スポンサードリンク

超次元バイス・ホール
(チョウジゲン バイスホール)

表示順:
総合評価:
 超次元のカードの多くがミクセルなどの効果を受けること、6コストの呪文でマインドリセットを打ちながらクリーチャーを立てることは現在の環境にはあまり影響はないと思います。1枚制限にして様子をみてもいいかと。 (20/06/15)
 今なら6マナでDDZ出てきても問題無いかなーって思います (20/04/01)
 バイスDDZは適正 (19/11/13)
 そこまで脅威ではない、とは思うがどうだか。 (19/05/11)
 ここまで生き物が強くなってくるともう帰ってきていいんじゃないかなぁと思う (19/05/08)
 今ならギャ・ザールで打って強いけど、結局その程度止まりだしそろそろ帰ってきそうな感じはしますね。チェンジザ圏内だったらヤバかったですが (19/04/27)
 ↓マザーホールも緑の6以下出せるのでバイスだけではないですよ。なんなら赤だけでも刃の効果でも出せますよ。(他のカードというならば)「闇のホール」というならば他にはない魅力ですけどね。 本題 攻撃面・防御面共にハイスペックなのですが、逆にいえば「6コストでここまでしかできない」なので過信は禁物です。ガロウズ・リバイヴ・ボルシャックに次ぐ勝利シリーズを一貫して出せるのも魅力ですね。ただ、ガロウズにはベガス リバイヴは侵略・革命チェンジ ボルシャックは仮想敵次第で採用 といった感じに明確な採用理由がありますが、バイスにはそれが明確ではないのが余計「中途半端」っていう感じがします。 (19/04/27)
 ロマノフから踏み倒せる有力なハンデスである点、緑絡めずに四ツ牙出せる点は他のカードにない利点なので現環境において割と適正スペックなのではと思います。 (19/04/27)
 バイスホールって今解除されても使う人そんなにいない気がしてならない。このカード使う理由ってピーピングハンデス+展開なんだろうけど、6コストならチェンジザやソーナンデス(実質ドンジャングルorジョットガンジョラゴン)がいるので微妙。ですが、「ホールとして」ならリバイヴの次に強いホールでしょう。帰ってきても現代の力には勝てない事は間違いないです。ピーピングハンデスならロスマイで間に合ってるのも相まって採用されるデッキは数少ないと思います。 (19/04/27)
 ツインパクトが実装された事により増々帰って来れなくなった感はある。でも、1枚だけなら許せる葛藤もある。今の内に回収しとくのが丸いかな (19/01/29)
 双極篇が終わって1年後の、次回の殿堂解除への期待を込めて無限回収を始めた。5色Z等を使いたいのに7コストのホール3種類だけでは今の環境では太刀打ちできない。優秀な踏み倒しメタが多数存在してる今、コレが解除されても通用するか怪しいですが・・・。 (19/01/27)
 ランダムハンデスかつ上限8コストで構わないからそろそろ調整版が欲しい、お気に入りのディアスZが使いづらい、殿堂という手段を取ったからには損失を受けたカードへのフォローというものをだな(なんか愚痴っぽい)。 (18/06/13)
 今ならバイスDDZされても、まぁうんって感じですよね。3ターン目に出たらおおっって感じ。 (18/04/28)
 このカードを採用した青黒ハンデスなんか絶対対戦したくない。このカードより優れたフィニッシャーや搦め手はたくさんあるけどこのカードより色んなことを高水準で出来るカードは自分には思いつかないです (18/04/27)
 単体のスペックを見ると解除されても文句を言う人は少ない気がするが、開発陣がツインパクトを推すつもりならば殿堂解除はもうしばらくは無い気がします。仮に1枚制限、あるいは無制限になれば今後も出てくるであろう強力なツインパクト達に牽制をかけながらフィニッシャーを出せる面白い立ち位置のカードになってデッキの幅が広がりそう。 (18/03/28)
 黒緑ジャバランガとか下手すれば4tでループに入れるのに、最速4tで6マナ払って唱えた次のターンにラスストで1ショットって今じゃ割といい子止まりのスペック。呪文ピピハンもダイスの踏み倒し先を叩き落とす程度にしかならないし。あ、バイスとエタボルは6→7と繋がるか。つっても呪文メタや踏み倒しメタが多いし、4枚戻ってきてもそこそこ旨い程度に落ち着きそう。無制限化する日が来ると想定してこの評価。 (18/03/28)
 帰ってきなよ (18/03/28)
 ダイスの登場でガロウズの評価が上がりましたが、コイツはコスト、呼べる範囲、適応力、ディアボロスとの相性から超次元呪文の中では頭一つ抜けてると思います。ですが、プレ殿の中でループに組み込まれない、圧倒的なカードパワーではない、理不尽コンボを持たないカードはコイツくらいなので、殿堂入りに下げてもいいかなとは思います (17/11/24)
 ディアボロスは言わずもがな、前のターンに並べたアンタ*2からキルヤヌス出して20コスト揃えたり、色々と出来た印象。 (17/11/24)
 戦略の幅がほかの呪文と比べても段違いです。 (17/11/23)
 “単色”で相手に合わせた中型サイキック獣からフィニッシャーのDDZまで展開出来るなると戦略の幅が段違いになる。 (17/11/23)
 マインドリセット+4マナで、フィニッシャー、キルヤヌス、タップ除去、アンタップキラー、デッキ破壊、マナ回収、を選べるのが便利すぎますね。その軽さのおかげで2→4→6で打てますし、流石に1発解除はないかも・・・  でも、殿堂に格下げぐらいなら許してもいいのでは? (17/11/23)
 今のカードパワーを基準にしたら微妙かもしれないけど、プレ殿した当時はディアボロスとかディアスとの相性が抜群かつかなりなんでも出せるぶっ壊れだったんだよなぁ… (17/11/23)
 相手の手札の除去呪文を落として安全にサイキックを展開でき、相手の手札の内容次第でケアしながらサイキックを選べる上、出せるサイキックの種類や組み合わせも数多い等、プレ殿は妥当というか解除は有り得ないと思うほどのパワーカードです。 (17/11/23)
 。。。? 何が強いんだ、これ  6コスト払ってマインドリセットって何がしたいんだか  マインドリセットは2ターン目に打つからこそ強いわけだしな  殿堂解除でも問題ないでしょ。。。 (17/11/22)
 プレ殿は仕方ないにしてもだったら代わりのロマノフZ呼び出せるカードぐらい出せという怒りが有頂天だったわあの頃。そのロマノフZも今の環境では通用するかどうか危ういけどね。 (17/10/12)
 これがあるだけで呪文抜きつつシスクリの四つ牙、ジオザマン、壁のマティーナ、詰めのヤヌスキルの選択肢が出てくるのが一番やばい。闇のホールなのに闇以外のサイキックを組み合わせて使える謎の性能。 (17/09/30)
 5色Zとの組み合わせはアレだったけど、当時の1発プレ殿は衝撃的でした。これ1枚戻ってくるだけで次元ハンデス系の立ち回りが強化されるでしょうね。 (17/09/28)
 帰ってこないだろうけど帰ってきて欲しい奴 (17/09/27)
 うーんこれの解除はちょっとやだなぁw (17/01/27)
 まあ、デッドゾーンいるし… (16/04/23)
 〈時空の支配者ディアボロス Z〉とほぼ同型の〈時空の悪魔龍 ディアボロス ZZ〉が収録されている「スーパーVデッキ 滅びの龍刃 ディアボロス」が2014年6月21日に発売されています、とりとり。  普通に性能はおかしかったので規制は妥当だったんじゃないですかね。サイキックのアクセス効果だけでも、文明に関係なく6コストを組み合わせて出せるのはかなりの器用さです。今無制限ならサイクリカ無しでもデッゾと組んで環境を荒らせると思います。 (16/04/19)
 こいつのプレミアム殿堂が2014年3月15日、サイクリカリリースが同年5月24日、うん、全部あいつが悪い。一枚制限でもいいから一番返してほしいわ。サイクリカがかかればなぁ。 (16/04/19)
 再び2人のディアボロスとプレミアムコンビは考えられないですよね・・・。キルヤヌスが懐かしいです。 (16/01/28)
 今の環境なら一枚ぐらい…って思ってしまうのは感覚麻痺だろうか。 (15/07/18)
 火無し超次元にフォーエバーカイザーを搭載できるようになったりキルヤヌスが一発で出揃うなど、文明の枠を超えた選択ができるようになるあたり、プレ殿も仕方なかったものと思います。ただ、ロマノフZが弱体化したのが心残りです。 (15/07/18)
 吸い込む出た時にはコンビ殿堂してたのが残念。 (14/12/30)
 こいつやばかったなw  こいつでDDZ出してDDZ除去されそうな吸い込む等落として次のターン安心して覚醒させるという最強野郎だったwwキルヤヌスもできたし (14/12/30)
 気が付いたら即禁止くらってたお方 (14/12/30)
 禁止になってしまいましたが対応力の高さはほかのホールには敵いません (14/06/27)
スポンサードリンク