スポンサードリンク

LAβさんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 天海の精霊シリウス
 転生スイッチでアルファディオスとマリッジ降臨されて白目向きました。身近な友の天門はみんな星龍型暴発ミルザムだったので、こんな簡単なコンボに今の今まで気づかなかった自分が恥ずかしい。今思えば、天門で踏み倒せるコスト11以上のクリーチャーってアルドラ、ゼブンイレブン、こいつの3体しかいないんですね。スイッチ一本狙いだと下手に殴らない分アルドラに部がありそうですが、自分好みにカスタマイズ使用と思うとクセのないこいつにやっぱり戻ってきます。使用頻度的にも○にしておきます。 (15/09/12)
 大勇者「密林の剣」
 評価は使用頻度や汎用性もあるようなので評価下げ。今思えば、このカードが使える日が来るとは・・・友人にも頭下げです (14/10/21)
○ サソリスボアロクスでサソリスに進化し、攻撃時また展開という流れがとても強いです。単体能力こそ劣りますが自然単SAはとても有力ですし、地味に加速が生きますね。ちなみに少々ネタ気味ですが、マナ色付加クリーチャーがいれば、一気に究極進化までもっていけます。まあサンシャインNEXしかいませんが。 (14/10/21)
 龍覇 イメン=ブーゴ
 今思えば、ボアロックスで進化を載せれば攻撃時また展開できますね。これはΛ大歓喜じゃないでしょうか。中速Λ・・・強いし楽しそうです。 (14/10/21)
◎ シューゲは色的にコントロールデッキを作りにくく、どうしても攻撃的な脳筋になってしまいます(その分その攻撃力はすさまじいですが)。その点、このカードは緑という優秀な色を持っているので、コントロール面だけならシューゲよりはるかに上です。ライフのマナ基盤になったり、ドン吸いに反応したりで、さまざまなデッキへの投入が見込めそうですね。その分需要も高そうです。あと地味にΛも乗せれるので、今まで相方がいなかった(デッキの第二の軸がなかった的な意味で)Λビートに人風入れてくれるかもしれません。手に入れたらΛ練りたいですね。 (14/10/21)
 血風神官フンヌー
 スペックは今でも見劣りしませんが、色がなんやかんやで使いにくい子。でも新しいフォートレスやヘレンで日の目が当たりそうです。特に新しいフォートレスは墓地から組成できらしく、自滅効果もヘレンとシナジーするので、割と普通に強いカードになってきたのではないでしょうか。いっぱい持ってるので、使えるようになるとうれしいですね。 (14/10/13)
 ダンゴ・スポポン
 やはり評価は×にしておきましょう。そういう可能性もあるよということで。未来はあるとおもいます。 (14/09/13)
▲ ガイギンガへの一番有効な対策手段はじつはスレーヤーブロッカーなんですよね。まあ、それでも普通4コスも払うには荷が重いですしブロッカー破壊だったりで安定性もないですし、思考停止で×つけようかと思いましたが、種族がファンキーナイトメアなのでかなり有効なリアニメイトおよびそれの活用ができればそれなりに厄介なるかもしれません。まあ普通は使わないでしょうが、種族と環境を踏まえてこの評価に。 (14/09/13)
 邪帝類五龍目 ドミティウス
 再び長文となることを先にお詫び申し上げます。  使った感覚ですが、色といいコストといい効果がcipだったりと、恐ろしく手軽で案外どんなデッキでも突っ込めます。また、範囲が山札から5枚ととてつもなくでかいので、呪文が1/3くらい多く入っていてもほぼ問題なく有効な効果を発動でき、構築ししやすさがすごいです。  また刃鬼とよく比べられるようですが、刃鬼がフィニッシャーなのに対し、こちらはどちらかというとシステムよりでしょうか。そもそもエイヴンだったりキリューだったりだしてわざわざSAにしなくても、システムクリーチャーを3~4体出されただけで割りと死ねます。特にこいつからジェニーやアマテラス、ロマネスク、がつながるだけで一気に勝負を持って言ってしまいます。  また効果はあくまでも「cip」なので、獰猛なりリアニメイトなりで出てくる速度が尋常じゃなく速いです。こいつ一人でとんでもない場アドを稼ぎ、かつ青銅なりジェニーなりで妨害&コントロールもしてくるので、早期召還はヴィルヘルム級に痛いです。  環境入りかどうかは判断しかねますが、かなり強いカードの部類であることははっきりわかりました。速度の間に合わない昔の中堅クリーチャーにも光当ててくれるので、そういうデッキ構築面でもすばらしいカードだと思います。 (14/09/13)
◎ あれっ、バベルギヌスやばくね?by友人&little (14/09/12)
◎ 感動の吐露を我慢できず、長文になったことを先にお詫び申し上げます。byLittle_Angel (14/09/12)
◎ 今まで待ちに待ったカードといわざるを得ない。現環境、重いクリーチャーを踏み倒すということに目が行くかもしれないが、これとヴィルヘルムのような「フィニッシャー兼システム」という部類(だと思われる)。このカード軸にコンボや重いクリーチャーを踏み倒すのもちろんいい、だが、このカードは軸にするというよりは入るデッキに入れるサブフィニッシャーカードのように思える。  なんにしろ、青銅、デ・バウラ、アマテラス、ジェニー、ミスト、サーフ・・・新しい物や大きい物だとサイクリカやグレンモルト、エクスなど、そういう「デッキの補助クリーチャー」すべてがこのカードの弾丸となりえるのだ。効果だけでなく場アドも見れば、これらのうち2~3枚出すことができれば十分すぎるアドが取れる。序盤で呪文を封じられることが多い今、これらのシステムクリを扱えるのはすばらしい点。  弾丸はこれだけではない、ゼンアクやPG,デーモンコマ、エンコマ、ゴッド、新しいものならグレンモルトなどのドラグナーや新ドラゴンなどの中堅フィニッシャーも弾丸となるため、「中堅フィニッシャー軸デッキの上位フィニッシャー」としても十分すぎる活躍が見込める。中堅フィニッシャーで勝負を持っていくことが出来ないとジリ貧まで持ち込まれて負ける・・・そんなデッキには、まさにデッキの強みを生かせる大型サブフィニッシャーが必要だった。  色は緑単で、マナエンジンやドン吸む反応と非常に使い勝手がいい。フィニッシャー級で見ればコスト9と手軽。効果は色指定だったり呪文が一見邪魔しそうなものだが、範囲が5枚と広いため、3~5色で加速能力があり呪文が過半数を超えなければ(デッキコンセプトとの一致いうまでもないが・・)投入は割と容易だと思われる。  旧中堅フィニッシャー、即効性のない中型置きシステムなど今まで不遇だったカードに希望を与え、新しい環境においても多様性を含めさまざまな可能性をもたらす。環境に入るようなカードかは自分では判断しかねるが、あくまでも個人観点ではあるが、本当にすばらしいカード。 (14/09/12)
 暗黒皇女アンドゥ・トロワ
 以前から強化されていたカードですが、本格的にやばくなってきましたね。1ジュラピ、2ジャスミンでも?、3ディグルピオンで脅威の6打点。ピエロなどのシステムも多いですし、コイツ自身6コスで運用も簡単なので、かなり強力なデッキが作れるようになったのではないでしょうか。友人に期待です。 (14/09/12)
 地掘類蛇蝎目 ディグルピオン
 友人が笑って発狂するレベル。メタカードを通り抜け、アタッカーを兼ねる加速とか汎用性が尋常じゃない。気にする点といえば精々墳墓くらいかな?  それでも通常デッキに1枚さすだけでもその働きはおぞましいものがある。これを使ったコンボのタネにもなりやすいので怖い。 (14/09/12)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク