。
 ハヤブサマルだけでなくこちらも抜くことに。それもこれも魂穿ツが強すぎたせい。

・ルクショップ・チェサイズ
 防御札。盾に山札から2枚のうちどちらかを仕込めるので紋章やSTを入れていきたい。スーパーSTでは命翼を仕込むことで絶対に割られない盾にすることも可能。
 他にも、サッヴァークを仕込んでカード除去も出来る。ハピネスベルを追い出した原因。
 魂穿ツという強い防御札の登場でデッキ落ち。ハピネスベルと一緒に眠ってもらおう。

【デッキ相性】
(身内で回してみた結果です。実際には違う所があるかもしれません。)
(※現在新しいカードを大量投入してデッキが変わったので参考にならないかも。後日時間を取って書き換えていきます。)

・バスター △
 禁断があると不利に無いと有利になります。不意に出てくるメメントに注意。

・ジョーカーズ(ジョラゴン型) 〇
 4tサッヴァークが出来なくても、盾や手札を増やすことで対応可能。ジョラゴンを止められるカーネルを盾に仕込みたいので盾増やしは特に重要。
 ルクショップ追加により、より受けやすくなった。

・ジョーカーズ(ガンバトラー型) △
 マキシマムを打たれると、ハヤブサマルがないと負け。2回打たれたら諦めよう。
 先に絶十を出せたなら、巡ルでタップキル、サッヴァークで除去、カーネルでマキシマム対策、命翼で盾増やしなどが出来るのでこちらが押し切れる。

・青黒ハンデス ✕
 手札が減ると何も出来ない。意識するなら、防鎧やミラクルスターを入れるのもあり。

・青緑シャコ 〇
 ジャミングチャフを打ってから殴っていく。バイケンは置換効果で防ごう。

・赤黒ドルマゲドン ✕
 デッドゾーンのマイナス効果が置換できないため厳しい。タイガニトロもキツイ。もちろん封印も無理。おそらくどうやっても勝てない。

・モルトネクスト 〇
 モルネク着地前にサッヴァークを置くのもよし、殴ってきた時に絶十を出してカウンターするもよし。ドラグハートはサッヴァークで除去できるので相性はかなりいい。

・デスザーク(ガリュザーク入り) 〇
 基本的に3コスト以下で動くためガリュザークは気にならない。ラビリピトやタイガニトロが出る前にコンボを決めたい。

・轟轟轟 〇
 相手のビートに合わせて絶十を置けたら勝ちがグッと近くなる。
 ハピネスベルを抜いたので多少戦いにくくなった。

・5Cコントロール △
 相手が大型クリーチャーを出す前にサッヴァークを出せるかどうかの勝負。除去が強いので自分のターンに絶十を出すときは必ずサッヴァークと一緒に出すこと。
 サッヴァークを出した後は表向きのカードをたくさん置いて除去に対応しておく。
 サッヴァークを出せばほぼ勝ちではあるが、相手の盾が無くなった時にモーツァルトを出されると詰むので注意。

・ループ系 ✕
 このデッキはサッヴァークを早く出すことは出来るが、そこから勝つのは出した2~3ターン後になる。なので、ループして勝つデッキにはかなり弱い。

【各種データ】

・命翼とハピネスベルとルクショップの違い

 命翼…4コスト。盾には表に1枚、裏に1枚追加。盾に紋章が確実に仕込める。絶十がいる時は4コストで6コスト軽減できる。実質フェアリーギフト。
 STはついてないので、早い相手には注意。シールドが0枚になると置けなくなる他の紋章とは違い、置けるので安心。

 ハピネスベル…6コスト。盾には裏に2枚追加。ただし次の自分のターンに回収。盾に紋章が入るかは運次第。絶十がいる時は6コストで6コスト軽減できる。
 STがついていて、回収する時に絶十を出せれば次のカードを3軽減できる。2t目には殴って来る轟轟轟に対して絶十、命翼、サッヴァークと2コストで返せるのが強力。

 ルクショップ…7コスト。盾には裏に1枚追加。盾に紋章が入るかは運次第だが、紋章かどうかは分かる。絶十がいる時は7コストで3コスト軽減できる。
 STがついていて、スーパーSTで命翼を仕込むことで無限防御可能。他の2つとは違いシールドの中身が分かるので柔軟な動き方が出来る。

・ハヤブサマルとハヤブサノ裁徒Zの違い

 ハヤブサマル…3コスト。ニンジャストライク4持ち。ブロッカーを1tの間自分のクリーチャーに付与。
 相手の殴りに対して最短4tで出せる。出た後山札の下に行く。サッヴァークとの相性が良く、11000のブロッカーを立てつつ下に行くのを置換で防げる。

 ハヤブサノ裁徒Z…3コスト。サバキZ持ち。ブロッカーを持っている(アタックできる)。
 相手の殴りに対して最短1tで出せる。出す時に紋章を捨てる。絶十との相性が良く、盾が減るのを防ぎつつ呪文では紋章仕込み&軽減が出来る。

【ハッピーとラッキーの一撃とサバキZについて】
 コメントにて呪文の場合割り込みが発生しないとのご指摘をいただきました。
 まだサバキZの正確な裁定が出ていないので分かりませんが、ダメなようならデッキタイプを変更しようと考えています。
 この度は自分の勝手な考えを広めてしまい申し訳ありませんでした。

【殿堂について】
 殿堂により墓地ソース、バスターが減ると予想していましたが、まさか逆に赤黒墓地ソースや5cバスターとして復活するとは思いませんでした。
 そこで当初予定していた大幅な変更は見送らせてもらおうと思います。
 環境が変わり青黒ハンデスや赤黒ドルマゲドンが増えた時に変えていこうと考えています。
 

【あとがき】
 新弾のカード一覧を見ている時に、(ん?こいつ強くね)と思いデッキを組んで回してみた結果出来たデッキです。
 色んなカードが注目されるなかこのカードもその1枚になればと思い、投稿しました。
 初めての投稿で至らない点等ございましたらコメント欄にてお願いします。
 また、こんなカードを入れたらどうかなどはどしどし送って下さい。返信は遅いですが、返そうと思います。
 長々とお付き合いいただきありがとうございました。

【追伸】
 最近人気のデッキに名前が載ることが出来ました。たくさんの方々が見てくださったおかげで、とても嬉しいです。このデッキが環境に来ることを願って今後とも研究していきたいと思います。
 これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
 100グッジョブありがとうございます。これからも精進していきます!
 宣伝になりますが、新作デッキを投稿しました。名前は『ジャスティスループ(遣宮使 ネオンクス 入り)』です。興味があれば覗いていただけると嬉しいです。
 200グッジョブありがとうございます。これも皆さんのおかげでございます。今後も環境が変わるたびにデッキを改良していきます。これからもよろしくお願いします。
 再び宣伝ですが、新作デッキを投稿しました。『赤単ジョーカーズ(ボルシャック・ドギラゴン入り)』と言います。こちらもよろしくお願いします。

【追伸2】
 強い新規カードが出たため大幅に変えました。特に魂穿ツ煌世ノ正裁Zはかなり強いカードで、見た時に目を疑ったほどです。
 いまだサバキZの裁定はあやふやで大会ではオススメ出来ないデッキですがとても楽しいデッキなのでフリー回してみてはどうでしょうか。
 宣伝になりますが、新規デッキを2つ投稿しました。『アナカラーハンデス(超機動罠 デンジャデオン 入り)』と『I am単騎ラフルル(次元の嵐 スコーラー 入り)』です。
 どちらも既存にはない動きを考えたデッキです。興味があれば覗いていただけたら幸いです。
 これからもよろしくお願いします。

変更履歴

2018/09/01 更新 仮のカードを変更 伴い注意書きを削除 動き方にコンボ2を追加(出来るかは裁定次第です)
2018/08/30 更新 ミクセル4→0 巡ル3→0 ハヤブサノ裁徒Z1→0 ジャッジ1→0 ルクショップ2→0 堅珠0→4 転生0→3 魂穿ツ0→4 注意追加 デッキ相性に※追加 追伸2の追加(新作もよろしくお願いします)
2018/07/30 更新 入れ替え候補の追加
2018/07/20 更新 ハッピーとサバキZについて変更(コメントより)
2018/07/16 更新 ハッピーとサバキZについて追加 追伸の追加(新作もよろしくお願いします)
2018/07/15 更新 殿堂について追加
2018/07/07 更新 ハヤブサマル1→0 ハヤブサノ裁徒Z0→1 各種データ追加
2018/07/03 更新 診断→ガチデッキ(調整中)に変更 追伸の追加(新作もよろしくお願いします)
2018/06/30 更新 ミラクルスター1→0 カーネル2→3
2018/06/27 更新 命翼4→3 ジャッジ0→1 カーネル3→2 ミラクルスター0→1
2018/06/25 更新 殿堂について追加
2018/06/24 更新 各種データ追加 色々な文章の変更 ルクショップ0→2 巡ル4→3 ハピネスベル1→0
2018/06/23 更新 入れ替え候補の追加 絶十の効果補足
2018/06/23 更新 誤字修正 命翼3→4 ハピネスベル2→1(お試し)
2018/06/22 更新 色々な文章の追加&変更 追伸の追加
2018/06/21 更新 仮だった護法を絶十に変更 伴い注意書きを削除
2018/06/20 更新 命翼2→3 ハピネスベル3→2
2018/06/19 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 245

