スポンサードリンク

インフェル星樹
(インフェルスタージュ)

表示順:
総合評価:
 クリーチャーでないカードを自他問わず2枚まで選びマナ送りにできる自由度の高い効果に、それを補助する条件付きドロー効果、さらにおまけでGSまでついて、メンデルスゾーンからきれいに繋がる5コストという、デッキは多少選ぶものの、文句なしに強いカードです。現在のアドバンス環境ではフィールドやタマシード、ドラグハートなどクリーチャーでないカードがかなり使われているため、妨害札としての刺さりはいいですし、禁断を入れることで確定で2ブースト2ドローすることができるため、そちらを主戦場として暴れています。5コストドラゴンなので剣やプチョの革命チェンジに対応しており、ボアロから出すこともできるため、4cドラグナーでは早くも必須カードと化しました。 (22/05/22)
 現時点では唯一の、緑単色ドラゴンでありつつGSという汎用的な受け性能を持つクリーチャー。これまではその辺りブルトラプスなりルガリゴゴなり、まともなクリーチャーが居なかった。  よって、これまでのプールではドラゴンデッキにおいて、序盤のブーストの安定感を支えるための緑の総数を確保しづらく、強引に緑を確保すれば受けに不安が残る傾向があったので、喉から手が出るほど欲しかったカード。  禁断と組み合わせなければスペックを引き出しきりづらい面は玉に瑕。 (22/05/18)
 アドバンス環境において大活躍を見せているクリーチャー。ドキンダムXを入れておけば、封印を外しつつ2ブースト2ドローというアドバンテージをたたき出します。GSも持っているので最低限の受けもでき、打点もしっかり2打点あるため、まさに走攻守そろった万能選手といえるでしょう。 (22/05/16)
 出た時に、非クリーチャーを2枚までマナ送りにする効果は、相手の除去の他、自分の非クリーチャーをマナ送りにする事でもう一つの能力でのドローにもつながり、優秀だと思います。Gストライクが付いているのも、強みだと思います。 (22/04/26)
 汎用性とサポートの厚さを考えたら最高の非クリーチャー除去だと思う。禁断と一緒に使えば5マナ自然単色にして2ブースト2ドローとトップロマネが真っ青のスペックになるし。 (22/04/24)
スポンサードリンク