スポンサードリンク

幻緑の双月/母なる星域
(ドリーミングムーンナイフ/ハハナルセイイキ)

表示順:
総合評価:
 序盤は初動に、終盤は踏み倒しにと腐りづらい。獅子王や裏切りなどの多色マナ武装なんかも狙いやすくなりました。 (19/02/03)
 「ビーストフォーク」の中では、クリーチャー面は2コストマナ加速の中では手札を消費する代わりにクリーチャーが残るのが、強みだと思います。呪文面は、マナが多ければ大型進化クリーチャーを踏み倒せるのが、優秀だと思います。 (19/01/22)
 ファンデッキを作る人間には神の様なカードですね。現状どんなデッキにも入るカードではありませんのでこの評価。 (19/01/14)
 終盤にフィニッシャーを呼び出せる双月・・・この組み合わせはちょっと予想できなかった。 (19/01/13)
 墳墓避けする意味もなくなったか (19/01/13)
 ラムダビートやらターボバロム等マジで優秀な強化。 (19/01/13)
 まさか母なる系がツインパクトになるとは。マナに引っ込める対象と星域を兼ねられるので嬉しいですね。 (19/01/13)
 星域が嵩張っても片方が種になるのは強いです。 (19/01/13)
 こんなん刷られたらターボバロム作るしかないやん!クエイクの進化元になるデーモンコマンドをマナに置いておけるのもなかなか (19/01/13)
 これは地味にうれしい 狙ったカードをマナに落とした上で星域として使えるというのは戦略としては大きいかも (19/01/13)
 序盤の加速と終盤の展開を兼ねる、腐る場面が少ない良カードになったと思う。迂闊にバウンスできないのも擬似的な耐性になっててポイント (19/01/13)
スポンサードリンク