スポンサードリンク

デュエルマスターズ カードFAQ集

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問ターンプレイヤーが相手の最後のシールドを《エンターティナー》でブレイクしたときに、

相手は最後のシールドから《ギリガザミ》をS・トリガーで召喚しました。

ターンプレイヤーは《エンターテイナー》の効果で《ギリガザミ》を破壊しました。

相手プレイヤーは《ギリガザミ》のスーパー・S・トリガーを使えますか?
回答1
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2018/04/05
  • ■事務局確認日:2018/04/04
使えます。

マーシャル・タッチのようなマーク能力を持ったクリーチャーは
マーク能力を解決する時にマーク能力を持ったクリーチャーが
バトルゾーンにないと参照できず解決できませんが、

スーパー・S・トリガー能力はマーク能力ではなく、
ブレイクされたときにシールドが0の場合に場に出たときに誘発しているので、
《ギリガザミ》がバトルゾーンになくても解決できます。

回答者6
操作
関連
質問《ガロウズ・セブ・カイザー》の能力でカードを引いた時、
その引いたカードがニンジャ・ストライクを持つカードならば、
そのニンジャ・ストライクを使用することができますか?
回答3
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2018/04/05
  • ■事務局確認日:2018/04/04
使用できません。

裁定変更されています。

ターンプレイヤーが攻撃する時、
ターンプレイヤーの誘発する効果をすべて解決後に、
非ターンプレイヤーに解決権がわたって、
非ターンプレイヤーの誘発する他の効果を解決する前に、
ニンジャ・ストライクの使用宣言が必要になります。
使用宣言時に必要なマナを満たしている必要があります。


攻撃クリーチャーが場を離れている場合は
使用宣言が出来ません。

使用宣言を故意ではなく忘れた場合、
非公開領域に触れていないときは、
基本的に順序違いの行動として巻き戻して宣言できます。
(最終はジャッジ判断)

非ターンプレイヤーの《ガロウズ・セブ・カイザー》の効果で引いた
ニンジャ・ストライクを持つカードは、
使用宣言のタイミングを過ぎてから手札に入っていますので使用できません。

回答者 6 7
操作
関連
質問自分のターン。
《あたりポンの助》によって《異端流しオニカマス》を指定しました。
相手は《異端流しオニカマス》を《プラチナ・ワルスラS》に進化させました。
これも無視されていますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2018/03/30
  • ■事務局確認日:2018/03/28
確認中ですが、暫定回答としてはゴッドリンクの場合と異なり、名前を共有していた状態から名前を失っているわけではありませんので、無視されていません。

暫定回答
操作
関連
質問自分のターン。
《あたりポンの助》によって《死神術士デスマーチ》を指定しました。
相手は《死神術士デスマーチ》に《龍脈術落城の計》を使用し、進化元の《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》が場に残る形となりました。
これも無視されていますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2018/03/30
  • ■事務局確認日:2018/03/28
確認中ですが、暫定回答としてはゴッドリンクの場合と異なり、名前を共有していた状態から名前を失っているわけではありませんので、無視されていません。

暫定回答
操作
関連
質問自分のターン。
《あたりポンの助》によって《究極神アク》を指定しました。
相手の場にある《究極神アク×超絶神ゼン》のリンクは解除されますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2018/03/30
  • ■事務局確認日:2018/03/28
ゴッドリンクが解除されます。
また、リンク中は《究極神アク》《超絶神ゼン》の両方がそれぞれの名前を共有していたため、リンクが解除されて名前を失った後も両方の能力が無視されます。
《あたりポンの助》が場を離れた時、両方の能力が無視されなくなります。
操作
関連
質問自分のターン。
《あたりポンの助》によって《ボルシャック・ドギラゴン》を指定していて、攻撃をしかけました。

1.相手は革命0トリガーで《ボルシャック・ドギラゴン》と《革命の鉄拳》を使用宣言し、先に《ボルシャック・ドギラゴン》を使用しました。その後、《革命の鉄拳》によって《あたりポンの助》を破壊した上で、待機していると思われる《ボルシャック・ドギラゴン》の場に出た時の効果は発動できますか?
2.相手は革命0トリガーで《ボルシャック・ドギラゴン》を使用宣言し、《偽りの王ヴィルヘルム》をバトルゾーンに出しつつその上に重ねました。この場合、《偽りの王ヴィルヘルム》の効果も無視されるのですか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2018/03/30
  • ■事務局確認日:2018/03/28
1.いいえ、できません。効果が無視されているため、トリガー自体していません。
2.いいえ、無視されません。《ボルシャック・ドギラゴン》として《偽りの王ヴィルヘルム》の効果を処理しますが、一旦トリガーした効果まで無効になるという事ではありません。
操作
関連
質問自分の場に《真・天命王 ネバーエンド》と《次元龍覇 グレンモルト「覇」》がいて、シールドが二枚以上あります。
このとき相手が《断罪スル雷面ノ裁キ》を発動し、《ネバーエンド》と《グレンモルト「覇」》を選び、シールド二枚を選びました。
このとき、《ネバーエンド》の真・エスケープで相手が選んだしたシールド二枚を手札に戻した時どのような処理になりますか?
回答1
  • ■投稿者:FUNC0219
  • ■投稿日:2018/03/17
  • ■事務局確認日:2018/03/17
《ネバーエンド》は真・エスケープの効果で留まり、移動する対象がなくなった《グレンモルト「覇」》は元の場所に戻るため、場に留まります。
操作
関連
質問「あたりポンの助」で「卍デ・スザーク卍」を指名しました。
この時、”卍”にはルビがありませんので、口頭で読み上げる際は「デ・スザーク」と呼ぶ事になりそうですが、その場合「魔鳳デ・スザーク」も「あたりポンの助」の効果対象になりますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2018/03/14
  • ■事務局確認日:2018/02/02
いいえ。
”卍”は口頭で読み上げる事はありませんが、名前はフルネームで指定する必要があるので、相手に”卍”のついている「卍デ・スザーク卍」を選んだ事を伝えて下さい。
操作
関連
質問相手の場に《ウソと盗みのエンターテイナー》があり、シールドをブレイクされました。

S・トリガーで《撃髄医 スパイナー》を出しましたが、その能力を使う前にアクティブプレイヤーのクリーチャーである《ウソと盗みのエンターテイナー》の能力が先に処理され、《撃髄医 スパイナー》が破壊されました。

この場合、『次の能力を3回使う』から参照される効果である『相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)』を参照できますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2018/03/12
  • ■事務局確認日:2018/03/02
発動できます。

通常のマーク能力と異なり、《撃髄医スパイナー》の能力はトリガーした時点で次の能力であるマイナス3000する能力まで含んでトリガーしているため、能力を実際に使う前に破壊されるなどで場を離れても、マイナス3000を3回行う能力は既にトリガーしてるため、使う事ができます。
操作
関連
質問ジョリー・ザ・ジョニーで相手のシールドをマスター・W・ブレイクしようとしていて、相手のシールドが2枚、クリーチャーが1体居ます。
そのクリーチャーはエスケープを持っていますが、何回破壊されますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2018/03/12
  • ■事務局確認日:2018/03/09
1回です。

正式回答
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。
スポンサードリンク