スポンサードリンク

切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-
(キリフダジョー アンド ジョラゴン ジユウノモノガタリ)

表示順:
総合評価:
 SAでマナに4色以上揃っていれば5打点を決めに行くことができ、ATで2ドロー+コスト指定除去を飛ばせると聞くとなかなか悪くないように思えますが、自身が無色であること、コストが9と重いことなどが相まって想像以上に扱いにくいです。ジョーカーズでは、高コストのカードは使えませんし、もし使うとなっても自前で軽減効果を持っていて、ジョラゴンの弾になれるジョット・ガン・ジョラゴン Joeが優先されるでしょう。だからといって4c、5cに採用するスペックではないですし、いろいろと悲しいカードです。もし、今後ジョーカーズが4c、5c基盤で組まれるようになれば使われる可能性はあるかもしれませんが、現状まともに使えるのは火と自然くらいなのでなかなか難しいでしょう。 (21/10/18)
 勝太カツキングが高騰したせいで余計にヘイトを集めてる露骨なハズレカード。デザインはジョーのキャラクター性を反映していて面白いと思うけど、箱からこれ出てきたらまあ凹む。 (21/07/22)
 世紀末もだけど公式がSA+5枚ブレイクに対して慎重に調整しすぎてる節はある、龍終対応してたりで可能性は感じるけど4色要求だったり自身が重すぎたりで色々噛み合わないカード (21/07/04)
 ジョラゴンjoeにあった自己コスト軽減が無い時点で論外。 (21/07/04)
 ジョラゴンjoeのcip同等の除去しながら高打点で殴るという点はシンプルながら悪くないとは思う。しかし文明増やすほどゼロ文明という組み込みにくさとほかにフィニッシャーとして優先されるカードが出てくるという点が目立つ。joeのような自己軽減もなくジョラゴン達無色ジョーカーズとは致命的に噛み合わないのが残念なところ。ちょっとポジティブに考えるとカード除去なのでジョー星での弱体化は無視できるし透明妖精リリンで無色軽減しつつマナ染色してやるのは面白そう。 (21/07/04)
 cipでもアタックトリガーと同じ能力が使えたら少しは救われたんだろうなぁ。 (21/07/04)
 一番哀しい性能してる (21/07/04)
 コストが重すぎる上にcipではなく攻撃時なので扱いが難しいように感じます。 (21/05/17)
スポンサードリンク