スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

ミスキュー連JoJo

ミスキューでデッキとマナを回転させて連鎖類のドラゴンを駆使して盤面を作り殴り倒す(殴らない)。

  • ■ デッキ作者:sippppppn さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターンチェインレックス
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:996eb650884724dea6e45bfd17d794fe)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 霞み妖精ジャスミン 2 クリ 自然 マナ加速 
4 爆砕面 ジョニーウォーカー 2 クリ 火/自然 マナ加速。各《一撃奪取》焼きの仕事も 
1 光牙忍ハヤブサマル(殿) 3 クリ シノビブロッカー。ないとつらいが《ミスキュー》でめくれると少し切ない 
2 霊騎ラグマール 4 クリ 自然 連鎖範囲内の除去 
1 掘師の銀 4 クリ 自然 《ラグマール》互換。墳墓避け 
2 成長目 ギョウ 4 クリ 自然 盾にパーツが埋まっている可能性を考慮して。自爆する自然生物という点も優秀 
1 侵革目 パラスラプト(殿) 5 クリ 自然 序盤の《ジャスミン》と《爆砕面》を呼び戻す。マナ召喚要員 
1 鳴動するギガ・ホーン 5 クリ 自然 山札確認要員。奇数マナコスト(ミスキュー事故ケア)>シノビ>《パラスキング》の優先度でサーチ 
4 幻影 ミスキュー 6 クリ 自然 コンセプトカード 
4 龍覇 サソリス 6 クリ 自然 5枚の《ミスキュー》を引けなかったときの保険。 
1 斬隠オロチ(殿) 6 クリ 相手ターン中のお願いループ用。NS7は少々遠い 
4 剛撃古龍 テラネスク 6 クリ 自然 希望のホープ 
1 恵みの大地ババン・バン・バン 8 クリ 自然 《ミスキュー》からめくれる最速がとにかく強い。自前マナ召喚も偉い 
2 瞬撃の大地 ザンヴァッカ 8 クリ 自然 防御札。ウィニー系に対して有効 
2 龍覇 ザ=デッドマン 8 クリ 自然 《侵攻する神秘》を出して大型踏み倒しルート 
1 無敵剣 カツキングMAX 8 Exクリ 火/自然 制限無しのマナ召喚が可能。登場時火力も優秀 
1 裂竜の鉄槌 ヨルムンガルド 8 クリ 自然 2倍《ラグマール》。継続用 
3 連鎖類超連鎖目 チェインレックス 10 クリ 自然 連鎖することしか考えてない連鎖類の鏡 
1 ジョリー・ザ・ジョニー Joe 10 クリ お手軽デックWin 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
4 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ 3 遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ 6 優先してばらまきたいが暇がない。コスト軽減偉い 
1 始原塊 ジュダイナ 4 古代王 ザウルピオ 7 ここぞのワンポイントでマナ召喚権を得られる優秀なウェポン 
1 邪帝斧 ボアロアックス(殿) 4 邪帝遺跡 ボアロパゴス(殿) 7 我臥牙 ヴェロキボアロス(殿) 10 (殿) 展開の補助。龍解まで行けば一気に展開力アップ 
1 侵攻する神秘 ニガ=アブシューム 5 五邪王 ニガ=ヴェルムート 11 マナ染色。龍解はちょっと難しいけど時間稼ぎは可能 
1 恐龍界樹 ジュダイオウ 5 恐・古代王 サウザールピオ 8 横に並べられたときの対応 

解説

/*--- 基本的な動き方 ---*/
2→4→6の流れで展開して《ミスキュー》で坊主めくりか《サソリス》で《神秘の集う遺跡》配置し8コスに繋ぐ
《ミスキュー》の6マナが目標で、《連鎖類超連鎖目》到達がゴール。
それまでは《ジャスミン》《ラグマール》のような場に残らずマナの変動が+1になる生物か《サソリス》+《邪帝斧》を上手く回してマナを維持or加速したり、《神秘の集う遺跡》でコストを軽減して展開のサポートをしたいところ。
偶数による連鎖を前提にしているので奇数のマナコストを持つカードの採用は控えめ。1度使えたらお役御免だったり、詰めでほしいもののみを採用。

/*--- 8~10マナまでの凌ぎ方 ---*/
《剛擊古龍テラネスク》がとにかく強く、6→8ムーブなら手札の損失無しで次のターンの動きを調整でき、さらには6→10ムーブを可能にしている辺りが凄まじい。《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》に足がはえている
《ミスキュー》はランダム性が強く、半分くらいの確立でハズレを引く。ハズレを引いた場合は大体マナ加速に繋がるため次のターンにはコスト8にアクセスできる。
マナ加速を兼ねながらシールドの身代りになれる《成長目》は打点の低い相手と闘うときには有効な妨害札。盾に埋まったコンボパーツを回収してくれるのも好印象
後出しにはなるが、ビートダウン系のデッキに対しては《侵革目》が有効。《ラグマール》の再利用権は大きい
序盤のマナ加速や連鎖によって墓地に置かれた《ジャスミン》《爆砕面》を再度マナに置けるのは有能

/*--- 連鎖優先度 ---*/
《連鎖類超連鎖目》から呼び出せるコスト8には選択肢が多く、役割が分担されているため特に盤面の影響を受けやすいので選択が難しいが基本は以下の優先度
1.《恵みの大地》(大量マナ加速。デッキアウトやその後の連鎖の兼ね合いもあるので誘発するかは手札と盤面で決める)
2.《デッドマン》(妨害とコンボ)
3.《無敵剣》(除去と展開)
4.《裂竜の鉄槌》(マナ加速&除去)
その他.《瞬撃の大地》(防御札)

マナを2桁まで延ばしておきたいこと、デッキのカードがマナに落ちても一切問題のないことから無作為大量マナブーストができる《恵みの大地》は最優先で呼び出したい。タップインしたカードもその後の連鎖で呼び出しながらマナ送りを繰りかえすことで実質回復できるので気にしない。
次に《デッドマン》。相手が少なめの生物を立てているならば《ラグマール》、キーカードを引き込むための《ギガ・ホーン》を呼び出せる《邪帝斧》とコンボ用の《侵攻する神秘》を選択できる幅広さは有能。
《無敵剣》はどの状態でも仕事をこなす万能タイプのカードなので、選択に困ったらチョイスしても十分な仕事をこなしてくれる。ただし、単品ではただの除去カードなのでしっかりマナ召喚出来る状態を見極めてから呼び出すのがベスト。
《裂竜の鉄槌》は相手の展開力が高い場合に重宝。自らマナゾーンに戻ってくれる+出たときの能力を持つ生物を再度マナゾーンに配置してくれるため、弾丸補填のループ要素にもなる。ここから《サソリス》+《邪帝斧》、《ラグマール》と繋げるだけでも4体の除去が可能になるため、盤面の制圧を優先したいときはこいつ。
《瞬擊の大地》は他の選択肢があるなら選びたくない選択肢だが、連鎖のためなら仕方が無いくらいの気持ちで。

コスト6は
1.《テラネスク》(マナ加速と手札補充)
2.《ミスキュー》(踏み倒し)
3.《サソリス》(踏み倒しorマナ召喚orコスト軽減)

カードのほとんどが揃っていない状態で出せるのであれば《テラネスク》《ミスキュー》はほとんど同じくらいの優先度。生き残れそうな時、選択肢の広さから《テラネスク》を選ぶことの方が多いかも。
ほぼ必要な札が見えているときは微調整に《サソリス》を呼ぶと回しやすくなる。同じく選択肢を広げるカードだけれど役割はループ継続に近いので出す盤面はしっかり選ぶ。
順位付けしているけれど、重要度はどれも同じくらいなので今必要なことをしっかり把握してれば均等に強いコスト帯

コスト4は
1.《成長目》
2.《ラグマール》
2.《掘師の銀》
盾にパーツが埋まっている可能性があるため、それらを回収出来る《成長目》は優先して回したい。
《ラグマール》《掘師の銀》はマナ回復要員のようにも使えるため盾回収する必要が無いのであればこちらを優先

コスト2は
1.《霞み妖精》
2.《爆砕面》
どちらもどっこいな優先度だが、《革侵目》の墓地回収を活かすためにも単色の《霞み妖精》を優先して墓地に落としておきたい
《爆砕面》は相手の初動を潰せる可能性もあるので優先度が低いわけではない

/*--- マナからの召喚 ---*/
《侵革目》《恵みの大地》《無敵剣》《始原塊》によるマナリソースを直接手札のように扱うカードの扱いも重要。《恵みの大地》以外はそれぞれターンに1度ずつしか使えないので、つかいどころは慎重に選びたい。
《恵みの大地》はマナ爆誕によって自身を呼び出せるため極めて重要。マナのカードが減りやすい点も自身の能力でカバーできる(ただしマナはタップインするため連鎖で《ミスキュー》→《ラグマール》《ジャスミン》のような回復ムーブが出来ないと少々つらい)。コストも8と大きく、《連鎖類超連鎖目》配置下で任意タイミングの召喚ができるのは大きい(この場合は上記の強く使える条件を満たしやすい)。
《ミスキュー》引っ張り出してマナに他の《ミスキュー》《サソリス》があるのであれば《恵みの大地》引っ込めて回してまたマナ爆誕して・・・みたいななんちゃってループもできる。途中で《裂竜の鉄槌》をめくれれば場に残った場に残らない生物の回収も可能。
《始原塊》はドラゴン限定なので《連鎖類超連鎖目》配置下で《デッドマン》を呼び出したいところ。龍解すると強力な防御性能を発揮するためドラゴンを3体場に出せるようにしておくといいかも。

/*--- コンボ ---*/
比較的大型が多く、マナを大量に維持しやすいため《デッドマン》《侵攻する神秘》のコンボが決まりやすく使いやすい。
上記マナ召喚と組み合わせて《連鎖類超連鎖目》を呼び出したり、直接《ミスキュー》を呼び出すムーブも強力。

/*--- 勝ち筋 ---*/
マナ加速から《ジョリー・ザ・ジョニーjoe》を呼び出すビッグマナ・エクストラ・ウィン。
《ラグマール》による選ばない盤面掃除やマナ召喚もお手軽なので比較的決まりやすい。
また《サイバー・J・イレブン》と違い自身がフィニッシャーになり得るスペックなので最悪殴りに行くのも大切な判断。
・《ギガ・ホーン》による山札の確認
・盾にキーカードが埋まっている場合は《革命目》で盾を回収。
・マナか手札に《joe》を配置
上記はとても重要。コンボデッキのおきまりだけどね。
《joe》が墓地に行くと回収手段がないため現状積み。おとなしく殴るしかないので要調整。

/*--- 注意 ---*/
回す際の注意点はマナを支払う際に寝かせるカード
呼び出す生物から《連鎖類超連鎖目》で連鎖できるカードを意識してタップしないとロスが発生し、痛い目に合うことも結構多い。特に連鎖に繋がりやすい《ジャスミン》《爆砕面》《ラグマール》《掘師の銀》は優先して寝かせたい
連鎖の圏外になりやすいシノビや盤面の頭数の増えない《革命類侵略目》はデッキの中身を確認しがてら《ギガ・ホーン》で手札に持ってきたいところ。マナに落ちてる場合は寝かせる必要すらほとんどない
また《オロチ》は自分に打つのも重要。ワンチャンとはいえ相手ターンの連鎖に期待が持てるため、《モルトNEXT》などの奇襲性と攻撃力が高い相手ならば自分に撃つ方が強い

変更履歴

2018/01/05 更新
2016/12/19 更新
Jイレブンをはずしてテラネスクとjoeを採用
2016/10/19 更新
解説文を修正追記
2016/07/14 更新
ミンメイ採用
2016/07/13 更新
デッキ名変更
2016/07/07 更新
枚数微調整。ザンヴァッカとカツキングMAXを削ってサソリスを4に
2016/07/06 更新
ディメンジョンゲートをギガホーンとヨルムンガルドに
2016/07/05 更新
防御をほぼ捨ててイレブンを採用
2016/03/23 更新
デッドマン再採用
2016/03/22 更新
パラスキング、パラスラプト、ジョニー、ギュウジン丸追加。ラプトが連鎖しにくいのがネック
2016/02/15 更新
シャッフ追加。サソリスレイジをデッドマンに。
2016/02/08 更新
革命目ギョギョウを追加。防御力が極まって高い
2016/02/02 更新
ティラノヴェノム君が定年退職。お世話になりました
2016/02/01 更新
ザンヴァッカ投入。フロッグをジョニーに交換してラグマールをスコップに分割
2016/01/13 更新
枚数調整。シノビ追加してみた型
2016/01/08 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 1

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク