スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

迫真5cバスター

お疲れ様でした。
何度も改造しましたが、最後に新殿堂にあわせて一区切りとさせていただきます。ねりねり自体は続ける

  • ■ デッキ作者:ccshinonome さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:9bc28b901cafd68aa71e88e269ccebfd)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 ダーク・ライフ 2 呪文 闇/自然  
1 単騎連射 マグナム(殿) 3 クリ 【確定】インチキをしてはいけない(戒め)殿堂。 
4 水晶の記録 ゼノシャーク
クリスタル・メモリー
3
4
クリ
呪文
 
4 オブラディ・ホーネット
「Let it Bee!」
4
3
クリ
呪文
自然 【ブースト枠】腐りにくさが光るマナブースト。呪文は雑魚 
1 ウソと盗みのエンターテイナー 4 クリ 闇/火 【調整枠】強力な牽制手段。 
1 音精 ラフルル(殿) 5 クリ 光/水 【確定】色、コスト、性能全てこわれる。殿堂。 
1 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート(殿) 5 クリ 闇/火 【確定】メインアタッカー。4積みさせて♡殿堂。 
4 青寂の精霊龍 カーネル 5 クリ 光/水 【調整枠】2体受けるST獣。プチョと一緒に入れましょう。 
1 超次元ムシャ・ホール 5 呪文 【調整枠】能動的な除去と走り札を増やしたかった 
1 月の死神ベル・ヘル・デ・スカル 5 クリ 闇/自然 【調整枠】汎用回収ST。 
1 超次元リバイヴ・ホール 5 呪文  
4 Mの悪魔龍 リンネビーナス 6 クリ 闇/火 【確定】メインアタッカー。ワンキル作成常連。 
4 テック団の波壊Go! 7 呪文 水/闇 【調整枠】なんだかんだつえーよこれは 
1 蒼き団長 ドギラゴン剣(殿) 8 クリ 火/自然 【確定】デッキコンセプト。止まるんじゃねえぞ… 
4 百族の長 プチョヘンザ 8 クリ 自然/光 【調整枠】対ジョーカーズ、バイク、デスザ 
3 界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ 8 クリ 自然 【調整枠】チェンジザダンテ●す 
1 禁断~封印されしX~
伝説の禁断 ドキンダムX
(殿)

99
鼓動
禁断ク
【確定】フィニッシャー。最近負け筋が多い気がする。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 勝利のリュウセイ・カイザー 6 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 マナタップイン。 
1 勝利のガイアール・カイザー 7 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 アンタップキラー。 
1 紅蓮の怒 鬼流院 刃 7 バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ 24 打点になり、サイキックの追加展開も狙える 
1 時空の指令 コンボイ・トレーラー 7 司令官の覚醒者 コンボイ 14 火のコマンド、ハンター、ブロッカー。 
1 レッド・ABYTHEN・カイザー 7 シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン 39 実質アンタッチャブル 
1 激沸騰!オンセン・ガロウズ 7 絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン 30 cip2回使う 
1 激天下!シャチホコ・カイザー 7 絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン 30 単騎釣って自分はバスターにチェンジ 
1 ブーストグレンオー 5 激竜王ガイアール・オウドラゴン 24  

解説

【前書き(18/07/03)】
5cバスターというデッキは十人十色のレシピになると思います。あくまでも参考として捉えてください。逆に意見も出し合い話し合いたいので気軽にコメントドウゾー。

【実際に組んで使ってみた感想(17/10/30)】
こんなクッソ楽しいデッキ誇らしくないの?改造の幅も広過ぎてイキソ、イクッ!

【デッキ概要・動き方等(18/10/08)】
①デッキ概要
5cならではの自由度・対応力の高さを活かしたドギラゴン剣デッキ。環境に応じてカードを変えることで幅広いデッキタイプと戦うことが出来るゾ!

チェンジバスター→リンネ武装の流れで一気にジャスキルまで持っていく中盤以降の攻撃力の高さが魅力。単騎やラフルルを立てればより安定して攻撃を仕掛けることが可能。

殿堂に次ぐ殿堂によって苦しい立ち位置なのが現状。

②動き方
高速にはトリガーからのカウンター、中速低速には《音精 ラフルル》や《単騎連射 マグナム》等を立ててロック・ビートダウンをすることをプランにして戦っていくゾ。

序盤は軽量除去やマナブーストを行います。
中盤以降は《アクアン・メルカトール》によって潤沢な手札を作っていき、《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》を匂わせるプレイで相手の攻めを鈍くしていきます。準備が出来次第、「革命チェンジ」「ファイナル革命」でビート・制圧を仕掛けていきます。

③シャッフの使い心地
正直呪文止めるのも強いが、ブロッカーケアが本当に強い。安定してキル打点を差し込める。
だけどやっぱりラフルルの方が強いよね

④闇枚数について
闇マナは基本的に1~2枚置ければいい。
ただし《ダーク・ライフ》をいれるなら13~14は投入したい。
構築が難しくなるので要検討。

⑤《光牙忍 ハヤブサマル》について
『ジョーカーズ』をはじめとした各種ビートダウン相手には強いが、『ロージアダンテ』や『轟轟轟ブランド』等、ある程度のロックを仕掛けてくるデッキや超速攻に対して割と簡単に封じられてしまう。
要検討の1枚となっている。

⑥《無双龍聖 イージス・ブースト》について
デッドブラッキオよりも状況を選ばないのが優秀。1体止めるという仕事もブロッカーによってこなす(破壊されたらカウンターは出来ないが)
多色6コスである為、ドギラゴン剣から引っ張れる。また、ドギラゴン剣にもプチョにもなれる。
ただし『ミラダンテ』対面には無力なのが大きな欠点。それが多い環境にいるならばデッドブラッキオの方が有効そうである。

⑦《オリオティス・ジャッジ》について
正直強いと思ったことがほとんどない。
捲れても満身創痍とか、捌ききれない場面が多すぎる。手打ちしても同じことが言える。
《アルカディア・スパーク》《龍幻のトラップ・スパーク》の方が受け・カウンター手段としてはよっぽど強いと思う。

⑧初動カードについて
2017年から踏み倒しメタが沢山刷られ、また厄介なシスクリも多いので除去札にもなる《オブラディ・ホーネット/Let it Bee!》を採用。呪文側はクソ雑魚ナメクジ。

変更履歴

2019/01/27 更新
2019/01/04 更新 ちょいっと瞑想(迷走)してきます。
2018/06/25 更新 新殿堂に応じて構築を調整
2018/01/28 更新 次回殿堂対応
2018/01/15 更新 1から構築見直します
2017/11/29 更新 いろいろ簡略化+小改造
2017/10/28 更新 リアル所持開始
2017/10/22 更新
2017/10/22 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 139

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク