スポンサードリンク

デュエルマスターズ カードFAQ集

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問V覚醒リンクについて

3体そろったときにトリガーするトリガー能力とのことですが
同時にトリガーするものとして《超時空ストームG・XX》の踏み倒しが考えられます。

このとき、進化元にV覚醒リンクの構成パーツのうちの1枚を含める形で《超時空ストームG・XX》を出しました。

V覚醒リンクは強制なので、この後のタイミングで解決することになると思いますが
この場合残りの2体をどう処理すればいいですか。
回答1
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2015/01/16
  • ■事務局確認日:2015/01/16
※ 前例のない質問のため、暫定回答

裏返さず、そのままバトルゾーンに残してください。

このようなケースの場合、二通りの考え方ができます。


できる限りの効果をすべて処理しなければならないのがデュエル・マスターズのルールの大原則であるため
発生した強制効果をできる限り処理し、リンクはできずとも裏返す処理までは行う。

結果残りの2体はセルの状態になり、場に維持できなくなる。


「そのクリーチャーとこのクリーチャーを裏返しリンクさせる。」を一つの処理と見なして
「そのクリーチャー」が能力解決時に欠けるのであれば、リンク対象が不在ということになり

「可能な限り行わなければならない処理ではない」ため、V覚醒リンクそのものが不発に終わる。

実際のゲームでは②が実情に沿う運用だと考えられるので、暫定回答としては後者を採用します。

回答者5
回答2
  • ■投稿者:N・HERO
  • ■投稿日:2017/06/28
  • ■事務局確認日:2017/06/28
裏返さず、そのままバトルゾーンに残してください。

正式回答
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。
スポンサードリンク