ワタグチさんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 死神城 XENOM
 これ1枚で、死神デッキに不足していたパワーと手札破壊、相手に後れを取らない展開力をすべて与えてくれます。間違いなく必須カード。 (10/01/22)
 蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド
 オールデリートのような、捨てた手札を利用できるデッキ向け。窮地をひっくり返せる可能性は十分にあると思います。 (09/02/12)
 鬼神装甲クロウ・トドロキ
 このカードを中心に作ったデッキは速攻の劣化になりがち。サポート役として重量級サムライの横に置いた方が活躍できそう。 (09/01/17)
 ハッスル・キャッスル
 シールド・プラスやシールド・フォースが使いやすくなっていい感じ。手札とマナが十分な時に力を発揮するので、採用するなら他のドローソースとの併用でないと役に立たないかも。 (09/01/17)
 福腹人形コダマンマ
 とにかく軽いコストと、キャントリップ感覚で使えるのが長所。《スパイダー・ジュエル》がアタッカーとしてそれなりに活躍していたことを考えると、侮れません。 (08/12/27)
 セイント・キャッスル
 シンプルなテキストのおかげで、城の中では特に扱いやすいのではないかと思います。1体のシノビで2体の攻撃を止めたり、《光陣の使徒ムルムル》でさらなるパワーアップ、G・リンクした《極上神プロディジー》で攻防一体など、組み合わせはいろいろ。 (08/12/27)
 戦極竜ヴァルキリアス・ムサシ
 脱字修正。3枚の手札をキープしながら「戦うのは」〜 (08/12/27)
▲ 最低限必要になるのは進化元2体と、自身を含めた3枚の手札。進化元はともかく、3枚の手札をキープしながらかなり難しいような。成功すればそのターンで勝てそうですが・・・。 (08/12/26)
 土隠の式神センプーン
 マナが溜まっていないうちは使えないので《土隠風の化身》に劣り、逆にマナが十分溜まる頃には《威牙の幻ハンゾウ》に劣る。しっかり計算して構築されたデッキでなければ、活躍できない気がします。 (08/12/26)
 ローズ・キャッスル
 相手限定、しかも重ね出し可能な《魂の裏切りの夜》(MTG)が実戦で使えないはずがない。 (08/12/26)
 海底鬼面城
 使われて分かったことですが(^^;)、スライ構築ならデメリットはほとんど無くなります。  そう考えると低コストの《暴走機械オーバースキル》がビートダウンの後押しをしているのと同じで、もし要塞化したシールドをブレイクされても必ず1枚は手札が増えるという抜け目の無さ。  水文明が主体の高速デッキが現れそうな予感。 (08/12/23)
 龍刃 ヤマト・スピリット
 《バザガベルグ・疾風・ドラゴン》以外のクリーチャーとは組み合わせにくい感じ。 (08/12/17)
 武装剣心シシオウ
 思ったほどじゃなかったなあ・・・。 (08/12/17)
◎ おそらく、今後のサムライデッキには必須カード。 (08/11/15)
 魔光大帝ネロ・グリフィス
 やや後ろ向きな能力ですが、大逆転できる可能性があって素晴らしい。 (08/11/20)
 魔光死聖グレゴリアス
 種族を3つ持っているおかげで、デッキのバリエーションが増えそうです。 (08/11/20)
 魔光騎聖ブラッディ・シャドウ
 呪文が多めのデッキか、《絶望の魔黒ジャックバイパー》を使うゴーストデッキなら、とても頼れるブロッカー。 (08/11/20)
 武装竜鬼ジオゴクトラ
 アーマード・ドラゴン種族の追加は便利かも。アース・ドラゴン種族は多分使わない。 (08/11/15)
 武装竜鬼ボルグゲンパク
 《緑神龍ドルルガン・ムラサメ》+《カラフル・ダンス》のコンボを使う意義が出てきたでは? (08/11/15)
 ボルメテウス・剣誠・ドラゴン
 5枚のサムライを揃えるのは簡単じゃありませんが、G・ゼロで出せればほぼ勝ち。 (08/11/15)
 邪眼皇弟アウグストIII世
 ほぼスーパーデッキ大会用。よっぽどメタが固まっているなら、通常環境でも使えそうですけど。 (08/11/09)
 邪眼皇アレクサンドルIII世
 コストさえなんとかできれば、十分に働いてくれます。《インフェルノ・サイン》で出したいところですね。 (08/11/09)
 リアルとデスの大逆転
 評価ダウン。 (08/10/31)
○ 汎用性は相当低い。まあ、トリガーに期待できるということで。 (07/12/27)
 鎧亜の深淵パラドックス
 何も考えずに評価付けてましたorz (08/10/31)
▲ このサイズが簡単に破壊されるとは思えないので、普通にアタッカーとして使いたい。自らがバウンスされる事を活かして、《怒髪の豪腕》のパワー上昇なんてのも。 (07/12/25)
 光牙忍ハヤブサマル
 どんなデッキにも入れたいぐらい。でもスペースが・・・。 (08/09/26)
 斬隠蒼頭龍バイケン
 《解体人形ジェニー》以外のハンデスを使う気がなくなりそうだ・・・。 (08/09/26)
 土隠風の化身
 バトルする両クリーチャーのパワーに大差が付く事は稀なので、突然の+3000修正は相手に大きなプレッシャーを与えてくれます。 (08/09/26)
 エンペラー・マルコ
 デッキを組み直したらもの凄い活躍しました。評価アップ。 (08/09/23)
▲ なんか文章が一部おかしくなってる・・・。 (08/05/19)
▲ まあ能力に関しては文句無いんですが、5マナの時点でクリーチャーの数を増やさずにターンを終えるのって、ビートダウンででではあまり有効じゃないんです。  終盤に大群で殴りきる時なんかではW・ブレイカー持ちの大型なのが助かりますが、この能力だとそんなデッキを組む気になれなれないんですよね。 (08/05/19)
 魔弾バレット・バイス
 コストは同じでも《スケルトン・バイス》と《デモニック・バイス》の差は結構大きい。これよりかは《ソウル・アドバンテージ》を優先して採用するべきだと思いますが・・・。 (08/09/14)
 斬隠テンサイ・ジャニット
 普通に召喚して進化元にするのが基本。ブースト無しで4マナ溜めるのは速攻に間に合わなかったり、バウンスできる対象が狭いことから、ニンジャ・ストライク目当てで使うのは難しそうです。 (08/09/14)
 天雷獣ピュアホワイト
 文句無いサイズのブロッカーだけど、どうスペースを空けて入れるかが難しい感じです。環境を読み違えると死に札になりかねない。 (08/09/14)
 魔光王機デ・アシス公
 最軽量のナイトというだけでも高評価。 (08/09/14)
 天武の精霊ライトニング・キッド
 対戦の状況と相手のデッキタイプを選ぶので使いにくい場面は少なくないものの、活躍する場面もわりと多い。 (08/08/24)
 ボルバルザーク・紫電・ドラゴン
 コストに見合った活躍はしてくれますが、コスト軽減などで召喚のサポートをしないとやや使いにくい感じ。侍流ジェネレートやクロスギアとのシナジーは期待しない方が無難。 (08/08/24)
 聖霊龍騎セイント・ボルシャック
 評価アップ。このパワーでスピードアタッカーなら十分通用しますね。 (08/08/14)
× こいつのコストがものすごく下がっているような状況って、大抵は敗北する直前だと思うんですが・・・。 (08/07/24)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。