スポンサードリンク

ヒラメキ・プログラム
(ヒラメキプログラム)

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問《ヒラメキ・プログラム》で《チーム・エグザイル~カツドンと仲間たち~》を選んだ場合、山札から《チーム・エグザイル~カツドンと仲間たち~》を出せますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2019/09/02
  • ■事務局確認日:2019/09/01
いいえ、出せません。
《ヒラメキ・プログラム》でコスト無限より1多いコストのクリーチャーを出そうとしますが、デュエル・マスターズでは無限に1を足した場合、無限のままではなく無限+1という形となり、コスト無限の《チーム・エグザイル~カツドンと仲間たち~》を山札から出すことはできません。

正式回答
操作
関連
質問《ヒラメキ・プログラム》で《龍素記号Srスペルサイクリカ》など、破壊されるかわりに・・・という効果を持つクリーチャーを選びました。
破壊された事になりますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2019/05/21
  • ■事務局確認日:2019/04/12
はい、なります。
「破壊された」クリーチャーを参照する時は実際に墓地に置かれたかどうかではなく、破壊を実行されたに読みかえるようなイメージでお願いします。
なので、その結果として別のゾーンに置かれていた場合、それが破壊そのものを置き換える効果でなければ破壊された事になります。
操作
関連
質問7月17日適用の新裁定で
「こうして破壊したクリーチャーが・・・」墓地ではなく置き換え効果により墓地以外の場所に置かれても効果は適用できるとありますが、
自分のバトルゾーンにセイバー持ちクリーチャーと通常のクリーチャーの計2体が存在する状態で復活の祈祷師ザビ・ミラを場に出しました。
ザビミラの効果でセイバー持ちと通常のクリーチャーを選択してセイバー能力を使用し通常のクリーチャーを場に留めました。
ザビミラ能力で出せるサイキッククリーチャーは何体ですか?
回答2
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2019/04/27
  • ■事務局確認日:2019/04/27
2体です。(裁定変更)

選んで破壊するという行為の対象になったことで、
セイバー能力によって破壊された場合も
”こうして破壊したクリーチャー”の数にカウントされます。

回答者7
操作
関連
質問コスト4の《テスタ・ロッサ》とある自分のクリーチャーに《ヒラメキ・プログラム》を使い、コスト5の《鳴動するギガ・ホーン》をバトルゾーンに出します。
《鳴動するギガ・ホーン》の効果で《灼熱連鎖 テスタ・ロッサ》を手札に加えた場合、灼熱ドロン・ゴーで《灼熱連鎖 テスタ・ロッサ》をバトルゾーンに出す事は出来ますか?
回答2
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2015/07/17
  • ■事務局確認日:2015/07/16
できません。

条件を満たした段階で手札にないものは、侵略やアタック・チャンスと同様にトリガーしていないものとして扱います。
(シノビや革命0トリガーとは話が異なります)

※総合ゲームルール110.4b
どのゾーンで機能するかが書かれている能力は、そのゾーンでのみ機能します。
例:マナ爆誕、灼熱ドロン・ゴー

回答者6(正式回答)
操作
関連
質問7コストのクリーチャーがバトルゾーンにいる状態で自分がそのクリーチャーを対象にし《ヒラメキ・プログラム》を唱えました。
その効果でバトルゾーンに《真実の名(トゥルーネーム) アカデミー・マスター》が出ました。
《ヒラメキ・プログラム》はその後墓地に置かれるわけですが《真実の名(トゥルーネーム) アカデミー・マスター》で再度《ヒラメキ・プログラム》を唱えることはできますか?
回答1
  • ■投稿者:鐘子
  • ■投稿日:2013/03/04
  • ■事務局確認日:2013/03/04
いいえ、できません。

《真実の名(トゥルーネーム) アカデミー・マスター》が場に出たときはすでに手札から唱え終えているからです。
《真実の名(トゥルーネーム) アカデミー・マスター》が場にいる状態で呪文を唱えた場合のみ再度唱えることができます。

回答者 3
操作
関連
質問2012年7月9日の裁定変更で

「こうして破壊したクリーチャー」という文言のルール裁定において、
今までは実際にバトルゾーンから墓地に確定で置かれないと
「こうして破壊されたクリーチャー」とはならずに、その効果は発動しませんでしたが、
今後は実際に墓地にバトルゾーンから置かれなくても、
クリーチャーが置き換え効果などで留まったり、
墓地以外のゾーンに行った場合は効果は使える事となりましたが。

対象となるカードはどれですか?
回答1
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2012/07/11
  • ■事務局確認日:2012/07/11
:対象となるカードは下記です

《復活の祈祷師ザビ・ミラ》 正式回答
《炎槍と水剣の裁》 暫定回答
《超銀河弾 HELL》 正式回答
《魔魂葬のサードニクス》 暫定回答
《爆裂大河シルヴェスタ・V(ブイ)・ソード》 正式回答
《魅惑のダンシング・エイリアン》 暫定回答
《G(ゲンジ)・アイニー》 暫定回答
《ヒラメキ・プログラム》 暫定回答
《雷炎賢者エイジス》 暫定回答

回答者6
操作
関連
質問《ヒラメキ・プログラム》で選んだクリーチャーが「破壊されない」または「エターナル・Ω」などの置き換え能力を持つ場合、クリーチャーを出すことはできますか?
回答2
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2012/07/10
  • ■事務局確認日:2012/07/10
出来ます。

2012年7月9日の裁定変更の対象となります。

http://dm.takaratomy.co.jp/rule/rulechange/change22.html

(暫定回答)

回答者6
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。
スポンサードリンク