スポンサードリンク

vatchさんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 爆獣ダキテー・ドラグーン
 ティラノドレイクでやっとまともなトリガー獣。3000以下と結構きつめな火力だが、キリノやマチュー、レオポルやどの重要なサポートクリーチャーを焼けるのは嬉しいところ。ナイトビートには是非組み込みたいカード。 (09/03/27)
 爆獣装甲ヴァルアーサー
 多分ナイトビートの核ともいえるカード。速効性の高い進化というのは嬉しいことであり、ナイト進化なのでデモハンなどで破壊されてもヴィルジニアで蘇生できたり。正直4コスト6000のWブレイカー持ちというだけでかなり評価できる。あとは構築次第。 (09/03/27)
 怪魔城 ポチョムキン
 ビートダウンと非常に相性のよい城。殴り返しを少なからず牽制できるし、このカードを割られても最悪そのクリーチャーは破壊できるのでアドバンテージは失ってない。1コストの城なのも高評価であり、オガプーとの相性も抜群。青黒城ビートダウンはひっそりと研究を進めてます。 (09/03/27)
 魔弾 ゴッド・ジェノサイダー
 神化編が出たら何か変わるかもしれないカード。今のところはヘヴィメタルを一気に破壊できるねってだけのカード。インフレが進む中で6コストは流石に重い。せめて5コストなら・・・ (09/03/27)
 大邪眼バルクライ王
 ロマノフ(笑)と最初は馬鹿にしていたが、中々侮れない効果を持つ。ロマノフと違い進化クリーチャーなので速効性があり、パワーも中々高い11000。ただ、ロマノフと違い柔軟性は無く、墓地にダークロードが落ちてないとただのバニラ。そこらへんはデッキビルダーの腕の見せ所でしょう。 (09/03/27)
 海魔城 ティーツー
 星龍の記憶がどんなタイミングでも使えるようになった感じ。ただ、その分コストが重くなったり枚数が限定されたりと記憶とは一長一短。ミルザムベンゾの選択肢が1つ増えたと言うことで。 (09/03/27)
 蒼狼の始祖アマテラス
 今のところ踏み倒しできる裁定らしい。ナイトならバレットバイスやデュアルザンジバル、サムライならザンゲキマッハアーマーと非常に使い勝手が良く、殿堂になる紋章も簡単に唱えることができる。フォースアゲインやマチューなどと組み合わせたアマテラスエンジンなんてデッキも確立した。何にせよトーナメントレベルのデッキに難なく入るぐらいのスペックで、今後良く見かけるかもしれない。 (09/03/27)
 氷牙レジェンダリー・ヴァンガード
 ヴィルジニア卿がさらに使いやすくなった。まず、5コストにしては破格のパワー10000越であり、さらに追加ドロー効果もビートダウンとかみ合った能力である。ヴィルジニアビートとか組んでみたり? (09/03/27)
 天扇 ハタフリ・ハフリーズ
 見た感じは弱いと感じるかもしれないが、意外と使い勝手は良い。アタックしたビワノシンが起き上がって殴り返しを防ぐだけでなくブロッカーもついていざと言うときの守りにも役に立ついわゆる「いぶし銀」な活躍をするカード。ただフル投入はないよねって話。 (09/03/27)
 陰陽の伝道士セイメイ
 なかなか無かったアンタッチャブルアタッカー。ペトローバと組み合わせてビートダウンしてみるのも面白い。呪文を戻すのを防ぐ効果も悪くは無く、デバウラなどが流行っている環境ならピン刺しもいいかもしれない。 (09/03/27)
 ピュアザル
 白侍に高確率で入ってくる実質トリガーブロッカー。ただ、相手プレイヤーを攻撃できないのでアタックトリガーなクロスギアとは組み合わせ難い。ザンゲキマッハアーマーをクロスすると後続がSAとなってどんどんでてくるのはいいかも。 (09/03/27)
 星狼凰マスター・オブ・デスティニー
 まさかのフォトンクロック。ギアを出す能力はあってないようなものだと開き直ればいいかも。フォトンクロック以外にも、デモハンやサインを唱えられたり、意外と使い勝手はいい。あとは進化元を確立できるかどうか。 (09/03/27)
 流牙 シシマイ・ドスファング
 あくまで侍らしい。侍マジック自体は面白い能力であり、一回のジェネレートで2枚並べられるのでそれを利用した面白いサプライズデッキが組めそう。有名どころでボルベルグあたりか。 (09/03/27)
 天牙海聖キング・サプライズ
 あくまでナイト流。手札からどんなナイトマジック呪文でも唱えられるので汎用性は高い・・・とも限らない。むしろ、似たような効果をもっているデスロマノフがあまり使われてないことを考慮すると、このカードも日の目を見ることはあまりないだろう。 (09/03/26)
 超銀河弾 HELL
 かなり評価してるカード。並べられてピンチの時をこれ一枚トップするだけでひっくり返せるぐらいのパワーをもつ。ただし、どんなデッキにでも入るカードかと言えばそうではなく、爆発的なマナブーストをもったデッキでないと発動は難しそう。そういった点では扱うのが難しいカードでもある。 (09/03/26)
 蒼狼スペルギア・ファントム
 1枚当てると2枚分のアドバンテージ。2枚当てると4枚分のアドバンテージと、かなり簡単にアドを稼ぐことができる・・・が両方当てると言うのは結構至難であり、どちらかに特化したデッキでないと使うのは難しいだろう。サムライならマナバウンスしながらアタックできるので、そういったビートダウンを組んでみるのも面白いかも。 (09/03/26)
 暗黒皇グレイテスト・シーザー
 シデン・ギャラクシーとは違い、進化元が非常に緩く、ヴィルジニア卿なんかで意外とあっさり進化できたりする。問題なのはシデン・ギャラクシーと違い、能力を発動するのに下準備が必要だと言うこと。相性がいいカードはドリル・スコールあたりか。 (09/03/26)
 超聖竜シデン・ギャラクシー
 紫電とギャラクシーがそのまま合体したようなカード。進化元が非常に限定されており、出しにくさは天下一品。また、エンジェルコマンドの能力はあまり旨みがなく、使うのなら紫電の能力をメインにしたほうがいいデッキになるだろう。実際、15000のTブレイカー持ちが2回殴ってくることは結構脅威だったりする。 (09/03/26)
 薩摩の超人
 ジャイアントの新しいフィニッシャー。自身がパワー13000とヘヴィメタルに勝てる大きさでありながら、ギャラクシーなどのSFも簡単に解除できるのが強み。進化クリーチャーだったらなおよかったのだが・・・ (09/03/26)
 超銀河剣THE FINAL
 能力は派手。また、リョウマで簡単にクロスできるのも高評価。ただしGブレイカーの使いにくさ、自爆しやすさを考えるととても使いやすいとは言い辛い。ワールドブレイカーなら使い勝手も良く、トーナメントレベルのデッキを組めたかもしれないが・・・ (09/03/26)
 聖霊王エルレヴァイン
 能力は地味ながら中々強力であり、使いやすいエンジェルコマンドも増えたことによって出しやすそうな印象はある。しかし、除去耐性を全く持っておらず出した次のターンにデーモンハンドが飛んでくる始末。また、SFなので青銅なんかにシールドを割られたらそれで能力がなくなるし。どちらかと言えば後半の能力を生かしたデッキを作る羽目になりそう。 (09/03/26)
 獰猛なる大地
 重さはどうあれ、除去と召還が同時に出来るカード。元祖大地が殿堂したので良く見るカードになるかもしれない。先にマナから出すので187クリーチャーの使いまわしは出来ないが、今までの大地が強すぎたって事で。 (08/03/21)
 緑神龍バルガザルムス
 連ドラにつむと手札がたくさん。普通のドラゴン中速ビートにつむとマナがたくさん。バルガゲイザーと違ってはずしてもデメリットは無いので優秀。バルガゲイザーと効果が重複しないっぽいのが残念。 (08/03/21)
 彩強の巨人
 文明ブレイカーは新しいが、いかんせん重過ぎる。また、結果はどうあれバニラに変わりは無いので除去されやすいのも欠点。コストが7ぐらいだったらよく見るカードになってたかもしれないが。 (08/03/21)
 黒神龍ヘヴィ・ケルベロス
 効果を見て分かるが、各種自滅ドラゴンと組むとシナジーがよい。が、普通のヘヴィループに突っ込むならクズトレインのほうが優秀だし、連ドラにつむにはいささかスペックが低い。「自分」のドラゴン限定と言うところも低評価。 (08/03/21)
 蒼神龍ザウム・ポセイダム
 限定版のザウムと同じ効果だが、名前が違うので昔のと合わせて合計8枚積めるらしい。実際には2枚程度でよく、意表をついたフィニッシャーとして活躍。バジュラが殿堂したので進化ドラゴンとしてこのカードが使われる日が来るかも。超神龍のほうとは差別化されるので墳墓とかもかわせるのかな・・・? (08/03/21)
 黙示聖霊ラグナシア
 5色カードをマナゾーンに置くだけでパワー20000。でかいことは決して悪いことではないし、ごり押し力は半端無い。3〜4色でも十分なスペックとなる。 (08/03/21)
 聖鎧亜クイーン・アルカディアス
 キングアルカディアスより素出ししやすい効果なので気軽に出せる。効果が及ぶ範囲は相手だけであり、進化元も多色クリーチャーとだいぶ自由なカードなので元祖アルカディアスよりも使い勝手がよさそう。ヘヴィやオルゼキア、メンドーサなどあいてクリーチャーを破壊できるクリーチャーが増えてきているのでそこをどう封じるかが今後の課題となりそう。 (08/03/21)
 バロン・ゴーヤマ
 野菜デッキがまた強化されました。実質マナは減ってしまいますが安定してカードをサーチできるので野菜には2枚程度さしておくと安定するかも。ゴーヤでゴーヤを持ってくることは不可能なので注意。 (08/03/21)
 地神エメラルド・ファラオ
 まさに5神の基盤的なカード。単体で選ばれないので取り合えず出しておくと後々リンクが楽になる。ただし、このカードをリンクに経由するとどうしても相手のシールドを殴ったときに与えてしまうアドバンテージが大きいのでとどめにリンクして倒す、と言う使い方もありかも。 (08/03/21)
 龍炎凰インフィニティ・フェニックス
 エターナルフェニックスよりしぶとくなって再登場。タップされて無いクリーチャーを攻撃できるので制圧力は抜群。山札に戻る効果は使い方によってはメリットだったりデメリットだったり。 (08/03/21)
 バイオレンス・ヘヴン
 アポカリを優先したいところ。相手のゴッドをつぶすことが出来ないし、ゴッドが強力になってきている現環境ではあまり刺さらないかもしれない。 (08/03/21)
 星龍パーフェクト・アース
 シールドが全てトリガーになるのは色々悪用できそう。しかし、5色必要な割にパワーが低く除去されやすいのが難点。赤単速攻相手に出してもボルカニックアローで焼かれてしまうサイズ。出したターンに色々やってしまうコンボデッキを作るのが一番実用的で面白そう。 (08/03/21)
 ミラクル・ルンバ
 注目の5色カード。単色速攻系はこれが出現しただけで攻撃しづらくなり、2、3色のデッキもこのカードが場に居る限り一斉攻撃で決着をつけることが難しくなった。問題は5色必要なところだが、むしろ紋章で引っ張り出しやすいのでいいかもしれない。除去されたらそこまでだが。 (08/03/21)
 暗黒凰ゼロ・フェニックス
 デスフェニックスの進化元が簡単になったカード。除去されたときの効果も若干変わっていてハンデス効果が弱くなった代わりにランデス効果が付加されており、ますます相手は除去しにくくなった。コントロールよりのデッキを作ってやると活躍するかも。 (08/03/21)
 超聖竜ボルフェウス・ヘヴン
 出すのが難しいですが出した後の効果は強力。武者効果を振り分けられるようになっているため武者の課題であった小さいクリーチャーのビートに押し切られることはなくなりそう。出しにくさを解消できれば強力なカードであることに間違いない。 (08/03/21)
 エンペラー・マルコ
 かつてのリーフスマッシャーの再来を予感させるカード。  3枚ドローの上にWBまでついてるので、リーフスマッシャーにあったパンチ力不足に  悩まさせられることはなさそう。  牙と組み合わせるのがベストか。 (08/03/21)
 森の指揮官コアラ大佐
 結構使いやすいかな、と思ってデッキ組んでみたけど、そうでもない。エンフォーサーなどのロックを抜けれるのが強み。コストパフォーマンス自体は悪くないので○ (07/10/17)
 炎晶バクレツ弾
 効果の目的がハッキリしてて使いやすい。赤でマナ回収ができるようになったのは高評価。焼けるサイズも5000と低くない。というかむしろ高いほう。 (07/10/17)
 母なる大地
 ロマネスクの登場によってただでさえ価値が高いこのカードの需要が高まりました。ただ、一番やって欲しくない事は「ロマネスク強すぎだからこれ殿堂入り」っていうやつ。このカード自体はデッキの柔軟性を高める「強すぎだけどある種のバランスは取れてる」カードなので。ちゃんとテストプレイをしてから世に送り出してください。 (07/09/24)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク