龍脈術 落城の計
(リュウミャクジュツ ラクジョウノケイ)

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問DMEX-01 ゴールデン・ベスト収録版の「龍脈術 落城の計」はルビが「りゅみゃくじゅつ」ですが、「りゅうみゃくじゅつ」の方と合わせて5枚以上デッキに入れる事が出来ますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2017/10/23
  • ■事務局確認日:2017/10/23
いいえ、誤植ですので同名カードとして扱います。5枚以上入れる事は出来ません。
操作
関連
質問質問1 マナゾーンにある2枚の《機神装甲ヴァルボーグ》を種として《超神星アレス・ヴァーミンガム》をバトルゾーンに出しました。 その後に《ロイヤル・ドリアン》を召喚しました。 片方の《機神装甲ヴァルボーグ》を種として《機神装甲ヴァルボーグ》をバトルゾーンに出すことは可能ですか? 質問2 マナゾーンにある《機神装甲ヴァルボーグ》と《機真装甲ヴァルドリル》を種として超神星アレス・ヴァーミンガム》を出した後、 すぐに《ロイヤル・ドリアン》を出しました。この場合、《機真装甲ヴァルドリル》を種としてヴァルボーグを バトルゾーンに残すことは可能ですか?
回答2
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2016/04/14
  • ■事務局確認日:2016/04/14
回答1 下にあったカードのなかに《機神装甲ヴァルボーグ》の進化元(進化でないクリーチャー)がないので出来ません。  回答2 下にあったカードのなかに《機真装甲ヴァルドリル》の進化元(進化でないクリーチャー)がないので出来ません。  デッキ進化獣であっても、墓地進化獣、手札進化獣、マナ進化獣と同様 再構築の場合、最初の獣は進化クリーチャーでないクリーチャーが下にあったカードのなかに必要です。 回答者6
操作
関連
質問進化クリチャーの一番上のカードのみが、 カードを選ぶ効果でバトルゾーンを離れるとき、 再構築された進化元がそのターンのはじめに、 バトルゾーンあるいは進化クリーチャの下になかった場合は、 召喚酔いしますか?
回答1
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2015/07/16
  • ■事務局確認日:2015/07/16
召喚酔いします。 *参考 総合ルール801.4d 回答者1
操作
関連
質問《熱血龍 メッタギルス》をはじめとする 「このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある(相手の、)コスト5以下の進化ではないカードを1枚選び~」 のcipは強制ですが バトルゾーンに進化クリーチャーしかおらず コスト5以下の進化ではないカードが進化元の中にしか存在しない場合 このcipによってそれを選ばなければなりませんか。
回答1
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2015/03/08
  • ■事務局確認日:2015/03/08
はい、選ばなければなりません。 進化元として選んでいるので、クリーチャーとして選ばれた時の能力はトリガーしませんが 《記憶の精霊龍 ソウルガルド》と進化元の《終末の時計 ザ・クロック》の関係のように 利敵行為に繋がると、あからさまにわかっている場合でも 《ソウルガルド》を場に出す選択をした場合はそれを幇助せざるを得ません。 *参考 http://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/dmr16g-0008/ 回答者5 & 6
操作
関連
質問《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》がタップされています。 《熱血龍 メッタギルス》や《英雄奥義 バーニング銀河》でドラグハート・セルを選び 結果的に全体を除去することはできますか。
回答1
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2015/02/21
  • ■事務局確認日:2015/02/21
できます。 サイキック・セルと同様、ドラグハート・セル自体のコストは0と見なされます。 したがって、コスト指定があってもセル単体として狙い撃ちができます。 結果、構成パーツが足りなくなるため《オール・オーバー・ザ・ワールド》はバトルゾーンに維持できなくなります。 クリーチャーとして離れるわけではないので タップされていても破壊置換効果は適応されません。 回答者6
操作
関連
質問墓地に《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》が2体います。 《死神術士デスマーチ》を《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》を進化元に出しました。 このとき、《龍脈術 落城の計》でオブジェクト《デスマーチ》を構成するカードの中から進化クリーチャーの一番上だけを手札に戻しました。 意図としては《ワーム・ゴワルスキー》を場に残し、再び《デスマーチ》を召喚することでアタッカーを増やすのがねらいです。 このようにして再構築される《ワーム・ゴワルスキー》は場に残りますか。
回答1
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2015/01/08
  • ■事務局確認日:2015/01/08
いいえ残りません。 進化元が再構築され、その中に進化クリーチャーが含まれている場合 その進化クリーチャーの進化元に正式に使えるカードが再構築の素材の中に存在しなければ その進化クリーチャーカードはまとめて墓地に置かれます。 この場合、《ワーム・ゴワルスキー》をバトルゾーンに残すためには 素材の中に「別の進化ではない闇のクリーチャー」が必要になります。 (進化クリーチャーカードだと、その進化クリーチャーカードのための別の進化元が遡って必要になるため) このようなルールが存在しないと、メテオバーン等で進化元がゼロになった好きな進化クリーチャーの下に 《時空工兵タイムチェンジャー》で《究極銀河ユニバース》2枚を仕込み 《ロイヤル・ドリアン》や《龍脈術 落城の計》で上を剥がすだけで 進化元がフェニックス1枚だけの《究極銀河ユニバース》を用意できてしまうことになります。 不死鳥編のころは「否定するだけの根拠がない」という理由でそういったことも可能でしたが 現裁定では、進化元の再構築はこのように厳密に規定されており、不可能です。 当然、《ワーム・ゴワルスキー》を《デスマーチ》と読み替えても同じ話です。 --- 余談ですが、この場合は進化元となっている《ワーム・ゴワルスキー》を《落城の計》で回収し、そのまま召喚すれば 《ワーム・ゴワルスキー》(進化元:《ワーム・ゴワルスキー》)と《デスマーチ》(進化元:なし) の2体のアタッカーを用意できます。 回答者6
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。