スポンサードリンク

デュエルマスターズ カードFAQ集

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問1.
《トンギヌスの槍》や《ロイヤル・ドリアン》などで進化元1体以上(正当な種とする)で構成された《「無情」の極 シャングリラ》の一番上を別のゾーンに送った場合
一番上の《「無情」の極 シャングリラ》および進化元はどうなりますか。

2.
同様の条件で進化元が1体もない場合はどうなりますか。

3.
1.のような回答ですと「進化クリーチャーは束になってまとめて移動しないとクリーチャーそのものが離れたとして扱わない」という今年1月の裁定と矛盾が発生すると考えられますが、どう解釈すればよいですか。
回答1
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2014/04/14
  • ■事務局確認日:2014/04/14
1.
この場合、《「無情」の極 シャングリラ》というオブジェクトがバトルゾーンを離れたわけではないので
《「無情」の極 シャングリラ》がバトルゾーンを離れたとはみなされません。

従って、エターナル・Ωも不発となり、《トンギヌスの槍》の場合はデッキボトムへ、《ロイヤル・ドリアン》の場合はマナゾーンに《「無情」の極 シャングリラ》が置かれ
進化元は正当なものに限りすべてバトルゾーンに残ります。(正当でないものは墓地)

2.
「前例のない質問ですので回答保留とさせていただきます」とのことです。

3.
今年の1月に入り、進化獣はまとめて束になって場を離れないとバトルゾーンを離れたという扱いにならないという通達を受けたそうです。(例の裁定変更に伴い)
しかし、公式ページの記述がある以上はそちらが優先されてしまうため、その辺を社内で調節する必要がありますね

といった趣旨の回答でした。

回答者1
回答2
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2014/04/16
  • ■事務局確認日:2014/04/16
すべて暫定回答とします。

1.
エターナル・Ωによって、《「無情」の極 シャングリラ》のみが手札に戻り、進化元は場に残ります。

エターナル・Ωの裁定については「進化クリーチャーの一番上だけが移動した場合」についても去年の段階でWoCに確認を取っていたらしく
その時の話では、《ロイヤル・ドリアン》の場合は《「無情」の極 シャングリラ》のみが手札に戻って
進化元は正当なものに限りすべてバトルゾーンに残る、というものだったとのことです。

従って、エターナル・Ωが進化クリーチャーの一番上に限り効力を発揮する形となります。

2.
《「無情」の極 シャングリラ》は手札に戻ります。
この場合もエターナル・Ωは有効です。

3.
とりあえず去年の裁定でしばらくの間はプレイして下さい。

確かに進化クリーチャーの構成単位の墓地送りに関する「破壊とみなすか否か」の裁定との整合性が取れていないのは事実です。
確認を取ったのも去年であるため、今年に入って変更になった可能性もあります。

しかし再度確認してみないことには”カードを○枚選ぶ効果”の裁定変更の影響を確かめることは現時点では不可能です。
また《創世神EVE》のQ&Aにも同様の記述が掲載されているため、しばらくは上記ルールで対戦して下さい。

*参考
http://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/dm34/0002.html

回答者6
回答3
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2014/12/07
  • ■事務局確認日:2014/12/07
1.
《ロイヤル・ドリアン》の場合

《「無情」の極 シャングリラ》の一番上のみがマナゾーンに移動しようとしますが
エターナル・Ωによって手札に戻ります。

進化元はバトルゾーンに残ったままです。

《トンギヌスの槍》の場合

《「無情」の極 シャングリラ》の一番上のみがデッキボトムに移動します。
エターナル・Ωは機能しません。

進化元はバトルゾーンに残ったままです。

2.
いずれも《「無情」の極 シャングリラ》は手札に戻ります。
エターナル・Ωは有効です。

3.
《ロイヤル・ドリアン》は《「無情」の極 シャングリラ》という1体の進化クリーチャーを対象にしていますが
《トンギヌスの槍》は《「無情」の極 シャングリラ》の構成要素の1枚のみを対象にしています。

よって、《ロイヤル・ドリアン》は進化元の有無にかかわらずエターナル・Ωが有効となり
《トンギヌスの槍》は《「無情」の極 シャングリラ》の進化元が1枚でもあるとエターナル・Ωが無効となります。

回答者1 正式回答
回答4
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2015/07/17
  • ■事務局確認日:2015/07/16
1.《ロイヤル・ドリアン》の場合でも《トンギヌスの槍》の場合でも、
いずれも《「無情」の極 シャングリラ》は、
エターナル・Ωによって手札に戻ります。

2.いずれも《「無情」の極 シャングリラ》は、
エターナル・Ωによって手札に戻ります。

3.総合ルール109.2bにより
進化クリーチャーの一番上のカードだけが離れた場合も
クリチャーとしてバトルゾーンを離れます。

回答者1
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。
スポンサードリンク