スポンサードリンク

鳥こっこさんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 龍覇 グレンアイラ
 3マナのバルガゲイザーとかいう問題児、龍世界にマニフェストもだけど踏み倒す系のカードパワーがここ最近はかなり上がってきてますね。刃でなくジ・エンド装備した時の性能も中々に高水準 (20/08/03)
 始まりの龍装具 ビギニング・スタート/終わりの天魔龍 ファイナル・ジ・エンド
 7コスドラグナーでこの性能の裏面側を直接出せるってだけで強いですね、パワー9000のスレイヤーブロッカーは実際使われるとかなり厄介。表面の龍解条件もガバガバなんで、プロトハート介護デッドマンオリジンで4枚楽々裏返せるのは面白そう (20/08/02)
 最終龍覇 ボロフ
 マゲと合わせればスレイヤー+ガイバーンで相打ちを狙ってけるので、マゲが入るデッキならとりあえず採用候補になるレベル。墓地回収効果でシノビ回収したりも出来るし、重くなった代わりに攻めにも使いやすくなったベルヘルデスカルみたいな印象があります。ロージアもだけどフィニッシャーにもなれる受け札なんで、ツインパクトに似た強さがありますね (20/07/29)
 最終龍覇 ロージア
 他の6コスドラグナーの存在を否定するかのようなカード。素出しではガイハートやボアロで能動的に動く札として使え、ST時はAT付きドラグハートでカウンターしたりディアジゴク+シノビやガイバーンで2面止めしたりも出来る。何故かドラゴンとブロッカーを持ってるのでサイン天門対応だったりSAでダンテにチェンジ出来たりで、役割を無限に持ってますね (20/07/29)
 ドンド・ラフーイ/ネオン・ジオング
 上面でマニフェストの繋ぎにしてよし、下面をマニフェストで打って良しとマニフェストの登場でもう一度評価され直しても良さそうなカード。先程公開された姫様プリンやジョギラスタと出た当初には無かった相性の良いカードが増えてるので、出た当初よりも出来る事は増えてそうです (20/07/21)
◎ そこそこ強いクリーチャー面に、獰猛のような呪文面。モアイで盾焼却しても良いしチェインの始動にしても良いしで、数枚指しておくだけで良い仕事をしそうです (18/11/09)
 Dの隠家 ザトー・オブ・ウラギリガクレ
 シノビ主軸のデッキだったとしてもワルスラー研究所入れた方が強いのではというレベル、下に8枚貯めるのは現実的じゃないので使うとしたらディアボロス用のコスト位だと思います。コスト3が強さ的には適正ですね (20/07/19)
 最終決戦だ!鬼丸ボーイ/超次元オニシュラ・ホール
 終盤になっても腐らないジャックアルカディアスってだけで強い、赤の超次元には強いのが揃ってるので出せる範囲含めてかなりの汎用カードですね (20/07/19)
 ブンブン万太郎
 その辺の小型ジョーカーズGRをWBに出来るってだけで十分使い道はありそう、侵略NEO進化使わなくてもタイソンズチェンジでWBとしても運用出来るので見た目以上に器用。モンキッドにも乗っかるのは偉い (20/07/18)
 青銅のバンビシカット/「我が力、しかと見よ!」
 不安定ではあるものの初動ブースト生き物付き兼強力なST能力持ちはシンプルに強いです、ツインパクトでGJに勝ちやすく自身の弱点を克服してるのも偉い。ドリームメイトにハンターと受けれるサポートも優秀なので、ガチからファンデッキまで幅広く活躍しそう (20/07/18)
 ドラグ変怪
 ジョー星同様に悪い部類の方のメタカード。メタ範囲が広範囲かつ能動的にLO狙えたりと、最近のデュエマの調整の雑さが出てるカードだと思う (20/07/18)
 鳳翔竜機ワルキューレ・ルピア
 超性能ガトリングみたいな感じのカード、1コストのクリーチャーがWBになった挙げ句手札に帰ってくるのは完全にやってる。NEXから出すとブロッカー2体立つので、ブロッカー付与効果もしっかり使い道ありますね (20/07/11)
 希望のジョー星
 自分だけなら面白いコンボカードだったかもしれないのに何故相手まで…強い弱いではなく存在してはいけないタイプのカード、メタカードの粋を超えて完全にデュエマというゲームを否定してる (20/07/06)
 DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜
 最近の雑なメタカードと違って自分にもメタ効果が及ぶのは偉い。Cip1ドローのお陰で最低限の仕事はこなしD2じゃないので割られ辛い、とはいえ3枚制限は刺さらない対面も多く無色である事のデメリットも大きいので、殿堂施行前のようなガン刺さり環境でない限りは積極的に採用し辛いカードではあります (20/07/02)
 得波!ウェイブMAX
 最近のだとキリフダッシュ・ギャラクシールド面子やディダノス、ヴァリヴァリウスやダイナボルトなど侵略革命チェンジ以外にも刺さる場面は増えてるので、バウンス効果に助けられる場面は多そうです。メイン効果のキーボード・アクセスの時点で強いので、もう片方の選択肢がメタ的効果でも腐らないのが良いですね (20/06/29)
 「慈愛の衛生姫」
 ギャラクシールド等を使う度にシールドプラスするカード。ブレイクされなければ盾の枚数が増え続けブレイクされても下のカードは手札に来るので、ギャラクシールドの盾は安全に殴れるというのを否定されるので使われたら厄介なカード。デザイン的には「王宮の処罰者」と組み合わせるカードですね (20/06/27)
 絶・拳・一・番
 ギャラクシールドの盾に置いた時効果を使い回すついでに相手のクリーチャーを除去、ギャラクシールド以外でもST獣を使いまわせたりと3マナとは思えない性能。勘違いする人が多そうだけど進化クリーチャーも選べます (20/06/27)
 「七色の残像」
 5マナ5000殴れるST持ちブロッカーにギャラクシールドがおまけで付いてたりと性能だけで言えば確実にインフレしてる1枚、逆に言えばそれだけなので役割もなく種族も弱いので種族強化が来ない限りは使われなさそうです (20/06/27)
 アンシーン・ハンド
 蘇生効果が墓地回収になった地獄門デスゲート、除去しながら革命チェンジやシノビを持ってこれるので十分差別化は可能です。除去出来なくても墓地回収出来るので、デスゲートに良くあったタップしてる奴しかいない場面でも最低限仕事出来るのは偉いか (20/06/27)
 ジャストアイデア・ステートメント
 クワトロブレインに疑似デメリット効果がついてドロー数が1増えたカード。プチョがいれば擬似ハンデスとして機能しますが、相手の手札にクリーチャーがいなければ手札を見るだけで終わるのでメリットとデメリットは全然釣り合ってないです。マニフェストで捲ってMFで取るというデザインなんだろうけれど… (20/06/26)
 「修練の偶像」
 新しいメメント系カード、場に出た後もパワー9500あり場持ちが良いのは偉いです。何故か元からブロッカー付いてるのでヘブンズゲートに対応してますね、ヘブンズヘブンから出す場面はあるかもしれません (20/06/24)
 不和の菜将 ジターナイト
 シンプルなパワカが一番インフレを感じやすい。後ろ向きな能力に見えて革命チェンジで引きながら攻められたりするのは意外と器用、自壊系GRとも噛み合うので置きドロソとしてはかなり強い部類です。破壊主軸なら破壊神ゼオスがいるので、そちらとは使い分けましょう (20/06/24)
 U・S・A・CAPTEEEN
 横に並べるデッキタイプで使えるタイプのヴァリヴァリウス、横に1体いれば条件は満たせるので条件は見た目以上に緩いです。7コスカードの他にも自身で自身を出しても強く、旧来のチュチュリスダチッコや青銅系統のカードと繋がる物も多いので、今後の中速ビートを担うカードの1つになりそうです (20/06/24)
 ロビンソン・ジャングルーソ
 種族を考慮しなければ使い辛くなったドープDBLボーダー、とはいえ種族の恩恵は大きいのでメメントやスパーク入りのジョーカーズでは十分採用候補にはなりそうです (20/06/22)
 閃閃-ダセンゼ
 常時パワー4500なリツイーギョ、マナに行かない分メタ能力としてはこちらのが少し強いです。光文明なのでマジボンバーやサザンと組み合わせやすいのは利点ですね (20/06/22)
 不死の墓守 シヴァンリンネ
 墓地にフシギバース持ちがいれば簡単に場から離せられるので見た目よりも使い勝手は良さそうです、マグナムやザルバを使えばループも出来そうですがコストが重く使われる事は少なさそうです (20/06/22)
 水の魔術師マジックス
 ミラクルスターとチェンジザとサイクリカを足して3で割ったようなカード、手札補充をしながら呪文を詠唱出来る強さは前述の奴らが実証済み。バズレンダが1と軽いので条件の3回だけでなく4回5回と使って呪文大量回収要員としても運用出来るのが強く、今後呪文を多様する様々なデッキでお世話になりそうです (20/06/19)
 獄龍刃 ディアボロス/破滅の悪魔龍 ディアジゴク
 選択肢の1つとして装備先がいるなら常に候補にはいるカード。最終モルトと合わせる場合はターン初めに装備・革命チェンジ先を回収して即チェンジといった使い方が出来るので、それなりに相性は良いですね (20/06/16)
 最終龍覇 グレンモルト
 除去耐性持ち2回攻撃、ボアロで自然2体出し、ガイオウバーンやワタル+SAでの高い除去性能、連ドラ要員、革命チェンジ元と大体何でもこなせてしまう。自身の除去耐性効果と相まってターン初めのドラグハート出し効果も起動しやすく、ドラゴンズサインにも対応と弱い所が色の組み合わせしかないです (20/06/16)
 ツルーマン将軍
 キリフダッシュ・STのどちらでもジョルネードの種として機能するので、ジョルネードを採用したデッキでは他のSTより優先度が高くなるんじゃないかと思います。除去の役割や範囲的にはモモダチパワーがライバル候補、クリが残る事を重視するか否かでの使い分けになりそうです (20/06/15)
 煉獄刃 ヘルフエズ/煉獄宮殿 ヘルクライム/大殺壊 ヘルセカイ
 最終モルトのお陰で一気に使い勝手が増してた子。ガイオウバーンと違い13000まで殴り返しが出来スレイヤーもケア可能、龍解条件が緩くクリ面に返しやすいので除去性能持ちアタッカーとして今後選択肢に入ってくる1枚だと思います (20/06/14)
 「驚愕の鉄人」
 置いた時点で2ドローなので割られても痛くないし、割られなかったら8000WB1バウンスと放置するには強すぎるクリーチャーが出るので使われると厄介なタイプのカード。ギャラクシールド系やドラゴンズサイン系のデッキでは重宝しそうです (20/06/11)
 アクア・オドッテミタ
 4マナのイージスブーストなんでスペックは高いけど、わざわざ採用する理由は薄いですね。リキピ進化やマーキュリーの種としての出番はありそうです (20/06/09)
 「陰陽」の鬼 ヨミノ晴明
 除去耐性持ちのシスクリと書けば強そうに見えますが、鬼タイム+ターン初め起動というのが噛み合っておらず効果を活かし辛そうです。SA付与無しでいいのでターン終わりに蘇生だったなら大分違ったかもしれません (20/06/07)
 飴の女王 スイート
 キリフダッシュ3で出てくるWBマナブースト要員として普通に優秀、残ったら次のターンもブーストして次のキリフダッシュの補佐を出来るのはデカい。ベアシガラとはキリフダッシュのコストで差別化。除去効果は狙うのが難しくおまけみたいな物ですが、ツインパクト多めにすればそれなりに機能してくれそうです (20/06/07)
 超神星ブラックホール・サナトス
 出た当時のカードプール+進化元1体という前提でも微妙な時点で救いようがない、GLゲートのテキストに5コスト分位の価値見出して開発されてそう (20/06/06)
 整刑医 ルックス
 ヘルボロフ経由で6コストを蘇生する専用カードといった印象、どうしても6に蘇生したい生き物がいるなら採用候補にはなりそうです (20/06/05)
 導子の精霊龍 ホーマ
 ダイナボルトからチャフ・ドラゴンズサインを撒けるので、攻めとループどちらの点でもダイナボルトと相性が良いです。こいつ自身がドラゴンズサインに対応してるので、連ドラゴンズサインしたりと受け札としても活躍出来るのでサイン型ダイナボルトでは一度は採用検討出来るカード (20/05/31)
 「大蛇」の鬼 ジャドク丸
 コダマンマが1コスト上がるだけでデススモーク内臓になった挙げ句、WBのサイズになるとか気が狂ってるカード。黒入りビートダウンではとりあえず入れとけレベルのカード (20/05/29)
 わかりミーア♡
 他の2コスブーストと比べると確定でタップインな事と色が増えない事が弱み、逆に山が減らない事と他のクリーチャーをマナ送りに出来るというのが強み。ブーストだけが目的なら他の2コスブーストのが強いので、他のクリーチャーをマナ送りに出来るのを活かした運用をしてやりたいです (20/05/21)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク