スポンサードリンク

ororo066さんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏
 まだ使っていないから何とも言えませんが、コダマンマ→この子→バクロと順番に出して殴らせると打点が過剰になりすぎてしまうのではないかと思ったりもする。革命の鉄拳や百鬼の邪王門でめくれると嬉しいド派手なサイズとあって無いようなデメリット、専用でデッキを組む価値はあるかも。 (20/09/20)
 偽りの星夜 ブラック・オブ・ライオネル
 ドルマゲドンのデッキに1枚挿しておくと面白い子。盾追加の強さももちろんあるが、ダイレクトアタックに必要な打点を1つでも減らせる消却効果が地味に強い。 (20/09/20)
 勝熱龍 モモキング
 ラビリピトと組み合わせて運用すると最速4ターンでオールハンデス+マッハファイター2回分(うち1回は1ドロー付き)という性能を発揮するので英雄との差別化ができる。それ以外だと基本的には英雄のほうのモモキングで事足りるのでこの評価。 (20/09/03)
 勝熱英雄 モモキング
 単体である程度完結した能力なのでこの子をメインにいろいろなデッキパターンを作れるのが楽しい。ウマキン☆プロジェクトの値段等でいろいろ文句を言われていますが、シータモモキングというデッキコンセプトはここ最近で1番デュエマらしい動きをするカッコいいものだと思ってる。 (20/09/03)
◎ キリフダッシュ専用で組むのも面白そうだし、ドラゴンを活かしてモルネクと合わせて過剰な打点を生み出したりできるのも面白い。今まで以上に「殴って勝つぜ」感のあるデザインは主人公らしさがあって良いですね。 (20/03/31)
 絶望と反魂と滅殺の決断
 正直今のカードってどれも殿堂入りしてもおかしくないくらいハイスペックだから逆に予想できない。最終的に殿堂入りを決定するのは開発者たちなので消費者がワーワー言っても仕方ないんですけどね。  本題:汎用性の高さで言えば決断サイクルで1、2を争う。蘇生ももちろん強いけど、相手へ干渉する効果の2つともがとにかく強力。 (20/08/31)
◎ 惜しいですね、パワー低下が一番上に書かれていればU・S・A・BRELLAを除去しつつ踏み倒しがおこなえたんですが・・・。  本題:ちょっと値が張りますが黒魔導具や黒オーラ、その他墓地を使うデッキに1~2枚入れておくだけでもそこそこ便利です。 (20/02/21)
 天災 デドダム
 いまだに色が合うなら雑に4積みしてもいいくらい汎用性の高いカードではあるが、今回のクロニクルデッキの低コスト龍覇たちの凶悪さと比べたらなんか可愛く見えてきた(感覚マヒ) (20/08/31)
◎ 3ターン目に出そうとするとマナの置き方に注意が必要になるけど、それにしたって強いことしか書いてない。各種侵略者との相性はもちろん、個人的にはΛの進化元にも使ってみたいなと思ってる。 (19/07/26)
 ヘブンズ・フォース
 選択肢が豊富なこの手のカードは出せる強いクリーチャーが増えるたびにヤバいと言われる。今回ばかりは見逃してもらえないかもしれませんね。 (20/08/31)
◎ 4コスト以下のクリーチャーも前以上にハイスペックになりつつあり、それらを2ターン目に出せるこのカードはこれからも活躍が期待できる。言い換えれば今後のカードプールの増加と活躍のしかた次第では規制を受ける可能性もありうる。 (18/08/14)
 「陰陽」の鬼 ヨミノ晴明
 鬼タイム中かつ相手のターン中に出すことができれば返しのターンの反撃が強そう。次回登場する呪文、百鬼の邪王門と相性が良いのではないかと思うので今のうちに何枚か集めておこうかな。 (20/08/31)
 メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ
 普通に決定力の高い純粋な良フィニッシャーだと思う。今後のサポートも期待したい。 (20/08/22)
 ウマキン☆プロジェクト
 ミッツァイルマスターズやドッカンマスターズのせいで感覚がマヒしていたのもあるが、こういう堅実な強さが多くのプレイヤーから求められるんだなと値段の跳ね上がり具合を見て思います。 (20/08/22)
 ガワラ入道
 使って初めてわかる地味な強さ。こういうのもある意味では「良カード」なのかもしれません。 (20/08/13)
 鬼寄せの術
 この呪文を既存のデッキコンセプトのメインに据えると多色であるデメリット等を含めて微妙だと感じることが多かったが、補助的な役割で採用する鬼タイムのデッキでは全くそれを感じなかった。鬼タイム中のジャオウガに使うと実質1コストしか軽減できませんが、場合によってはそれが有用なこともあったので鬼タイムの構築によっては積み得なカードかもしれません。 (20/08/13)
 キズグイ変怪
 例えるならば「鬼札王国のクゥリャン」。鬼札王国のデッキを組む上では必ず選択肢となる欠かせない存在です。 (20/08/13)
 「非道」の鬼 ゴウケン齋
 実際に使ってみた感想ですが、何よりも除去耐性が想像の3倍くらい強かった。相手のクリーチャーの動きを制限しつつ鬼ヶ覇王ジャオウガと合わせてフィニッシュを狙うのがシンプルに強い。 (20/08/13)
 希望のジョー星
 入るデッキが限られるというデメリットがあるとはいえ、やっぱりこのカードは少々やりすぎ感がある。「強い」ではなく「壊れ」・・・と表現するのもなんか違うような、上手く言い表せない変なカード。 (20/08/09)
◎ ↓そうなんですね、ご指摘ありがとうございます。仰る通り裁定についてはしっかりと調べてから使うように心掛ける必要がありそうです。 (20/07/04)
◎ 「テキスト内のコストも色を失う」から革命チェンジ等は大丈夫かもしれませんね。いちいちややこしいテキストだなぁ・・・。 (20/07/04)
◎ まだ詳しい裁定はわからないけどパッと思いついた止まるギミックは革命チェンジ、侵略、マナドライブ、文明を指定する踏み倒し(サイキック、ドラグハート含む)・・・ゲームに与える影響デカすぎない? (20/07/04)
 追憶人形ラビリピト
 初登場からガ・リュザークの登場にかけて殿堂入り待ったなしとあちこちで言われていたはずなのに、そんな声がかき消されるくらい周りが強くなっているんだなと思ってしまうときがある。もちろん今でもハマれば凶悪。 (20/08/09)
◎ 魔導具のデッキの強さの半分以上がこの子のオールハンデスだと思うの。 (18/12/05)
◎ 卍デ・スザーク卍立てるついでにロストソウルが打てるようになる4コストのクリーチャーとか素人の目線で見ても調整不足ではないかと思ってしまう。というか最近そう思ってしまうカードがあまりにも多くてかえって面白い(滑稽とも言えるか) (18/03/14)
 裏斬隠 フォクシット
 今までにありそうでなかった攻撃寄りなシノビ。キリフダッシュとの相性の良さと、イラストのアドバンテージの高さからこの評価。 (20/08/09)
 鬼ヶ鬼 ジャオウガ
 使う場面は少し限定的かもですが、ゲドウ権現で敗北回避した返しにこの子を出してゲドウ権現を再度場に出せたりできるので覇王のジャオウガとは少し異なるダメ押し性能があります。 (20/07/09)
 「是空」の鬼 ゲドウ権現
 鬼タイムという条件があるとはいえ2コストでこのサイズのスピードアタッカーが投げられるのはかなり強い。ギリギリの攻防においては1度限りの敗北回避でもかなり重要になってくる。 (20/07/09)
 龍世界 〜龍の降臨する地〜
 メンデルスゾーンの邪魔にならないフィールドってだけで大きな個性だけどコレに特化させた構築にするのは難易度が高そう。 (20/07/04)
 神秘の石柱
 類似品は過去にもいくつかあったかもしれないけど墓地に置けるカードの選択肢が多いところや、スペースチャージ等を使う際に置かれるマナの数が多いところなんかは代替えの効かない面白いカードじゃないかと思う。 (20/07/03)
 邪狩!不死樹MAX
 飛び抜けて強いという訳ではないけど、黒緑の2色でSTの付いた使い勝手の良いブーストカードは案外少なかったのでそれなりに需要はあると思う。 (20/07/03)
 DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜
 メタ対象のデッキに出したら種デスティニーとか低コストのカードで簡単に退かされる未来が見えるものの書いていること自体は優秀であり、環境とか見て積極的に採用を検討できるくらいのスペックはあると思う。ハイスペックなメタカードの登場を快く思わない人も少なくないけどオニカマス等の相手のみ縛るカードよりは印象が良く見える。 (20/07/03)
 ブラキオ龍樹
 これは誰もが見てわかるフィニッシャー。ドラゴン、ジャイアント、フシギバース等ひと工夫で早期着地もできて強そうです。 (20/06/29)
 マテン龍樹
 なんかすっごい面白いこと書いてるけど使いこなすのは難しそうな印象。深く考えないなら事前に墓地を肥やしてドルツヴァイみたいに超ターボとか? (20/06/29)
 熱き侵略 レッドゾーンZ
 バイク強化が露骨になってきたここ数年でしたが、ついにバイクというデッキが「規制がかかってしまうくらい強くなった」ということだと前向きにとらえておきます。今度のレッドギラゾーンの存在も大きいかもですけどね。 (20/06/25)
◎ 登場当時のことは詳しくないけど、盾を焼いてSTをケアしながら殴ってくる速攻という点ではかなり害悪なカードだったんだなと・・・。今の赤白轟轟轟に見慣れたせいかこの子が良カードに見えてしまいますね。 (19/04/23)
 腐敗勇騎ドルマークス
 たぶん開発者たちは「即死型高速ループ」よりも「遅延型ロックループ」を重く見ているのかなと思いますね。1枚挿しておく分には手堅い除去札として今後も使い道はあると思います。 (20/06/25)
 怨念怪人ギャスカ
 「用途が見つかればどんなカードでも使い道がある」ことを教えてくれた1枚。でも流石に2ターン目のワールドブレイクはゲーム的にアレなのでこの措置は仕方ないのかな。2ターンキルの確率が落ちただけで、ラピス・ラズリもいるから面白いデッキのコンセプトはそのまま楽しめるのではと思います。 (20/06/25)
 MEGATOON・ドッカンデイヤー
 核となるヨミジとマリゴルドが取り上げられたから以前のような理不尽さは無くなると思いますが、大量展開ができること自体が強力なので規制に関しては妥当な判断だと思います。 (20/06/25)
◎ この子だけの話ではないけど、GRというシステムそのものが大が付くほどの失敗だったのではないかと思ってる。ゲームバランスはもちろん、高レアリティGRクリの封入率の設定とか、複数デッキを所持する際の管理のめんどくささとかあらゆる面で。 (20/06/11)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク