スポンサードリンク

撃髄医 スパイナー
(ゲキズイイ スパイナー)

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問相手の場に《ウソと盗みのエンターテイナー》があり、シールドをブレイクされました。

S・トリガーで《撃髄医 スパイナー》を出しましたが、その能力を使う前にアクティブプレイヤーのクリーチャーである《ウソと盗みのエンターテイナー》の能力が先に処理され、《撃髄医 スパイナー》が破壊されました。

この場合、『次の能力を3回使う』から参照される効果である『相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)』を参照できますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2018/03/12
  • ■事務局確認日:2018/03/02
発動できます。

通常のマーク能力と異なり、《撃髄医スパイナー》の能力はトリガーした時点で次の能力であるマイナス3000する能力まで含んでトリガーしているため、能力を実際に使う前に破壊されるなどで場を離れても、マイナス3000を3回行う能力は既にトリガーしてるため、使う事ができます。
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。
スポンサードリンク