スポンサードリンク

空気プリンさんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 イビルアイ・アドバンテージ
 産廃。この弾のプレ殿リメイクはどれも強かったので、素直にガッカリ。こういう雑なパロディなら通常弾のコモンでやってほしい。 (21/10/23)
 神人類 イズモ
 E3当時にいればなあ。当初のゴッドノヴァは重いし、数積まなきゃいけないからトリガー枠も避けないし、ろくなブロッカーいないしで小学生のジャンク速攻に負けるレベルだったのを思い出す。その問題を完全にクリアする良カードだが、出るの遅すぎの一言に尽きる。 (21/10/23)
 音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」
 言葉はいらない。 (21/10/21)
 大地門ライフ・ゲート
 ありそうでなかった緑のデスゲート。最低限ナチュラル・トラップにはなるし受け札の選択肢としては面白そうだが、具体的に何に入るかはわからない。 (21/10/19)
 スラッシュ・チャージャー
 これを見る限りはまだまだボーンおどりチャージャー使ってねってことなのかなあ。デッキ全部見て選ばせるのは便利すぎって判断なんだろうけど、4枚しか見られないのはさすがに慎重すぎる印象。 (21/10/19)
 魔光帝フェルナンドVII世/魔弾デュアル・ザンジバル
 自身も呪文としてカウントできるようになったフェルナンド。当時よりずっと安定して並べられそうだが、もはやフェルナンド自体がバニラに毛が生えたくらいのカードで、下面も弱いのでたぶん使われない。せめてソウルキャッチャーとくっついてればなあ。 (21/10/19)
 神聖斬鬼 アシッド・テクノ
 現代版アシッド。黒緑アシッドにボコボコにされてた思い出補正から高めに評価してるが、実際は現環境で戦える形にするのは難しい気もする。当時みたいにシュゲやジャスティスと組むより、ジョー星で脱色した好きなやつを投げる面白カードになるのかな。 (21/10/19)
 神楽妖精パルティア
 言われるまでGBAオリカであることに気づかなかった。謎タイミングでしれっとカード化したが、現代でもそこそこ通じそうなスペックでいいね。 (21/10/19)
 音精 ラフルル
 調整版がほしいとは言ったが、ろくに調整されてないただの互換はやめてくれ。使い方によってはこいつとほとんど変わらないし、禁止になってなお間接的にヘイトを集めるのか……。 (21/10/19)
◎ こいつの手軽さが恋しくなる時がある。革命チェンジなしの調整版がほしいが、それでも閃なんかには積まれるだろうし、素出しの詰め札としても使えそうなあたり、元のこいつがいかに狂ってるかわかる。 (21/09/18)
 ミロクの弟子 ニョライ
 クロスギアの弱さを補う良カードだが、問題は4枚しか積めないことだなあ。デッキのクリーチャーぜんぶこれの互換で固められるなら文句なしに強いが、現状ではこれ4枚のために構築を寄せるほどの旨みはない。 (21/10/19)
 氷牙フランツI世/魔弾オープン・ブレイン
 ドラムトレボール/バレットバイスの対なんだろうけど、うーん。このゲーム、ドロソは強くなり続けているがハンデスはほとんどインフレしないので、それが如実に表れた感がある。今どきフランツオープンブレインしてもあまり強くないんだよな。 (21/10/18)
 魔光王機デ・バウラ伯/魔弾グローリー・ゲート
 新生ナイトデッキの屋台骨として期待したい1枚。両面とも10年前のカードなのでパワーが足りない感はあるが、グローリーゲートで要求値の高いコンボパーツを揃えつつ、墓地ではデバウラとしてループパーツに加われるので一応噛み合っている。 (21/10/18)
 FORBIDDEN SUNRISE ~禁断の夜明け~
 シンプルに強い。もうひと押しあれば、クラシックな赤黒ドルマゲドンみたいなデッキが息を吹き返しそう。 (21/10/18)
 氷牙君主ハイドロ・ビスマルク帝
 最近あまりなかった、殿堂呪文を内蔵したタイプのリメイククリーチャー。ランデスを忌避してるわりにこんなの刷っていいのか心配になるくらいには危ない性能してる。 (21/10/17)
 煉獄魔弾グレイテスト・ゲート
 かなりギリギリを攻めてるカード。多くの踏み倒し圏外になったことでインフェルノゲートの危険性は削がれたが、2体リアニからループに発展したり、別の危険性を秘めているようにも思える。これが大丈夫ならサインやゲートの緩和に移る観測気球ってことなのかなあ。 (21/10/17)
 天雷の導士アヴァラルド公/魔弾アルカディア・エッグ
 元殿堂カードということで表面的には気を使ったのか、マナが濁るようにして完全上位になることを避けたように見える。まあそうは言ってもこちらよりオリジナルを優先する理由はないだろう。初動が除去トリガーを兼ねることの強さは女王アリスが少し前に証明した通り。 (21/10/17)
 氷牙レオポル・ディーネ公/エマージェンシー・タイフーン
 ついに出たエマージェンシータイフーンのツインパクト。性質上クリーチャー面はアクアマスターでも強いが、レオポルディーネ公ならギリ素出しすることもありそうだし悪くない。 (21/10/17)
 王来英雄 モモキングRX
 早くも調整版っぽいイザナミテラスが登場するので、そう遠くないうちにこれの殿堂想定してるのかなあと思ってしまった。まず閃周りの規制とかバジュラ禁止とかでガス抜きしてからでもいいと思うけど。 (21/10/15)
◎ そのうちぶっ壊れるタイプのコンセプトカードだが、既にアルカディアスモモキングとの組み合わせが相当強く、このペースで強化され続けるなら殿堂候補に上がるのもそう遠くなさそう。これ前提で重量スター進化のデザイン続けると数年後に悲しいことになりそうだからやめてほしい。 (21/07/24)
◎ 手札の進化クリーチャーに侵略を付与すると言い換えればなかなか規格外なテキスト。アタックトリガー持ちの対応先がかなり多く、無限掌付与もよく考えられている。これの登場で相当な数の進化クリーチャーに評価の見直しが入っているが、ゴウグラップラーとかクワトロドンとかなんて名前も忘れてた。 (21/04/10)
◎ ちゃんと過去の進化クリーチャーともシナジーがあるいいカードだと思います。バジュラについては、殿堂のままなら騒ぐほど強くはないと思うが果たして。 (21/03/17)
 天雷の導士アヴァラルド公
 トリガーつきツインパクト版の登場で若干怪しくなったが、単色マナ確保とか5枚目以降とかでまだ出番はありそうかな。元殿堂カードの上位が刷られるのは感慨深い。 (21/10/14)
○ ふーむ、ヴォルグが減ってもバトウロスマイがありましたね  使うには使いますが構築に注意を要すカードです (13/11/28)
◎ ヴォルグが減り呪文に傾倒するデメリットがなくなってきたので、これも必然的に再評価される流れでしょう ところで「テンライノシルベシ」ってなんですかね…… (13/05/03)
 魔光王機デ・バウラ伯
 ツインパクト版の登場でほぼ役目を終えた。グローリーゲートを撃つことがないデッキならまだこっちでもいいけど、もうデバウラ自体が純正ナイトデッキか一部のループにしか入らないしなあ。お疲れさまでした。 (21/10/14)
▲ これがパワカと呼ばれていた昔話。今見ると平凡なカードだが、当時は呪文回収自体が貴重な能力で、それが平均スタッツのブロッカーについていると来てまさしく革命的なスペックだった。大型弾のレアだったせいでやたら集めにくく困っていたのは覚えている。 (21/04/30)
◎ 軽量ブロッカー最強クラス、基本カードの1枚ともいえる良スペックな1枚です 最近あまり見かけず、遅いと言われる事もあるようになりましたがまだまだ現役でしょう (13/06/21)
 魔光大帝ネロ・グリフィスⅡ世
 ネログリフィスの意匠をうまく残しつつ、現代に通じる性能にアレンジされた良リメイク。グローリーゲートとアルカディアエッグがそれぞれツインパクト化されたのも大きく、ナイトデッキのフィニッシャーとしてデザイナーの意図通りの活躍ができそう。 (21/10/14)
 新爆竜 GENJI・XX
 4マナ素出しでもコスト論ガン無視のスペックだが、さすがにポン置きはチューカツチュリスと大差ないので進化運用が基本になるのかな。新アポロヌスとデザイナーズコンボになっているのがいいね。 (21/10/14)
 ディスタス・ゲート
 当時は肝心のディスタス弱く不安だったが、無事ラインナップが充実し文句なしのパワーカードに昇格。せっかく割り振り自由なのでいろいろ遊びたくなるが、雑にヒャクメとキューティだけに絞った受け札として扱ってもかなり強い。というかヒャクメが強い。 (21/10/11)
◎ 5から7を生み出す踏み倒しはほぼ例外なく強い。ゾーンも割り振りも自由なので、ディスタスのカードプールに依存するが壊れる素質を秘めたパワカ。これ前提でディスタスのカードパワーを抑えるのだけはやめてね。 (21/07/01)
 「伝説のサイバーパワー!」
 地味だけどしっかり使われてるルーター。3コスで撃ってもまあ強いけど、これが必要くらいデッキを掘るアーキタイプだとビビッドローの発動もわりと望めていい感じ。クローシスのモモキン退化にはだいたい入ってますね。 (21/10/11)
 怒流牙 佐助の超人
 ムルムル守神宮の登場で存在を思い出したカード。そういえばこいつの評価はメメントあってこそみたいなとこあったので、またフルスペックで使えるようになるのは嬉しい。 (21/10/11)
 ライフプラン・Re:チャージャー
 定番の2→4→6ルートに無理のない受け要素が追加されたのだから弱くはないが、現環境でライフプラン自体が悠長になっている感は否めない。どちらかというとこれより、6マナの強クリーチャーとのツインパクトが欲しいんだよな。ドルツヴァイ・アステリオとか。 (21/10/10)
 伊達人形ナスロスチャ
 これが許されるならボディ外してチャージャーにしたバージョンも欲しいけど、未だにボーンおどりチャージャーが重宝されてるあたりまだまだ先になるのかなあ。これ自体に文句はないけど、よほどピンポイントで落としたいカードがない限りは色を歪めてでもデドダム召喚したくなる体になってしまった。 (21/10/10)
 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
 フォートレスが(当時)原則無敵だったことを、メリットではなく再利用できないデメリットと捉えてデザインされた面白いカード。……なんだけど、アタックトリガー前提でデザインされたドラグナーが多すぎて、その配慮を1枚でぶっ壊してしまった罪深いカードでもある。スピードアタッカー付与ってさじ加減が難しいね。 (21/10/10)
 剛力羅王 ゴリオ・ブゴリ
 こいつ自体はコンセプトカードとして有望だったんだけど、結局肝心のアバレチェーン持ちが弱いのばっかりで組む気が起きなかったなあ。もしかしたらこれで2回使えるようになる前提で控えめにデザインしていたのかもしれないけど、だとしたらその良心を他のデザイナーにも分けてほしかった。 (21/10/09)
◎ パワーバカの背景設定に引っ張られず、小ぶりで扱いやすいデザインになっているのが好印象。 (21/02/22)
 凶戦士ブレイズ・クロー
 我我我の台頭でまたよく見るようになったカード。クルトGSが許されるのならそろそろこれもGS化してほしいなーと思っている。 (21/10/09)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク