サイバー・N・ワールド
(サイバーエヌワールド)

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問生命と霊力の変換を唱えて効果の対象になっているカードとそうではなく新たに別のゾーンからカードが加わり、効果の対象外となっているカードがあります。 このときに、サイバーNワールドを召喚しました。 対象となっているカードとそうではないカードの特定が非常に困難な状況になりますがどうすればいいですか?
回答2
  • ■投稿者:樹木茂る山麓
  • ■投稿日:2017/07/03
  • ■事務局確認日:2017/07/03
シャッフルを挟んでどの領域にあったカードかわからなくなったカードに関しては、すべて効果の対象外となります。 このとき効果の対象が消えるのは手札のカードだけではなく、山札のカードも含まれます。 正式回答
操作
関連
質問自分のターン中に、自分が《新世界 シューマッハ》をバトルゾーンに出しました。このカードの効果で相手がドローする枚数を確認してから自分がドローすることはできますか?
回答1
  • ■投稿者:やば木氏
  • ■投稿日:2013/08/05
  • ■事務局確認日:2013/08/05
できません。 そのターンを行っているプレイヤー(ターンプレイヤー)が先に手札を捨てる→その相手が手札を捨てる→ターンプレイヤーがドロー→相手がドロー という順番で処理しますので、この場合はターンプレイヤーである自分からドローします。 回答者1
操作
関連
質問《運命》の能力でカードを引く際、どのように処理すれば良いですか? 蒼神龍ヴェールバビロニアと同様に、10枚ドローして、その後に5枚捨てても良いですか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2013/04/17
  • ■事務局確認日:2013/04/17
蒼神龍ヴェールバビロニアと違い、『自分がカードを1枚引く時、1枚のかわりに2枚引き、自分の手札を1枚捨ててもよい。』までが置き換え効果のテキストです。 よって、1枚ドローしようとする度に『自分がカードを1枚引く時、1枚のかわりに2枚引き、自分の手札を1枚捨ててもよい。』の能力を使用してください。
操作
関連
質問自分のバトルゾーンに《偽りの名 ハングリー・エレガンス》がいるときに どちらかのプレイヤーの《サイバー・N・ワールド》がバトルゾーンに出ました。 このときに5枚カードを引いたということで 5枚ブーストすることは可能ですか?
回答1
  • ■投稿者:かぼ@墳墓厨
  • ■投稿日:2013/03/14
  • ■事務局確認日:2013/03/14
はい。できます 《偽りの名 ハングリー・エレガンス》の能力は 相手のドローの枚数に依存するのであって ドローのトリガーした回数ではないとのこと 回答者3?
操作
関連
質問《外道神カイカイ》と《邪道神キキ》がリンクした状態で《サイバー・N(エヌ)・ワールド》を出した場合、キキカイカイの能力「自分がカードを引いた時、引いた枚数と同じ数の手札を相手は選んで捨てる。」は使用できるのでしょうか?
回答1
  • ■投稿者:門松
  • ■投稿日:2011/07/02
  • ■事務局確認日:2011/07/02
使用できます。 《サイバー・N(エヌ)・ワールド》の能力で自分5枚ドロー、相手5枚ドローしてから、キキカイカイの「自分がカードを引いたら〜」の能力を使用するので。
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。