電磁無頼アカシック・サード
(デンジブライアカシックサード)

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問Q.召喚酔いしている《電磁無頼アカシック・サード》が進化クリーチャーに変身した場合、そのターンにアタックは可能ですか?
回答1
  • ■投稿者:「お雑煮」
  • ■投稿日:2017/08/26
  • ■事務局確認日:2017/08/26
A.可能です。 進化クリーチャーは召喚酔いしないためそのターンにアタックすることができます。 (2017.8/26、正式回答)
操作
関連
質問相手のターン中に、相手の場に「ウソと盗みのエンターテイナー」が居て、相手がシールドを攻撃し「蒼龍の大地」をS・トリガーで発動しました。効果で「電磁無頼アカシック・サード」を出し、次の効果でバトルさせます。 「電磁無頼アカシック・サード」のバトルする時の効果と、「ウソと盗みのエンターテイナー」の破壊効果はどちらが先に発動しますか?
回答1
  • ■投稿者:siruku
  • ■投稿日:2016/11/06
  • ■事務局確認日:2016/10/22
「電磁無頼アカシック・サード」のバトルする時の効果です。 相手のターン中に、相手の場に「ウソと盗みのエンターテイナー」が居て、相手がシールドを攻撃し「蒼龍の大地」をS・トリガーで発動しました。効果で「電磁無頼アカシック・サード」を出し、次の効果でバトルさせます。 このとき、「ウソと盗みのエンターテイナー」の効果がトリガーしますが、「蒼龍の大地」のバトルさせる効果は、発生させたバトルの終了時まで継続しています。 トリガー効果は呪文の効果に割り込んで発動させる事が出来ないので、「蒼龍の大地」の効果が継続している間、つまりはバトルが終わるまでは、トリガーした「ウソと盗みのエンターテイナー」の効果を解決できません。 通常、呪文の処理が継続している最中は効果が割り込む事はありませんが、バトルする時の効果や、バトル中の効果は割り込んで処理を行う事が可能です。 なので、「電磁無頼アカシック・サード」のバトルする時の効果は問題なく発動させる事が出来ます。
操作
関連
質問アカシック・サードがバトルして、進化クリーチャーになりました。 その後バトルに勝って、そのターン中にEVOチャージャーを唱えて、 その進化クリーチャーになったサードの下に、クリーチャーを置くことはできますか?
回答2
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2015/02/20
  • ■事務局確認日:2015/02/01
できますが、ターンの終わりにその進化元を墓地に置く必要があります。 この場合そのターンの終わりまで、《アカシック・サード》はその進化クリーチャーに完全に変身しているので クリーチャーカードを下に置くことができます。 ただし、そのターンが終わった後は《アカシック・サード》という、進化ではない元のクリーチャーに戻るので その進化元はすべて墓地に置かれます。 回答者1
操作
関連
質問ビックリ・イリュージョンで場のクリーチャーをすべてダイナモ化しました。 ダイナモ能力を持ったクリーチャーで時空の剣士GENJI・XXにダイナモを与え、 時空の剣士GENJI・XXで超時空ストーム・G・XXに覚醒条件を与えました。 ターンの終わりに超時空ストーム・G・XXが時空の剣士GENJI・XXによって与えられた、 覚醒条件を満たした場合、どうなりますか? また、覚醒する場合は進化元はどうなりますか?
回答2
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2015/02/20
  • ■事務局確認日:2015/02/01
覚醒します。進化元はすべて墓地に置かれます。 ダイナモで別の覚醒条件が与えられている場合 その条件を満たせばその方式の覚醒が可能です。 メテオバーン覚醒ではないので、覚醒時には進化元は墓地に置かれませんが 覚醒後は進化ではないカードの下に進化元が存在する構図となります。 このような場合、進化ではないカードの下に進化元は置けないので、進化元はすべて墓地に置かれます。(←新ルール) 他にも《覚星龍界 剣聖ジゲン》や《電磁無頼アカシック・サード》でこのような事態に陥るケースが想定されますが すべて裁定を統一して、進化元は全て墓地に置かれるものとします。 回答者1 ※参考 http://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/dmx19-0001/
操作
関連
質問《名も無き神人類》に名前が追加されています。 このクリーチャーの上に進化した場合、そのクリーチャーに追加した名前は引き継がれていますか?
回答1
  • ■投稿者:鐘子
  • ■投稿日:2014/01/25
  • ■事務局確認日:2014/01/25
いいえ、引き継がれていません。 《名も無き神人類》や《電磁無頼アカシック・サード》の名前を追加したり、能力を変化させる能力は そのクリーチャー独自のものとして例外的に引き継がれないということになります。 したがって 《名も無き神人類》の上に進化した場合、そのクリーチャーに追加した名前は引き継がれません。 回答者3
操作
関連
質問バトルゾーンに自分の《竜極神ゲキ》と《電磁無頼アカシック・サード》がいるときにサードの能力を発動させ、《竜極神メツ》になりました。 そのときバトル前にゲキと、メツになったサードをゴッド・リンクさせることはできますか?
回答3
  • ■投稿者:鐘子
  • ■投稿日:2013/10/20
  • ■事務局確認日:2013/10/20
できません。 補足になりますが そのバトルの後《竜極神メツ》となった《電磁無頼アカシック・サード》がバトルゾーンに残り なんらかの方法で《竜極神ゲキ》をバトルゾーンに出したとしても《竜極神メツ》となった《電磁無頼アカシック・サード》と《竜極神ゲキ》はリンクできません。 G・リンク能力は《電磁無頼アカシック・サード》がコピーしていることになりますが、ゴッドと《電磁無頼アカシック・サード》の場合は例外裁定としてリンクできないという裁定になります。 回答者3
操作
関連
質問自分の《電磁無頼アカシック・サード》と相手クリーチャーがバトルする時に、《電磁無頼アカシック・サード》の効果で山札の一番上が 《電磁無頼アカシック・サード》でした。 この場合、このバトル中に二枚目の《電磁無頼アカシック・サード》の効果はつかえますか?
回答1
  • ■投稿者:syunyorz
  • ■投稿日:2013/04/07
  • ■事務局確認日:2013/04/07
使えません。 『バトルするとき』のタイミングがすでにすぎているからとのこと 回答者1
操作
関連
質問自分の《電磁無頼アカシック・サード》と相手クリーチャーがバトルする時に、《電磁無頼アカシック・サード》の効果で山札の一番上が 《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》でした。 この場合、《電磁無頼アカシック・サード》はシールド・フォースは得ますか?
回答1
  • ■投稿者:pendant
  • ■投稿日:2013/03/22
  • ■事務局確認日:2013/03/22
得ません。 シールド・フォースは手札から出した時に発動します。 回答者6 3/24追記 バトルゾーンに直接出た訳ではないのでシールド・フォースを得ることはできません。
操作
関連
質問電磁無頼アカシック・サードの変身先がターンの終わりに何らかの効果が発動するクリーチャーで、強制効果でした。 アカシック・サードの、”変身が解ける前に””必ずこれをしなければ”なりませんか? 変身が解けた後にしても構いませんか? それか、またはしなくても構いませんか?
回答1
  • ■投稿者:dreadnought
  • ■投稿日:2011/03/13
  • ■事務局確認日:2011/03/11
変身が解ける前に、必ずしなければなりません。
操作
関連
質問鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェスや、ダイヤモンド・ソードなどで電磁無頼アカシック・サードに何らかの効果が追加された場合、 電磁無頼アカシック・サードが変身能力を使用したら、それらはすべて消えてしまうのですか?
回答1
  • ■投稿者:dreadnought
  • ■投稿日:2011/03/13
  • ■事務局確認日:2011/03/11
はい、消えます。
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。