スポンサードリンク

切札勝利さんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン
 デュエル・マスターズにおいて非常に重要なS・トリガーという要素をゲーム2年目から否定しにかかったとんでもない1枚。どれだけ使い勝手のいい派生種に居場所を奪われても、×なんて気軽に付けられはしませんよ。 (18/12/12)
◎ いつになってもこのカードは強いと思う (10/08/16)
 ハサイサク
 コモン+Not5色レインボー+無条件でT・ブレイカーのクリーチャーとしては初でしたが、それだけですね。コモン限定構築でもタケノッコ・タンクでOKになってしまったのでネタカードとして愛でるしかありません。 (18/12/10)
× ディルガベジーダの重さはそのまま、パワーを52%出力にしたグランセクト。彼のデメリットでもある死ぬ時山札に行くせいで墓地から再利用ができないという点も解消された奇跡の1枚です。 (17/09/14)
 水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー
 弾幕で捲れたら唯の999火力にしかなりませんが、呪文面が呪文面なので◎以外の評価が難しい1枚。 (18/11/14)
 封鎖の誓い 玄渦
 どうして墓地→山札の山札回復まで封じるようなことをするのでしょうか… (18/11/14)
 クリスタル・メモリー
 まだ使える。 (18/11/13)
◎ やはりトリガー持ちで何でも見せずに持ってこれるのは強力です。流石に3枚も4枚も積まなくていいとは思いますが。 (11/04/06)
 闇の花カオスヒマワリ
 相手に選ばせてクリーチャーを踏み倒すという点についてはミラクルとミステリーの扉のような魅力を感じました。構築を尖らせることはそこまで大変ではないかと思うのですが、このクリーチャーが真価を発揮する為に相手の盤面にクリーチャーが3体いなければならず、自身も11とかなり重い点がネック。単純に除去要員として突っ込んだほうがいいかも。 (18/11/12)
 メガロ・デストロイト
 無月のような踏み倒し手段もない重いコスト、そのコストに対して踏み倒し範囲がそこまで広くない、パワー5000の1打点、自身が出た時にパワー低下を撒けない…とケチ臭さが目立つ1枚。今後出るカード次第で強化される可能性はありますが、されたところでこういったケチな要素が仇になり大して役に立たないと思います。 (18/11/11)
 堕魔 ヴォジャワ
 堕呪も回収できる魔導具が遂に来ました。ブロッカーもあるので水魔導具を多く扱うデッキならヴォガイガやヴォーミラより需要がありそうですが、肥やしも回収も強制である点には気をつけたいところですね。 (18/11/05)
 闘匠メサイヤ
 彼がブレイクしたSトリガーを使えるのは相手だけのはずですが、「誰も」という面白い文字が入っている1枚。 本題:種族指定の進化獣という難点があるものの、進化の化身など優秀な種が多く、これ自体もトリガーを封じられる大型獣としてそこそこ優秀な1枚です。 (18/11/04)
 コンダマ/魂フエミドロ
 ブーストの条件が緩い上に自身もツインパクト+クリーチャー面もかなり優秀という恐ろしい1枚。ツインパクトがオーラヴァイン/ミステリー・ブレスのような両面控えめな性能ばかりなら良かったのですが、現実は両面優秀なカードが多く…ツインパクト推しが終わって露骨なメタカードが刷られる時代になるまで大活躍し続けそうです。 (18/11/01)
 煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース
 クリーチャー面だけ見ると▲~○程度ですが腐らないグローリースノーというだけで優秀です。 (18/10/31)
 堕魔 ジグス★ガルビ
 水魔導具が多いと打点が不足気味になったりするので、ただのWブレイカーでも呼び出せると有り難い存在だったりします。 (18/10/29)
 リーフストーム・トラップ
 5枚目以降の…としては少々厳しく感じます。ただ、デンジャーと組むとデメリットを軽減できるので軽量除去として5枚目以降の採用をすることも無くはないかなと。 (18/10/28)
◎ やや集めにくいがとても強いカード。デッドリー・ラブとは違い自分のクリーチャーが居なくても使えるのが心強いです。 (10/08/16)
 龍幻のトラップ・スパーク
 8という重さからトリガー呪文の中では手打ちしにくいカードですが、真・ダママ団の聖護Go!とも言える防御力は魅力的です。ついついドラゴンが多い構築で採用したくなりますが、ドラゴンが少ない構築で採用していても十分に仕事をしてくれることが多かったです。 (18/10/26)
 精撃の使徒アリッサ
 転生編では非進化エンジェル・コマンドの収録数も少ない上に、当時のエンジェル・コマンド自体が5コスト以上の巣窟といえる種族。アルファディオスやエルフェウスの軽量進化元として昔は世話になったのですが、近年は4コストの種が充実したのでもう厳しいですね。 (18/10/25)
 E-GO55
 久しぶりに出てきたシロガシラ強化カード。かつてキリューが数枚積まれたようなデッキタイプでは十分代用品として使っていけると思います。コマンド持ちもいいですね (18/10/23)
 ふでがき師匠/一筆奏上!
 自爆特攻ブーストでもいいのですが、できれば3000のクリーチャーを除去してブーストしたいところですね。幸いにも3000にはマナブーストの宿敵であるキクチ師範代&カレイコがいるのでそこを討ち取りつつブーストできる点は嬉しい。一方、ブースト自体がやや不安定なこと、相討ちを狙える相手が他にはポクチンちんなどあまり範囲が広くないこと(クロックやハヤブサマルなどもいますが、ブーストが欲しいタイミングで場にいることは少ないでしょう。)、相手によっては自爆特攻ブーストすらできない可能性があることなどから、ジョーカーズデッキでも採用できるか否かは構築と環境に大きく依存しそうです。 (18/10/23)
 強奪者 テラフォーム
 やや重いものの、やはり盤面にいたら便利な1枚。ターンはじめ+轟轟轟の何気ない1ドローで7マナに届いてサイゾウミストで遅延できた時は楽しかったです。 (18/10/22)
 卍 ギ・ルーギリン 卍/卍獄ブレイン
 ガリュザーク以外の無月が使いにくかった水魔導具にとっては朗報とも言える1枚 (18/10/18)
 バイス・サイクロン
 サイクロンは重いカードが多くて全体的に使いにくいのですが、これだけは未だに使えなくはない1枚だと思います。 (18/10/17)
 封魔ラベリーズ
 好きなカードではありますし、能力的な差異もしっかりとあるのですが、如何せんゴクガロイザーのスペックが高く、一々クリーチャーを出さなければならないこちらを優先したいと思うことが無くなってしまいました。 (18/10/17)
◎ 軽いわけでも除去に強いわけでもないがあらゆる呪文がサイクロンを得るのは凶悪 (11/02/10)
 リキッド・スコープ
 クロック6枚などを看破しやすくなるので便利 本題:得られる情報は多いのですが、いかんせんいつの時代もデッキスペースを割く余裕がない1枚。近年の環境だと4マナのカードを使えるタイミングで即座にアドバンテージを稼げないこのカードは更に優先度が低くなります… (18/10/17)
 ピーカプのドライバー
 今どきこんなものを採用する速攻デッキは稀ですが、ブロッカーならパワーに関係なくなんでも葬れる2マナ獣という点はやはり魅力的。ゼノメノンのデッキを組む上では非常に頼もしいゼノパーツです。 (18/10/15)
 ノーブル・エンフォーサー
 昔はマリエルエンフォーサーにかなり苦しめられました。速攻対策としてもかなり優秀だったのですがもはや昔の話…なんらかの形でリメイクされてほしいものです。 (18/10/15)
 スーパーしりとりガー
 評価ミス (18/10/14)
▲ 非常にユニークな効果を持っていて面白いです。面白いのですが、肝心の面白い部分がSST限定の効果で狙った発動が難しく、せっかくSSTを使えても腐ってしまえばそこでおしまいです。手札交換のcipとSSTの除去も特に噛み合っていないあたりももう少し捻りようがあったのでは?と思えます。単なるネタカードとして終わってしまいそう。 (18/10/14)
 エイエイオー
 遂に出てしまったGホーガンを出せる連鎖持ち。可能性の塊です。 (18/10/14)
 ガード・グリップ
 単体では全然強くないコンボ前提のカードなのですが、相変わらず便利な1枚です。 (18/10/12)
 堕呪 ウキドゥ
 単純に相手の操作した盾を交換させつつ手札をキープできる呪文魔導具として使っても優秀ですが、AQCで盾に送られたドルスザク+魔導具の救出に使ったりすることもできる中々器用な子です。 (18/10/11)
 五連の精霊オファニス
 5文明のクリーチャーではなく5文明のカードをG0条件としているところが素晴らしい。世界最後の日やD2フィールドの文明も参照できるところは地味ながらもありがたいポイントです。 (18/10/10)
◎ ディアボロスとオファニスが居るときにヘヴィやオルゼキアを出すとそのまま回収して再利用できますね。相手のディアボロスを利用して踏み倒すのは…どうだろう? (11/03/13)
◎ 今は多色デッキ増えたので五色でなくても出せてしまったり。悪いカードではないと思います (10/08/12)
○ なんか期待できる (08/02/24)
▲ 全色ならもっと別のがいますよw (08/01/24)
 煉獄陣
 墓地回収としてはライバルが増え続けているのですが、ストライクバックという他には無い圧倒的な個性があるので今後も合うデッキには使っていける1枚だと思います。 (18/10/06)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク