スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

卍2箱でデ・スザーク卍

マスタードルスザク2箱でも《デ・スザーク》デッキはできる。《卍デ・スザーク卍》に関する考察も。

  • ■ デッキ作者:ふぃーかす さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ファンデッキ
  • ■ パターンデスザーク
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:94bbef3aa273e48b6bcbc79e2b8cf941)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
3 堕魔 ドゥポイズ 2 クリ 学校男。2枚以上確定。 
4 堕魔 ドゥシーザ 2 クリ 2ターン目のパワー-2000は強力。4枚以上確定。 
4 堕魔 ドゥグラス 2 クリ トリガー付きブロッカーな上殴れる。便利。4枚以上確定。 
4 堕魔 グリギャン 3 クリ 墓地肥やし。3ターン目《デ・スザーク》も。4枚以上確定。 
4 堕魔 グリペイジ 3 クリ ランダムハンデス。4枚以上確定。 
4 マイケル・ギャンドル 3 クリ 魔道具サポート。4枚以上確定。 
2 堕魔 ヴォガイガ 4 クリ コスト軽減&墓地肥やし&墓地回収。2枚確定。 
3 暗黒の裏闇市 4 呪文 ドローソース&破壊元。2枚以上確定。 
4 夜の集器医 ランプ 4 クリ トリガー。4枚以上確定。 
1 ハインリヒ・ダーマルク 6 クリ 当たったので入れてみた。相性は良いとも悪いとも。 
3 凶鬼73号 バチチ 6 クリ トリガー。2枚以上確定。 
2 卍 デ・スザーク 卍 8 クリ フィニッシャー。2枚確定。 
2 撃髄医 スパイナー 9 クリ トリガー。スーパーSトリガーも強力。2枚以上確定。 

解説

【デッキ構築談】
VR、SR等の高レアリティの封入率が上がって以降、切り札が手に入りやすくなった。また、新シリーズに入ってからは、1箱でレアが全種揃うようになり、デッキ構築が格段にしやすくなった。
特に今回の新4弾は、種類が70種類と少なくなったため、同名カードを集めやすくなっている。
また、今回の目玉である《卍デ・スザーク卍》は1箱に1枚確定、サポートの魔道具は優秀なスペックであり、コモン、アンコモンなら1箱で3~4枚は手に入る。
これは2箱買えばそれなりに戦えるデッキができるのでは? と思い作成してみた。

【コンセプト】
各種魔道具で相手をコントロールしつつ、《デ・スザーク》を素早く召喚する。
コモンは1箱で4枚程度、アンコモンも2~3枚程度手に入るので、4枚投入している。
レアは1箱で1~2枚なので、2箱で3枚当たった場合は3枚投入。
ベリーレア、マスターレアは1箱1枚確定なので2枚積み。

【デッキの回し方】
序盤:相手によって出す魔道具を使い分ける。通常は《ドゥグラス》、《一撃奪取》や《一番隊》などのシステムクリーチャーには《ドゥシーザ》、パワーの高いクリーチャーやアンタッチャブルには《ドゥポイズ》。
中盤:《グリギャン》《ヴォガイガ》で墓地肥やし。《グリペイジ》でハンデスしつつ、こちらは《マイケル・ギャンドル》や《裏闇市》で手札補充。
終盤:《デ・スザーク》で相手を封じつつ、魔道具を展開してフィニッシュ。

【各カードの解説】

《堕魔 ドゥグラス》
貴重なS・トリガーに加えてブロッカー、さらにいざとなったら殴れる、と2コストのわりに役割が多い。
特にS・トリガーのおかげで相手のターン中に《デ・スザーク》の無月の門を使用することが可能。
専用デッキなら4枚積みたいところ。

《堕魔 ドゥシーザ》
最近は《一撃奪取》サイクルや《一番隊》サイクルが使われることが多く、後攻2ターン目でカウンターすることが可能。
2コストと軽いため、終盤でも腐らない。単体でも非常に優秀。

《堕魔 ドゥポイズ》
魔道具版《学校男》と言えばその強さが分かるだろう。
序盤はシステム潰し、中盤は墓地肥やし、終盤は打点と八面六臂の活躍を見せる。
大体こういうカードは2枚程度積まれるのだが、打点が意外と無いこのデッキだと4枚ほしくなる。

《堕魔 グリギャン》
墓地肥やしに加えてブロッカー。特に墓地肥やしが任意であることが極めて重要。
ちなみに手札に《デ・スザーク》があればこいつの効果で3ターン目に《デ・スザーク》を出すことも可能(2ターン目魔道具召喚、3ターン目《グリギャン》で無月の門宣言、魔道具が2枚以上落ちれば無月の門成功)

《堕魔 グリペイジ》
ランダムハンデス。大体いつ出てても問題ない。マッドネスは無月の門を宣言しておいた《デ・スザーク》でカウンターしよう。

《マイケル・ギャンドル》
ドローソース。特に《暗黒の裏闇市》や《ドゥポイズ》との組み合わせは目を見張る物がある。
ただ、自身が魔道具でないだけに、かえって邪魔になる場合も。スペックはいいのだが……

《堕魔 ヴォガイガ》
墓地肥やし&墓地回収&コスト軽減。専用デッキでは核となる。
ただ、すべて強制なのが辛い(特に墓地肥やし)。

《暗黒の裏闇市》
コストが上がり、S・トリガーが抜けた代わりに代替コストで唱えられる《邪魂転生》。ドローソースとして使用したいところだが、主な役割はバトルゾーンの魔道具を墓地に落とすことだろう。

《夜の集器医 ランプ》
S・トリガー。刺さる相手には刺さるのだが、使ってみると案外仕事が無かったりする。他にキズナ持ちがいないのも難点か。

《ハインリヒ・ダーマルク》
SR枠だが当たったので入れてみた。主に少ない打点を補充する役割を持つ。
出た時に墓地から4コスト以下のクリーチャーを出せるため、《デ・スザーク》を出すサポートにも。
実際のところ、魔道具ではないので《ヴォガイガ》のコスト軽減を受けられず、マナカーブ的に合わないので、かみ合っているのかどうだかわからない。

《凶鬼73号 バチチ》
S・トリガー。闇のS・トリガークリーチャーは鉄板の《デス・ハンズ》がいるものの、こちらはマフィ・ギャングであり、コスト軽減のサポートを受けられる。
トリガーで除去したい相手はアンタップ状態の場合が多く、1マナの差が大きいため、デッキによってはこちらの採用も考えられるだろう。

《撃髄医 スナイパー》
S・トリガー。コスト9は重いが、《シュトゥルム》のようなパワー低下振り分けが可能。-9000はなかなか強い。
また、スーパー・S・トリガーは墓地からコスト4以下のクリーチャーを好きなだけバトルゾーンに出せるため、魔道具を大量展開することも可能。

【《卍デ・スザーク卍》について】
魔道具のスペックが優秀で、最速で3ターン目に出せるため、使い勝手が非常に良い。早い段階でタップインが必要なクリーチャーが出るのは、《プチョヘンザ》で証明済みだろう。
ただ、いろいろと弱点が多い。

・進化クリーチャーっぽいが進化クリーチャーではないので、出したターンに殴れない。
・進化クリーチャーではないので、《超次元 ガード・ホール》等、進化以外を対象に取るカードに引っかかる。
・除去耐性がなく、すぐ除去される。
・シールド送り、マナ送り、デッキ送りに弱い。
・下のカードが抜かれるとただのW・ブレイカー。

よって、フィニッシャーとしてはやや力不足で、制圧力も相対する《サッヴァーク》に及ばない。
専用デッキを組んでまわしてみれば分かるが、正直「出せば勝てる」カードではなく、出しやすさを利用して何回もバトルゾーンに出して活躍させるデッキが居場所となるだろう。現在ではデッキパーツを魔道具に変えた黒単ドラグナーによく積まれている。変わったところでは、2体の《デ・スザーク》を《エンド・オブ・ユニバース》に進化させるデッキも存在する。コントロールしながらフィニッシュする手段としてはおもしろい。

【専用デッキで採用を考えたカード】
《一番隊 バギン16号》
マフィ・ギャング定番のコスト軽減。ここから3ターン目の《ヴォガイガ》につなげると強そうに見える。
ただ、実際のところ常に魔道具をばらまいていた方が良いこと、さらに2コストのカードが激戦区であることから、4枚投入がほぼ不可欠だと思われるこのカードの採用は難しい。
黒単ドラグナーではさらに範囲が広い《一撃奪取 ブラッドレイン》が採用される。

《魔流毒》
最軽量の闇のマナ回収。クリーチャーを破壊する必要があり、非常に使いづらいカードであるものの、専用デッキでは魔道具を墓地に送る手段としても使える。
最近は《ドギラゴールデン》などのマナ送りに当たることも多く、マナに送られるとどうしようも無くなるこのデッキでは本気で採用を考えているところ。採録がまったくないのが厳しい。

《悪魔の契約》
マナを墓地に落とすドローソース。一応3マナ程度あれば動くので、マナ送り対策には有効か?

《デビル・ドレーン》
シールド送り対策。あまり殴ってこない相手には有効だろうか。

《暴発秘宝 ベンゾ》
シールド送り対策。S・トリガーが使えるのも良い。クリーチャーなので回収も容易。

《死皇帝 ベルフェギウス》
マナ送り対策。ちょうど《デ・スザーク》のタップイン効果と好相性という。割と意外な組み合わせ。
しかし6コスト。重い。

専用デッキは魔道具ビートとした方が良いのだろうか……

変更履歴

2018/02/05 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 1

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク