スポンサードリンク

アーク・リンク・スパーク
(アークリンクスパーク)

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問今回の裁定変更の更新 http://dm.takaratomy.co.jp/rule/rulechange/index.html により
カードテキストに書かれた「種族名」または「種族名の一部」は、「種族に○○とあるクリーチャー」として扱われるようになったので
以前は「種族に○○とあるクリーチャー」として扱わなかった
種族「ジャイアント・インセクト」は「種族にジャイアントとあるクリーチャー」、種族「ゲル・フィッシュ」は「種族にフィッシュとあるクリーチャー」、種族「キカイヒーロー」は「種族にヒーローとあるクリーチャー」として扱うことになりましたが

これは《ゾンビ・カーニバル》や《魂の呼び声》など「種族を1つ選ぶ」といった効果のカードで
種族「ジャイアント」を選べば種族「ジャイアント・インセクト」は「種族にジャイアントとあるクリーチャー」として扱われ
効果の対象とすることはできますか?
回答1
  • ■投稿者:鐘子
  • ■投稿日:2013/05/15
  • ■事務局確認日:2013/05/15
はい、効果の対象及び効果の影響を受けることが出来ます。

カードテキストに書かれた「種族名」または「種族名の一部」は、「種族に○○とあるクリーチャー」として扱われます。

よって
例えば《ゾンビ・カーニバル》で種族「フィッシュ」と宣言すれば
種族「フィッシュ」のクリーチャー1体と種族「ゲル・フィッシュ」のクリーチャー2体を墓地から手札に戻すことが出来ますし、
《魂の呼び声》で種族「ジャイアント」を選べば
種族「ジャイアント・インセクト」のクリーチャーA→種族「ジャイアント」のクリーチャー→種族「ジャイント・インセクト」のクリーチャーBといった順番で山札におくことができます。
また、《サイバー・トンネル》、《センチネル・ガード》なども同様に種族「リキシ・コマンド」を選べば、種族「リキシ・コマンド・ドラゴン」も効果の対象となり
《凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ》で種族「ヒーロー」を選べば種族「キカイヒーロー」のカードも相手の手札から捨てさせることが出来ます。


「ドラゴン」、「サイバー」、「コマンド」は単一種族として存在しないのでこのような処理はできません。


回答者3
操作
関連
質問電磁旋竜アカシックファースト(シンパシー:サイバー・ウイルスおよびドラゴノイド)を召喚する時、バトルゾーンにサイバー・ウイルス/ドラゴノイドが1体ある時、このクリーチャーの召喚コストはいくつになりますか?
回答1
  • ■投稿者:ユメミト
  • ■投稿日:2007/07/27
  • ■事務局確認日:2007/7/27
この時、電磁旋竜アカシックファーストの召喚コストは1マイナスされて6マナになります。
対象種族を掛け持ちしているクリーチャーがいても1体につき1コストしかマイナスされません。

*公式サイトの用語辞典に載っている内容ですが場所がわかりにくく間違ってる方が多いため載せておきました*
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。
スポンサードリンク