スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

フェルスラー研究所

《魔光帝 フェルナンドVII世》+《Dの悪意 ワルスラー研究所》

  • ■ デッキ作者:ふぃーかす さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターンVAN
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:ed430ecb67979925b2f5e06e1b35cd17)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
1 スパイラル・ゲート(殿) 2 呪文 最軽量除去 
4 エマージェンシー・タイフーン 2 呪文 もはや水の《フェアリー・ライフ》 
4 ゴースト・タッチ 2 呪文 軽量ハンデス 
3 魔弾ソウル・キャッチャー 2 呪文 《フェルナンド》や《ワルスラー研究所》で踏み倒す用のクリーチャー回収 
3 魔光ドラム・トレボール 2 クリ 軽量ナイト。対象は少ないが。 
3 コアクアンのおつかい 3 呪文 ドロソ。呪文が落ちる分は問題なく、クリーチャーは《ソウル・キャッチャー》で回収できる。 
3 暗黒鎧 ヘルミッション 3 クリ 防御札。ついでにナイト。 
2 怨念集結 4 呪文 呪文が落ちやすい《フェルナンド》デッキの相棒。 
2 魔弾バレット・バイス 4 呪文 ナイト呪文。《ドラム・トレボール》から繋がれば最高。 
3 魔弾オープン・ブレイン 5 呪文 ナイト御用達のスーパードロソ。 
3 Dの悪意 ワルスラー研究所 5 D2 核。《フェルナンド》が出ている時にデンジャラスイッチ。 
2 完全不明 11 クリ フィニッシャー。《ワルスラー研究所》の踏み倒し対象。相手の行動を大幅に制限する。 
1 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン 11 クリ ゼロ フィニッシャー。《ワルスラー研究所》の踏み倒し対象。オールバウンスこそ使えないが、コマンド環境ではぶっささる。 
2 偽りの王 モーツァルト 11 クリ 闇/火/自然 フィニッシャー。《ワルスラー研究所》の踏み倒し対象。打ち漏らしたドラゴンは《フェルナンド》で消せば無駄がない。 
4 魔光帝フェルナンドVII世 11 クリ 核。呪文連打でコストを下げよう。 

解説

【デッキ開発談】
バトルゾーンにある同コストのクリーチャーを踏み倒せる《Dの悪意 ワルスラー研究所》。
もちろん置きドロソと言うだけでも優秀だが、引いたカードをDスイッチにより踏み倒すことで大量展開ができるというのが一番の売り。
通常はクリーチャーを展開しながら手札を補充し、ある程度バトルゾーンにクリーチャーがそろったところでDスイッチによりさらに展開する、という使い方が一般的だろうが、Dスイッチはバトルゾーンに高コストのクリーチャーがあると強力なクリーチャーを増殖することができて便利。
この時、名目上のコストが高く、出しやすいクリーチャーを準備すれば、より強力なクリーチャーを複数体一気に展開できる。

今回は墓地の呪文の数だけコストが下がる《魔光帝 フェルナンドVII世》を採用。
もともと《フェルナンド》デッキ自体が相手を妨害するデッキのため、《ワルスラー研究所》を立てるまでの時間稼ぎをしやすい。加えて手札を枯らすことで《ワルスラー研究所》《フェルナンド》をバトルゾーンにとどまらせ、かつドローソースでDスイッチの踏み倒し先を引っ張って来れるので相性は抜群。
フィニッシャーとしてはリセット能力を持ち《コアクアンのおつかい》で持ってこれる《偽りの王 モーツァルト》と、強力なロック能力を持つ《完全不明》を採用した。

【コンセプト】
軽量呪文を連打しながら、《魔光帝 フェルナンドVII世》を展開し、相手の手札が枯れたところで《Dの悪意 ワルスラー研究所》を立てる。手札にフィニッシャーが来たタイミングでDスイッチを起動させ、盤面を整理したりロックに持ち込んだりしてフィニッシュ。打ち漏らしたクリーチャーは《フェルナンド》のアタックトリガーで処理していく。

【デッキの回し方】
序盤:《ゴースト・タッチ》や《エマージェンシー・タイフーン》でハンデスしたり、手札整理しつつ墓地を肥やす。
中盤:《魔弾 バレット・バイス》でさらに手札を枯らしたり、《コアクアンのおつかい》《魔弾 オープン・ブレイン》で手札補充。墓地に呪文が十分あれば《魔光帝 フェルナンドVII世》を展開。
終盤:場に《フェルナンド》が数体と《Dの悪意 ワルスラー研究所》が、手札にフィニッシャーがいればターンの初めにDスイッチ起動、そのままフィニッシュ。

まだまだ粗削りなので、もっと相性がいいカードがあるかもしれない。

他にも、《龍素記号 Mj リンシャンカイホ》や《暴走龍 5000GT》でコスト12を(《超絶奇跡 鬼羅丸》でSA狙い、《「破滅」の頂 ユートピア・エヴァー》でアンタッチャブルのフィニッシャー準備、《GF隊総大将 無敵ング》でシールド焼却狙いなど)、《オニウッカリ 爆マル》などのマナのクリーチャー分コストが減るサイクルコスト8を(主に《永遠のリュウセイ・カイザー》と《不敗のダイハード・リュウセイ》が狙いか)踏み倒す、などができる。

変更履歴

2016/05/27 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 6

みた人からのコメント

Sublimity 2016-05-27 09:48:21 [1]
どもsublimityと申します。
踏み倒し対象としてモーツァルトは自信のフェルナンドまで焼いてしまうので、盤面制圧はフェルナンドにまかせてワルドブラッキオが良いと思います。
相手がクリーチャーを出した際も能力が使えなければそいつをフェルナンドで焼き払えば良いだけですし。
次にワルスラーや踏み倒し対象をピンポイントで持ってこれるクリスタルメモリーも良いと思いました。ドロソが多すぎる気がするので完全不明あたりが落ちるおつかいをライトにするなどの調整を加えれば良いと思います。
返しは下さるならケミプロor奇々怪々orガーディアンのどれかが有り難いです。
ふぃーかす 2016-05-27 15:29:12 [2]
>Sublimityさん

診断ありがとうございます。

>《ワルド・ブラッキオ》
フィニッシャーの一つとして考えてはいましたが、不採用理由として1.除去耐性を持たないため、何も仕事をせずに退場する可能性がある2.《コアクアンのおつかい》で引けない、ということが挙げられます。
ただ、1枚で反撃を許さないフィニッシャーになるため、盤面を整理しきれるようであれば採用を考えたいと思います。

>《クリスタル・メモリー》
今のところ質より量が重要だと考えていますが、あまりにフィニッシャーを引けないと思ったら採用を考えたいと思います。ナイトが少ないため、《魔弾 オープン・ブレイン》辺りと差し替えてみます。

>《エナジー・ライト》
解説にもある通り、クリーチャーが落ちても《魔弾 ソウル・キャッチャー》があるため、安定性より墓地肥しと大量ドローが両立できる《コアクアンのおつかい》を採用しています。

返しですが、あまりコントロール系統を組んでいないので、参考にならないかもしれません。
それでも良ければ返しをさせていただきます。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク