黒神龍ブライゼナーガ
(コクシンリュウ ブライゼナーガ)

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問《龍素記号 Sb リューイーソウ》存在下で
《黒神龍ブライゼナーガ》を場に出し、複数の呪文をS・バックで唱えます。

このとき、《リューイーソウ》のドローの解決のタイミングは

すべての呪文を唱え終えた後ですか
それとも一枚一枚あいだに処理をはさみますか。
回答1
  • ■投稿者:LasVegasYeah
  • ■投稿日:2015/03/25
  • ■事務局確認日:2015/03/25
すべての呪文を唱え終えた後です。

《黒神龍ブライゼナーガ》の能力解決中に複数のS・バックが処理されているので
その能力解決中に他の能力は割り込めません。

したがって、《龍素記号 Sb リューイーソウ》によるドローは後からまとめて処理されます。

回答者6 (正式回答)
操作
関連
質問同時にブレイクされた盾の中身が、ストライクバック能力のカードと、そのカードと同じ文明のカードAでした。
カードAを墓地に置くことでストライクバック能力を使えますか?
回答3
  • ■投稿者:黍団子
  • ■投稿日:2013/07/29
  • ■事務局確認日:2013/07/29
使えます。

効果により同時にシールドを手札に加えるとき、手札に加える順番は選べます。

回答者4?
操作
関連
質問相手の場にスペル・デルフィンがあって
ブライゼナーガ、マーシャル・クイーンで同時に自分のシールドを手札に加えたときに
シールドの中に<アクア・サーファー>とST呪文がありました
<アクア・サーファー>のcipを先に解決して
スペル・デルフィンを手札に戻して
ST呪文を唱えることが出来ますか?
回答3
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2011/07/08
  • ■事務局確認日:2011/07/08
出来ません。

裁定変更
http://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/basicrule/shield_trigger/

マーシャル・クイーンの効果で
手札に同時に加えられるシールドのSTの解決は
他のカードの効果の解決に対して割り込みます。

STクリーチャーは場に出すまでがSTの効果で

<アクア・サーファー>のcipを先に解決した後に
他のST呪文を使うことはできません。

回答者1
操作
関連
質問ブライゼ・ナーガ、マーシャル・クイーンの効果で
複数同時に手札に入ったシールドの中に
<對魔ベルアルタ>と<パーロックの宝物箱>がありました
STで<對魔ベリアルタ>を場に出して
cip効果の連鎖でクリーチャーを場に出しました
その後<パーロックの宝物箱>を解決した場合
連鎖で出たクリーチャーもドローの対象に出来ますか?
回答2
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2011/07/08
  • ■事務局確認日:2011/07/08
出来ません。

いつのまにか裁定変更
http://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/basicrule/shield_trigger/

マーシャル・クイーンの効果で
手札に同時に加えられるシールドのSTの解決は
他のカードの効果の解決に対して割り込みます。

STクリーチャーは場に出すまでがSTの効果で

<パーロックの宝物箱>を使う場合は
<對魔ベルアルタ>cipより先に
まず解決する必要があります。

回答者1
操作
関連
質問マシャール・クイーンの効果で
複数のシールドを手札に加えたときに
ベルアリタと他のSTがありました
ベルアリタのSTを解決した時に
連鎖で2枚目のマシャール・クイーンが場に出ました

この2枚目のマシャール・クイーンのcip効果と
1枚目のマシャール・クイーンでトリガーした
他のSTの解決の順番は選べますか?
回答2
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2011/07/08
  • ■事務局確認日:2011/07/08
選べません。

裁定変更
http://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/basicrule/shield_trigger/

マーシャル・クイーンの効果で
手札に同時に加えられるシールドのSTの解決は
他のカードの効果の解決に対して割り込みます。

STクリーチャーは場に出すまでがSTの効果で

マシャール・クイーンで手札に加える他のSTは
ベルアリタのcipより先に
まず解決する必要があります。

回答者1
操作
関連
質問自分のシールドは6枚あります。自分は《ピュアガゼルスター》をバトルゾーンに出しました。効果でシールドを1枚見たところ、《黒神龍ブライゼナーガ》でした。
《黒神龍ブライゼナーガ》の効果で5枚のシールドを同時に手札に加える時、シールドトリガーとなるシールドはどの時点で決まりますか?

[向きの状態で決める
⊆蟷イ鬚垢戮童てから決める
その他
回答1
  • ■投稿者:pendant
  • ■投稿日:2011/04/10
  • ■事務局確認日:2011/04/10
その他です。
同時にシールドを加えられた場合、一つだけシールドトリガーが使えます。
今回は、5枚の中から全てを見てその中の一つをシールドトリガーとして使ってください。

回答者5
操作
関連
質問事前に星龍の記憶を唱えておき、ブライゼナーガを召喚しました。
そのときのシールドのカードはスカイソードと城カードでした。
スカイソードを先にバトルゾーンに出した後、スカイソードで増えたシールドの上に城カードを重ねることは出来ますか?
回答2
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2010/12/27
  • ■事務局確認日:2010/12/27
裁定変更です

城カードも何らかの効果で
シールド・トリガー化している場合は
コストを払わず他のシールドを要塞化できます

回答者4
操作
関連
質問自分のマナに光のブロッカーがあるとき、同時にブレイクされた盾の中身がヘブンズゲートと魔天降臨でした、魔天降臨を先に解決する場合どうなりますか?
考えられるパターンは以下の例など。

A)魔天降臨を使用中はヘブンズが待機状態、残りの盾を手札に加えた後で手札を全てマナに置き、元々マナだったカードを手札に、その中の光のブロッカーをヘブンズの効果でバトルゾーンに。
B)魔天降臨を使用するタイミングで残りの盾も手札扱いなので、ヘブンズはST能力を発動させる前にマナに。
C)魔天降臨を使用するタイミングで手札扱いのヘブンズをマナに、しかしST能力自体はトリガーしているのでマナにヘブンズをおいたまま光のブロッカーをヘブンズの効果でバトルゾーンに。
D)その他。


ごちゃごちゃしてますが、なんとなくおかしな処理になりそうなのはわかりますよね?(´-`).。oO
回答6
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2010/11/03
  • ■事務局確認日:2010/11/03
B)です。

裁定変更はありません。

同時にブレイクされた複数のシールドは
同時に手札に入ります
STが複数あった場合
複数同時にトリガーしますが
魔天光臨を先に使った場合
残りのSTはマナに行く為
マナからは解決できないため使えません

回答者5
http://dmvault.ath.cx/matome/9.html
操作
関連
質問シールドプラス、ブライゼナーガ、憎悪と怒りの獄門(エターナル・ゲート)などのカードの効果で、STが2枚以上合った場合の正しい処理方法を教えてください。
盾を全て確認した後の処理順として、正しいものはどれですか?

A)盾を好きな順番で手札に加えつつ、その都度STを解決する。
B)盾の中のST以外を全てまず手札に加え、残ったSTを好きな順序で解決する。
C)盾の中のSTを1まいずつ相手に見せ好きな順序で解決し、最後に残った盾を手札に加える。
D)盾の中のSTを全て相手に見せ好きな順序で解決し、最後に残った盾を手札に加える。
E)盾の中のSTを1まいずつ相手に見せ好きな順序で解決する、その間残りの盾は盾として扱う。
F)盾の中のSTを1まいずつ相手に見せ好きな順序で解決する、その間残りの盾は手札として扱う。
G)その他。

対戦ルームでは主に『A』の順で処理されているようですが、なんとなく気になっていたのでシールドプラス能力の追加にあわせ確認とって見ました。

以下補足質問が続きます。
これらの処理が怪しかったので、システム自体を確認してみた次第です。
http://dmvault.ath.cx/cardfaqs.php?faqId=377
http://dmvault.ath.cx/cardfaqs.php?faqId=378
http://dmvault.ath.cx/cardfaqs.php?faqId=379
回答4
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2010/04/18
  • ■事務局確認日:2010/04/18
G)その他です。

裁定変更です。

同時にブレイクされた複数のシールドは
同時にシールドを離れ
同時に手札に入ります
複数のSTは同時にトリガーして
1枚ずつSTの解決をします
操作
関連
質問デビル・ドレーンはどのようにして使用すればよいのですか?
回答2
  • ■投稿者:デスクルト
  • ■投稿日:2010/01/27
  • ■事務局確認日:2010/01/27
誤解のおきないプレイングとしては

現在の手札を手札1として机に伏せて起きます

シールドゾーンから手札へ加える枚数を宣言します

対象シールドは複数枚が同時にシールドゾーンを離れ
同時に手札に入ります
これを手札2とします


手札2にストライク・バックの効果を持つカードと、
該当文明カードがあった場合、
先にストライク・バックのカードを手札1に戻し、
該当文明カードを手札2から捨てることによって、
ストライク・バックを発動できます

もちろん手札1にストライク・バックカード
手札2に該当文明があった場合も発動できます
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。