スポンサードリンク

斬罪 シ蔑ザンド
(ザンシン シナイガザンド)

表示順:
総合評価:
 自壊GRを前提にすると途端にコスパが跳ね上がるやーつ。まあ、誰だって学校と比較するわな (20/09/24)
 ↓こいつは新カードがはじめからバグってたタイプなのでどちらかといえばグレイガじゃないですかね?ゴスペルはラストパトロールみたいなプレイヤー側が見つけてバグらせた挙動のほうが近そう。 本題 対象は相手が選ぶのがまだ有情…と言いたいところですが、これを使う=どれ選ばれても自分に得な状況なんですよね。ディオライオスの頃から言われてることですが、そこにおまけでGRの効果が何かしらつくとなればねえ… (20/09/02)
 GRシステム自体がバグなのに、加えて相手の盤面にまで干渉できるってなったらそれはもう何て呼べばいいの?ゴスペル? (20/09/02)
 単純にGRのcipやpigを使いつつ除去もできるのが強い  学校男と比較するのはなんか違う気がするなあ。  あちらはクリーチャーだから再利用が容易という利点があるので単純にこいつの下位互換とはならない (20/08/28)
 例えばサザンエー捲ったらエナライと学校男同時に使ったようなもんじゃん。2コスでそれはすごい。 (20/08/28)
 学校男とは雲泥の差。 そもそも自壊効果GRならコスト軽減のデメリットほぼ皆無であり、そのうえで3ドローやら、マナブースト兼回収やら、ピピハンやら・・・。 しかもこれらが2コス除去のついででできるという。  どう考えても2コスえやることではなく、マグナと一緒に殿堂したほうがいい (20/08/27)
 2コストでGRを行いつつ盤面優位をとれるのがスゴイ。  最強の学校男 (20/05/18)
 相手が選ぶものの、2コストでクリーチャーの除去が出来るのは、優秀だと思います。こちらのクリーチャーも巻き添えになりますが、場を離れた時の能力を持つGRクリーチャーと組ませると、効果的だと思います。 (19/11/16)
 学校男/ディオライオスのツインパクトみたいなもんってだけで強いのにGRの効果まで使える超天篇らしいインフレカード (19/11/14)
 カードタイプでドゥポイズらにやや劣りそうですが、それ以上に中盤以降における高いポテンシャルを持っていそうです。 (19/11/14)
 オーラ版ドゥポイズ。幽具ポイズ あれは違う。大罪で出すと時間差で2体破壊しないとダメだがそこまで気にならない。それよりもGRクリーチャーがめくれるってことが最強。だって3枚引けたりマナからクリーチャー出したり出来るんだから。 (19/11/14)
スポンサードリンク