スポンサードリンク

引き裂かれし永劫、エムラクール
(ヒキサカレシエイゴウ エムラクール)

表示順:
総合評価:
 普通に使うなら、10マナ前後のVAN大王ナインで十分勝ちに行けるのにわざわざ15マナ掛けてオーバーキルする必要はない。ただ早期に踏み倒しで出すとそれだけで「返しのターンで除去しないと負ける」という状況を作れるのは強い。 ゲイルナハトでは「4枚揃わなくても勝利に直結するデシブコ」として使えるのもありがたい。 (20/01/23)
 本家に比べて耐性が落ちた代わりに蘇生で出す事も可能になった。ゼニス内でもコストは高めだが、叩き付ければ挽回困難なアド差をねじ込める一枚。繰り返しになるが、MtG兼業の方は「DMでは蘇生可能」なのを見落とさないように気を付けよう。 (20/01/21)
 ゼニスクラッチが面白くなりそう、トリガーからだとウェディングほど守備に直結しないがターン+1は確定で仕留め損ねれば12枚以上ものカードを墓地に送られて死ぬ、なお鬼羅丸から捲れた場合でも墓地送り効果は使える模様……………これアレやと思う、なんかの処刑道具や (20/01/20)
 本家の耐性よりは落ちたものの早期に踏み倒しても凶悪で他のゼニスと違い、かなり攻撃的な性能と言える。また本家と違い複数体立てることができるのでエムラクールの群れが襲いかかってきたもこちらでは実現可能 (20/01/20)
 本家から消された能力は打ち消されない、プロテクション(有色の呪文)、墓地へ置かれた時デッキに戻る。  踏み倒した時の脅威は減ったものの召喚してやれば本家並みの活躍を見せるはず。 (20/01/20)
スポンサードリンク