みた人からのコメント

そだてや 2018-07-20 14:40:02 [6]
コメントありがとうございます。
返信遅くなってしまい申し訳ございません。
wikiのSトリガーの欄確認しました。
呪文だとダメなようですね…勘違いしておりました。
まだサバキZの裁定が出てないので希望は捨てておりませんが、もしダメならデッキタイプを変更しようと思います。
今回はご指摘ありがとうございました。
これからもお気軽にコメントお待ちしています。
AyakawaHisa 2018-07-21 16:17:57 [7]
こんにちは。ハピラキとサバキZについて、デュエマ公式Q&Aより引用です
>Q.このカードの持つサバキZはどう使うのですか?
>A.裁きの紋章が自分のシールドゾーンから手札に加えられた時に、そのカードを捨てることでこのクリーチャーをコストを支払わずに召喚することができます。手札に加えられる原因はブレイクや能力によるシールドの手札戻しなど何でも構いません。
この「能力によるシールドの手札戻し」には呪文も含まれるので、上で説明されている動き方は可能だと思います。
そだてや 2018-07-22 19:57:18 [8]
コメントありがとうございます。
公式Q&A確認しました。
残念ながらこの内容だと、ハッピーの盾追加を先に行ってから絶十を召喚するのか、それとも絶十を召喚してからハッピーの盾追加を行うのかが自分には判断出来ませんでした。
Sトリガーの時のように、呪文の場合は手札に加えた紋章と絶十を見せてサバキZ宣言し、その後ハッピーの盾追加→紋章を捨てて絶十召喚となるのか。
サバキZは「加える時」ではなく「加えられた時」とSトリガーともSバックとも違うテキストのため他のとはタイミングが違い、ハッピーの盾追加よりも前に召喚できるのか。
実際SバックとサバキZはこのテキストの違いによって盾から加えられた絶十も出せるという差があるので、タイミングが違う可能性もあります。
今回教えて下さった情報はとてもありがたいのですが、これだけだとまだ確信に至ることは出来ませんでした。
やはり公式による発表を待つしかないのかなと思います。
他の方々も「自分はこう思う」というのをコメントして下さると考察の参考になります。
これからもお気軽にコメントお待ちしています。
しじみX 2018-07-29 14:24:04 [9]
コメント失礼致します。
ミラクルスターが抜けたということですが、それでもカーネルがはいっている理由は何かありますでしょうか?
色とスペックで考えると、ドレミ団の光魂Goの方がいいのかなと思いまして、質問させて頂きました。
そだてや 2018-07-30 17:07:39 [10]
コメントありがとうございます。
カーネルに関してはミラクルスターを入れる前から入っていたカードなので、ミラクルスターのために入れたわけではないです。
自分がカーネルを入れている理由は全部で3つほどあります。
1つ目は色合わせです。おつかいに引っかからない水文明が欲しかったのでカーネルは丁度いいカードでした。
2つ目はクリーチャーだからです。このデッキは一応ビートダウンに位置しているのですが、コンボの関係上クリーチャーよりも呪文の方が多く入っています。なのでクリーチャーを1枚でも多く入れておきたかったのです。
3つ目は自分のターンに出しても使えることです。カーネルはSTで出ても自分のターンに出ても2体止められるカードです。多色なので後半はマナに置きにくく手札から出すこともよくあります。その時に腐らないのは優秀です。
光塊Goは1枚で複数体止められる可能性があるカードです。環境に横並びのデッキが増えた時に輝くと思います。環境を見ての交換枠とさせてもらいます。
長い返信となりましたがご納得頂ける内容なら幸いです。
これからもお気軽にコメントお待ちしています。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク