スポンサードリンク

陽々さんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 ドクロデルス
 コストがやや重いのが気になりますが、青黒デッキと相性がよく、青ならチェンジザ、エマタイ、サイバー・チューン、イワシン、黒ならムカデ、牙修羅バットなどそれらが使われているデッキに組み入れると面白いのではと思わせるカードです。最近出てきたチェンジザバットと凄く相性が良いのではないでしょうか? (18/11/12)
 闇の花カオスヒマワリ
 相手のクリーチャーを3体除去できるのは強いのですがコストに見合ってません。11コストもかけて出すならばフィニッシャーでなければなりませんが、フィニッシャーに見合う力を持っておらず、このカード専用の構築をするには至りません。また、現状入るデッキも見当たらないので、拠って、このカードに居場所はありません。 (18/11/12)
 パック・リーマン
 色、種族、パワー、能力すべてが強い。能力、種族では明らかにジョラゴンループで使ってくれと言わんばかりだが、除去相手の能力依存なので盤面を返したいだけならデット・ソードの方が遥かに安定する。色、パワーの面からはゲイルナハトに組み込み易いが、コイツが出せる時点でゲイルナハトが出ている盤面だと思うので微妙。総じてジョラゴン、ゲイルナハトデッキには雑に入れても強いが、入れるかどうかは趣味。 (18/11/12)
 不夜城艦 クランヴィア
 ゾグジグス、ギ・ルーギリンなどと相性が良いので水魔道具デッキ強化カードかと。そのか博打でデリート打てる可能性があるのは強いですね。しかし、実用性があるかどうかは疑問なので、この評価で。 (18/11/12)
 堕呪 ギャプドゥ
 スーパー・S・トリガーが超強い。ただS・トリガーとしては弱すぎる。ブライゼシュートに入れたら強い場面もあるかもねという程度。 (18/11/09)
 ドンド・ラフーイ/ネオン・ジオング
 父なる大地の変形ツインパクト版かな。クリーチャー面はアークティック・ハッチャーやスペリオル・シルキードと組み合わせると打点も残せるし、無月の門使いを除去するのに便利。呪文面は一見マッハファイターで良いと思いがちだが「バトルさせる」はブロッカーで反応できないしデンジャデオンメタとしても使えるので悪くはない。 (18/11/09)
 堕魔 ヴォジャワ
 黒単デ・スザークデッキに入れるには同コスト帯にヴォガイガやヴォーミラが居て居場所がない。魔道具が回収できるという点では、これからの青の魔道具次第。現状の青の魔道具はサッヴァークをメタりたいならウキドゥを2枚程度入れるかなというレベル。これからが楽しみな1枚ではある。 (18/11/05)
 青守銀 ダンケ
 うーん、使い勝手が難しい。メタリカだと同コスト帯には同じブロッカーで能力モリモリのマルハヴァンが居るし、現環境では6コストというとフィニッシャーかフィニッシャーを直接アシストできる存在でなければデッキに入れる価値さえ無いので、そう考えるとデッキに入れるのは相当厳しい。カリバーと若干のシナジーはあるが6コストクリーチャーのスペックではない。 (18/11/05)
 ゴゴゴ“Z-滅”ドライブ
 G.G.Gとして使って初めて生きる1枚なのでS・トリガーとしては腐る。G.G.G自体は達成しやすい条件だしコストも低いので小さいGWDとして使うのが良いのだけど、だったらGWDの方が使い易いじゃんって話にしかならないかも。 (18/11/05)
 禁断の轟速 レッドゾーンX
 ブラックアウトと一緒に居ると卍を完全に封じられるので環境にデ・スザークが多い場合は大活躍する。特に現環境はコマンドが少なくなって来ているのでフィニッシャー1体が封印されるとほぼ終わるようなデッキには悪魔のような存在。 (18/11/04)
 I am
 昨晩の2ブロック構築でI amが優勝している…確かに最速4ターンでループに入れますが、実際そこまで速く入れないのでI amループはそこまで強くないと思うのですが…タスリク出されるとそれだけで詰むし。環境ですかね。 (18/11/02)
◎ 良調整の良いカードだと思います。ムートピアでは唯一無二のフィニッシャー。 (18/07/25)
 ハピネス・ベル
 よくお世話になっているので双極篇の再録嬉しいです。 (18/11/02)
◎ 裁きの紋章の回収や盾落ちしているクリーチャー、呪文の回収に役立つ。絶十やサッヴァーク、アミダナスカなど盾をトリガーとするクリーチャーと相性が良い。 (18/08/23)
 ハヤテノ裁徒
 双極篇に参入して来ましたね。次年度の2ブロックで活躍するかもしれず期待を込めて評価上げ。 (18/11/02)
▲ 色が悪い。効果は文明を問わず有効なので弱くはないが、光だと天門、龍印ぐらいか。一時期デッキに組み込んで回してみたが、同コスト帯は出すべきカードが多く有効に使えない。これはラブエルフィンにも言えることだが、強い呪文が多い水文明で上手く使えれば良いのだが。 (18/08/08)
 ジョット・ガン・ジョラゴン
 確かにループできなければドギ剣や轟轟轟ほどの速度はないのでそこまで嫌じゃない。ループしなくてもOTKを決められるという理不尽はあるが、STで反撃ということも出来ないレベルでもない。ただ本当にループにデットソードとか入っていると、ループをただ見ているだけじゃなくて、自分の盤面が反撃不可能なほど壊滅させられてしまうのに付き合いつつ、相手のループを見つめていなければならないという理不尽さは目に余る。ただGP7thで証明された様に、それでもジョーカーズは上位に食い込めなかったので規制されることはないでしょう… (18/11/02)
◎ ジョラゴン・ビッグ・1の効果が強いし何より楽しい。組み合わせ次第で逆転できるクラスの能力なので、これだけで入れておく価値あり。 (18/08/06)
 「拳」の頂 デシブコ・グーチーパ
 評価上げ。ゲイルナハト型にシャコの代わりに入れると意外に強い。ゲイルナハトの獣展開中だと1コストで4体並べられるとほぼ負けなので実はガチカードだった。しかし、個人的にはシャコの方が確実に思えるので人の嗜好に拠るところが大きいかなとは思う。 (18/11/02)
▲ ジャンケンでエクストラウィンかあ。最近の環境は早いので11マナ貯めている時間はない。ゼニスクラッチで召喚して、勝負ってとこかな… (18/10/01)
 ラ・トビ・トール/ケンドリック・ハーヴェスト
 コンダマの登場で評価が変わるかもしれないカード。 (18/10/31)
▲ クリーチャー面はほぼバニラなので、いかに自壊させてラストバーストを発動させて呪文面をうまく使うかがキー。それが上手くいくなら、けっこう強い。マッハファイターだったら神だった。 (18/09/16)
 イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ
 もともとラパダイスで拾えるパワー12000以上のフェアリーライフということで評価が高かったし、スタートデッキにしか入ってないのでそれなりに高騰した時期があったが、コンダマの登場で大きな注目を浴びそうな感じ… (18/10/31)
 レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ
 ↓なるほど、失礼しました。トレジャーマップというより、ツインパクト版未来設計図ですね。 (18/10/31)
▲ ええ…クリーチャー面はゼノゼミツの劣化版に、呪文面はトレジャーマップの劣化版…カードが1枚に圧縮できる点は評価できますが劣化しすぎです。しかし、これはアレですか?コンダマやミノガミの強化用カードということですか?それなら分かります。そうでなかったら最低の評価です。 (18/10/31)
 オラオラ・ジョーカーズ
 3マナで1マナ加速して手札交換…メイプル超もみ人と迷うとこですね。ヤッタレマンが出てなければ、こちらの方がお得ですが、ただジョランゴン型にしてもガンバトラー型にしてもジョーカーズの数を並べるのが序盤の作業なので、採用はなかなか難しいかも。緑単ジョーカーズならこちらの方が良いのかな。 (18/10/31)
 ラドン・ベップバーン
 新しいタイプのコスト踏み倒しメタが出てきましたね。ゼニスクラッチで出たゼニスやG.ゼロのマノミやアワンデス(I amループは死にますね…)など召喚扱いであっても、マナをタップしていないクリーチャーは場に出られないことになります。しかし、緑ジョーカーズに強力なメタが登場とは喜ばしいことです。しかも、疑似ガードマンなので、グランセクトのような強力なパワーを持つクリーチャーから味方を守り切れる強さ。そういう二面的なメタを持っていることから、早出しできれば、ちょっと壊れな強さを発揮できそうです。 (18/10/31)
 煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース
 天門で出す強烈なドローソースですね。次の2ブロでサッヴァークDGが居なくなるので、その代替をモロに意識しているカード。しかし、現状だとダイヤモン将でドローソースは事足りているので、1枚入れるかどうかってところ。 (18/10/31)
 シュトルム・シェキナー
 単体だとほとんど同性能のゼノゼミツ方が汎用性が高く使いやすい。このカードの真の強さはバトルゾーンにメッサー・シュミットがいた時に、このカードの効果をメッサー・シュミットに適用することにある。それによって相手の盤面をパワー16000で二面除去できる。ドローも2枚付きで良いのだが、メッサー・シュミットが盤面にいることが前提って…それならゼノゼミツで良いです…二面除去が良いならエウル・ブッカで。 (18/10/31)
 英知と追撃の宝剣
 殿堂しても強過ぎるのでプレ殿が相応しい1枚。ハンデス、ランデスの類はフェアプレーからは遥か遠い行為なので、やり過ぎは友達なくします。ガチ以外では決して使ってはならないカード。 (18/10/30)
 天使と悪魔の墳墓
 マナ加速出来ない色の天敵。ガチ(CS)以外で絶対使うべきでないカード。 (18/10/30)
 守護炎龍レヴィヤ・ターン
 バスターからこいつ、こいつからマグナム出してST獣止めるのも良し、若しくはクロック出して踏み倒しメタを潜り抜けるも良し、またはゴーゴージゴッチでバルチュリス探すも良しという何でも屋。バスターの使い走りで小バスターと言える性能。 (18/10/30)
 ロスト・ソウル
 メタり合い対面で使うと形勢逆転の一手となる。1枚だけ入れておくのも良い。タイガニトロ、ラビリピト、解体人形ジェニーなどより使い手の良し悪しが問われる1枚。性能は最強クラスだが、不思議と嫌がらせ感がない。タイガニトロやジェニーのようなしつこいハンデスではないからかな…?こいつが殿堂行くとしたらニトロ、ジェニーの方が先じゃないとおかしい。 (18/10/30)
 勝利宣言 鬼丸「覇」
 バルガ龍幻郷で再録されたあとから、チラホラ地雷のように出てくる。個人的にはバトルゾーンに出ただけで投了する。VANとかドラゴ大王、完全不明もそうだけど、出ただけで投了させるようなレベルのカードはゲームバランスを著しく壊しているので、きちんとそこは修正かけていこうよ(プレ殿しようよ)と思う。殿堂では不十分です。 (18/10/29)
◎ バルガ龍幻郷デッキの代表はコイツなのか… (18/07/28)
 超煌ノ裁キ ダイヤモン将
 かなり強い。ドローソースが少なかった光では神のような存在であるとともに、裁きの紋章持ちとしては初のクリーチャーで、しかもメタリカ持ちなのでクリスタなどの軽減効果を受けられつつ場に出られ、出た後は呪文を唱えるコストの軽減に回り、さらに破壊された後もドローソースとして活躍するという、いままでのメタリカでは有り得なかった獅子奮迅ぶりなカード。サッヴァークDG、サッヴァーク、サッヴァーク†と超絶親和性が高いので、多くの人が使うことになるであろうカード。 (18/10/29)
 カワモリデン/リーフストーム・トラップ
 たった3コストのクリーチャーが毎ターン2面除去していけるのは強い。ただし、こちら側のクリーチャーも除去対象に入っているが、さきの「アークティック・ハッチャー」の疑似セイバー能力と組み合わせると、相手の盤面だけ壊滅させることができるので、小型をたくさん並べてくるジョーカーズやデ・スザークには悪魔のような存在。 (18/10/29)
 アークティック・ハッチャー
 Q.Q.QX強化のつもりなのかな?これだとラルド・ワースピダーの方が遥かに使い勝手が良く、アークティック・ハッチャーだと2ターン目に登場するQ.Q.QXを守れない。ただ、セイバーとしての能力は高く、守ったあともタップするだけというのはかなり強い。だとすると誰を守るんだっけ?ということでこの評価。 (18/10/29)
 コンダマ/魂フエミドロ
 クリーチャー面も呪文面も完璧。特にクリーチャー面はループに使えそう。セイレーン・コンチェルトの強化版のような存在。ちょっと壊れかもしれない。 (18/10/29)
 勝利龍装 クラッシュ”覇道”
 元祖の鬼丸ほどではないですけど相当壊れですよね…こんなのがたった3マナで飛んできて「エクストラターンいただきます」ってダメでしょw 殿堂入りが相応しい1枚ではありますが、次の殿堂入りはドギ剣なので、殿堂入りするとなるとまだ先ですね。 (18/10/27)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク