スポンサードリンク

デュエルマスターズ カードFAQ集

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問Q.《調和と繁栄の罠》で「火文明」を選択しました。
次の相手のターンに
①召喚した《轟速ザ・レッド》
②龍解した《熱血星龍ガイギンガ》、《超戦覇龍ガイNEXT》
③禁断開放した《封印されしドキンダムX》は攻撃できますか?
回答1
  • ■投稿者:鐘子
  • ■投稿日:2016/08/31
  • ■事務局確認日:2016/08/31
A.①~③全てのクリーチャーは攻撃できません。
《調和と繁栄の罠》は相手プレイヤー自身にかかる効果であり、唱えた時点でバトルゾーンにいたクリーチャーにかかってるわけではありません。
ただし、指定された文明のクリーチャーが他文明に進化した場合なら攻撃は可能です。
また、テキストにあるように指定された文明のクリーチャーは相手のクリーチャーのみが対象であり、それらの相手クリーチャーも自分の「クリーチャー」を攻撃することは可能です。

回答者1
回答2
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2016/11/06
  • ■事務局確認日:2016/10/30
A.

1:攻撃できません。
2:攻撃できます。
3:攻撃できます。

「調和と繁栄の罠」はプレイヤーを対象とした効果ではありません。
「調和と繁栄の罠」は唱えた時に場にいるクリーチャーと、その後に場に出たクリーチャーに対して効果が付与されます。
(※注釈によりその後場に出たクリーチャーに効果が付与されます。)

唱えた段階ではクリーチャー面ではないカードは「調和と繁栄の罠」の影響を受けていません。
また、その後に裏返してクリーチャーになった場合は場に出たクリーチャーではないので、これらは「調和と繁栄の罠」の効果対象外です。

正式回答・変更の可能性有
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。
スポンサードリンク