龍の極限ドギラゴールデン
(ファイナルドギラゴールデン)

表示順:
総合評価:
 盤面上のオニカマスなど既にある打点に干渉しつつ革命チェンジできる点は強い。 盤面を作って時間で優位性を作ってくるようなデッキが環境にいれば輝く。 (17/10/28)
 踏み倒し先を用意する必要がない分、汎用性はドギ剣よりも高いと思う。ドギ剣もどっちも入る構築ならドギ剣でいいけど (17/10/25)
 スクチェン殿堂以降はバトライ連ドラにタイムラグが生じるようになったから、戦略的ハートバーンからのドギ剣の方がワンショット性能高いし、そっちの方が強い。 (17/10/25)
 ドギバスで飛ばす遊撃部隊を積んでいないなら選択肢にはなる。とはいえ、追加打点で押し切るほうが現状は強い。 (17/10/25)
 カウンターNEXTでお世話になってるんで個人的評価は◎。除去cip持ちながらバトライ閣ともボルドギとも勿論他の火のドラゴンとも相性のいい三打点なので《蒼き団長》が生かしにくいデッキならチャンスは大いにあるかと。 (17/10/24)
 他の革命チェンジ勢と比べるとやれることが少なく感じますね… 正直モルネクだとバスターの方が出来る事が多く器用に立ち回れますし、こういう場にクリーチャーが出ていないと発揮しないロックは受けの弱いモルネクに噛み合ってないと感じます (17/10/24)
 ドギ剣見た後これを見るとほっこりする(感覚麻痺) あまり使われてないようですが早期に出せる確定除去付き3打点は普通に強い。他のファイナル革命が強すぎるんですよ。 (17/09/05)
 封印(seal)を剥いてコイツになるってのはなかなかに凝ったデュエマらしい演出。本題:高パワーに確定除去はシンプルながらもとても応用性がある。 (17/07/17)
 ボルドギからこいつでなければ成長バスターにアルファデイォスで勝てたのに てかこいつのせいで負けた試合いくつあるかな? (17/06/12)
 正直モルトNEXTでこれを入れる明確な採用理由が見いだせないです 大体これで出来る事はバスターである程度出来ますし、バスターの方がやれる事も多いです マナロック全盛期の時は実質ミラダンテⅫでしたが、今だとマナロックも1枚なので余計使い辛さが目立ちます (17/04/15)
 こいつ中々強いのに、メルカリとかの個人取引だと1枚400円くらいで叩き売りされてるのはなんでなんだろう。 本題:一度きりとはいえエタトラ並みの攻撃制限、腐りづらいマナ送り、高打点と良スペックなカード。前形態が強すぎて霞んでるけど、踏み倒しメタが増えても手打ちで仕事ができるあたりが中々優秀 (17/04/03)
 ボルドギ入りのモルネクならワンチャンあるかもです (17/03/12)
 ボルドギでめくれて最高にかっこいい (17/02/08)
 継続的効果が数値等、カードの情報を必要とする場合、従来は選んだ時点の数値で固定でしたが、今後は今ある数値を常に参照し続けるそうです。つまり、《シャッフ》《ミラミラ》《ドギラゴールデン》は旧裁定に戻ることになります。 (17/01/20)
 モルネクに入る。ドルマゲドンが入ったデッキが増えてくると入る枚数も増えるか? (17/01/07)
 極限ファイナル革命がゲーム中に1度で、相手が禁断クリーチャーを採用してない場合、 最大限の仕事ができないと思われがちだが、最低1体でも確定除去は勝利を引き寄せる 能力としては強力であり、これと極限ファイナル革命を組み合わせれば返しのターンを 耐えきるのは容易い。 また、この状況自体稀ではあるが、相手のガイギンガをマナ送りにして相手にEXターンを 献上することになっても極限ファイナルが決まってしまえば、相手はEXターンをSA等を 出さない限り棒に振ることになるので頭の片隅に置いておくと助かるケースもある。最近は シン・ガイギンガの存在もあるので、こんな状況に出くわす際は増えていく可能性もあり、 ゴールデンならではの方法でガイギンガ処理も出来ると言う事を覚えておくときっと得する。 (17/01/06)
 「スタート」ダッシュバスターからドギラ「ゴール」デンかなーるほどなぁ 剣と比べて良調整 使い心地最高 (17/01/03)
 モルトNEXTに搭載できる二枚目の三打点革命チェンジであり0トリガーで捲れる確定除去枠の新たな選択肢。欲しい要素ふたつ掛け持ちしてる段階でかなり強いと思います。極限ファイナル革命も使い方間違えなければいい感じに機能するでしょう。 (16/12/22)
 弱いと思ってたけど強いから手のひら革命チェンジしますね ステッカーのせいでカードがネチョネチョする (16/12/22)
 5色デッキにはドギラゴン剣よりこっち。 コロコロで㊙︎1が当たったので再評価。 金銀バージョンが好きじゃない自分にとってイラスト違いマジ格好イイ。 レジェンドのシクからSDバージョンは無くなったのね。 下の自分の極限なんちゃらかんちゃらは頭悪い事言ってますね無視して下さい。 (16/12/22)
 実際に使ってみると、かなり小回りが利く上に相手の打点が揃っていてもワンチャンを狙える。ドギ剣のデッキにスロットがあるかはよくわからないが雑に投げれる確定除去として割と強そう。準赤単ドラグナーだと確定除去や生きたノーコストの赤いドローなしシリンダとして役立つ(しかも革命2じゃないのでワンショットにも強い)上に、バトライ閣ループという選択肢を無理なく追加してくれるのが嬉しい。 (16/12/21)
 これって極限ファイナル革命バトルゾーンに出しただけで使えるってマ!? (16/12/19)
 ドギバスのせいでみんな目が肥えすぎちゃってるんだなーという使用感。目玉の極限ファイナル革命はとりあえず無視していきなり5いじょうの赤ドラゴンが14000TB確定除去持ちに化けて殴ってくるのは十分強かったです。単純にコマンドが1回出てるので、封印を1枚余分に剥がしながらブレイク数増加を狙えるのも便利で、特にボルドギカウンターではボルドギの下に敷いてもよし、攻めの途中に挟んでボルドギ禁断開放の成功率上げつつ相手の手数削いでもよしと器用に立ち回ってくれました。最悪一度出したドギバスを手札に戻して再利用するギミックとして使っても、ブレイク数を変えることなく確定除去のおまけがついてくるので悪くないです。総じて(剣、ボルシャック問わず)ドギラゴンのサポーターといったところでしょうか? (16/12/18)
 革命チェンジで早期に出せる確定除去クリーチャーは、優秀だと思います。その上、「ファイナル革命」を使っていない時という条件付きとはいえ、大抵のクリーチャーの攻撃を止められるのも強力だと思います。 (16/12/18)
 当たったので評価。ドギバスに比べるとじみになりましたね・・・最終決戦と言うからにはもうちょい盛っても良かった気がします。しかし地味ながら堅実なスペックはいろいろなところで活躍が見込めそうです。というか適当な奴がこのパワーのクリーチャーになりながらしかも1体除去る時点でなかなかですね。 (16/12/18)
 他の方々のおっしゃる通りモルネク(の安定除去手段役)が就職先でしょう。極限ファイナル革命の方がおまけという形にはなりますが、強力な部類のおまけですね。 (16/12/17)
 シクがウィングガンダムみたいでいいゾ〜 (16/12/15)
 「『競技性の高い試合では』剥がしてご使用ください=フリーでなら貼ったまま使ってもいいよ」って公式がわざわざ寛容なアナウンスしてくれてるんだから、それを悪用してズルしようとするのは小学生低学年とかならまだしも(そのくらいの子たちはマジでそういう事してくる、マジで)分別のついた大人がやろうとするのはセコいしギャグとしてもサムいんじゃないかなぁ…ドギ剣シールを貼ったまま使う場合、ルール上は「たまたま外見がカードに似た無意味なシール」がくっついてるだけで、参照してるチェンジ条件やマナコスト等テキストはシールの下にあるコイツ自身のソレに従ってるって考え方が自然。それこそ缶の変形デッキセットについてきた「パワー1000000」とかマナシンボルとかのシールを貼ったからってそのカードのパワーが上がったり文明が変わったりしないのと一緒。まぁ別にドギ剣シールを貼ったウェディングをプレリュードで軽減したりピクシーライフで回収したりする分には自由じゃない? 本題:自身の色に赤を含んでて、なおかつ除去手段がマナ送りなのは地味に貴重かも。赤いカードは緑含んでてもミツルギやヴィルヘルムみたいに火力や確定破壊になる事が多いし… (16/12/13)
 パワー高いのと除去撃てるのでなんやかんや使われそう。アタック禁止もおまけにしては大きいので有難い (16/12/12)
 見直したら分かりにくかった。 シールは剥がさないといけないはずだから多分別のに貼っちゃダメだと思う (16/12/09)
 公式がこのカードに対してゲーム始まる前にシール剥がしてから使えって言ってるから別のカードにシール貼って使うのはダメだと思う。 勝太はシール貼ったまま使っていたが突っ込んではいけない。 (16/12/09)
 別のカードにシール貼って 革命チェンジでVANとかウェディング出せるのかな? (16/12/09)
 派手さはないが破壊ではない確定除去、ドギラゴン剣を撃ちとれるパワーライン、ジャックポットで踏み倒せるコストである点だけで十分評価できる。攻撃制限効果はオマケ程度。 (16/12/05)
 確定除去と条件付きとはいえ攻撃封じを同時に行うのは強いのでは。 (16/12/05)
 ゾディアックプチョで返せなくなったからどうやって対処するのか見物なので今後の動向に注目したい~(*´・ω・`) (16/12/05)
 まぁ「テキストの解釈」も併せて読み込まないと分からない事ってあるよな…この場合は他のカード(スロチェシリンダ、エタトラの新裁定)の解釈と同様に考えるのが自然。それに、エタトラの旧裁定で龍解獣が殴れなくされてたのも「プレイヤーを対象とする効果」じゃなくて「文明を対象とする効果」だからって理由だった(スロチェシリンダは既に「いま存在するクリーチャーに対する効果」という解釈だった)であって、その考え方をこのカードに適用するとしたら「パワーを対象とする効果」って意味不明な事になるから結局ダメなんだよなぁ。「カードごとの裁定」よりも、「カードごとのテキストの解釈」で覚えた方が同じ処理のテキストや似てるけど違う処理のテキストに気付きやすいからその方が好ましいんじゃない?このゲームに「カードが違います」みたいなバカげた事例はない訳だし。本題:剥がした後のシールどうすんだよこれ (16/12/05)
 ↓タイマンもジャッジメントもシリンダもSA龍解クリ防げないだろjk SA防げるだけエタトラがすごすぎるんだよ (16/12/05)
 デュエマTVのデスマーチが殴れなかった件は最終禁断の能力もあるけどそれ+ドギラゴールデンの効果で殴れなかったと思いたい。テキスト100回読んでも極限ファイナル革命使用後の相手ターンで相手のSAや龍解したクリーチャーが殴れる意味が分からない。早めに裁定出して欲しい (16/12/05)
 たぶん、デスマーチが殴れなかったのはドギラゴールデンのせいじゃなくてForbidden Starのせいだと思います。それをデュエマTV側がナレーション編集時に勘違いしたんでしょう (16/12/03)
 赤緑モルネクでプチョを比較的楽に返せるようになった札 さらに言えば、ゾディアックプチョで剣が死んだのに対してこちらは死なないというw, (16/12/03)