haniyamagさんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 爆熱剣 バトライ刃/爆熱天守 バトライ閣/爆熱DX バトライ武神
 4t目にスクチェンモルネク閣→攻撃時にモルネクめくる→ハートバーン出てきて武神に龍解→武神攻撃時にモルネクめくる→死亡  とかいうぶん回りプレイをかまされて一気に苦手になった。  本題。モルネクの溜め札として非常に悪名高いカード。プレミアム殿堂入りしても文句は言えない程度にカードプールと環境が味方している気がする。 (17/06/18)
 ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
 殴らずに勝つプランを作れる札。  こいつ主体のデッキはあまり好きではないが、サブプランとしてこいつで勝てる程度の構築は良いと思う。 (17/06/18)
 ボルシャック・ドギラゴン
 殴る側は、闇雲に殴るだけでなくきちんとケアしたうえで殴らないと危険ということを教えてくれるいい例。  相手にダイレクトアタックしたと思ったらこいつで耐えられて返しのターンで自分が死んでるのはさすがに草生える。 (17/06/15)
 アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
 出た当初は光であることが強みだったのに、今となってはガロウズで触れる水であることが強みになっていますね。  手札を増やす能力は単純かつ強力です。攻撃されないのも地味ですが役に立ちます。 (17/06/01)
 調和と繁栄の罠
 先出しでほぼ確実にSAを止められる数少ないカード  これこそがこいつのアイデンティティ。 (17/06/01)
◎ ドキンダムやドラグハート勢がとめられなくはなったものの、先出しでスピードアタッカーを止められるのが一番の強み。 (17/01/18)
 Mの悪魔龍 リンネビーナス
 厳しい条件とそれに見合った非常に強力な能力。  ただ、デッキ構築が大きく縛られるのと、多色武装のせいで序盤ロクに動けないのが大きなデメリット。  今はこのデメリットのせいであまり注目されていないイメージ。ただ、ちょっとした隙に爆発的に強化されるような可能性を秘めたカードであると考えられる。 (17/05/31)
 完璧問題 オーパーツ
 取れるアドバンテージの量は圧倒的。ただ、こいつの場合それが勝ちにつながり難いのでどう生かすのかが肝だと思う。 (17/05/28)
 「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」
 最近安くなってきていたので、ついつい組んでしまった…!  (本題)まさに必勝!出せば勝つ!とはいえ出すまでの過程が大切であり、そこに各々の個性がキラリと光る、とてもいいカードだと思います。 (17/05/24)
◎ こいつのデッキはいろんなカードを取り込んで柔軟に変化していきますね。  僕は使われたことしかないのですが、11マナ溜まっているときの緊張感はクセになります。(マゾ並感)  ただ、最近は受けが強すぎて、こちらにターンが返ってくることも多々あります。  (なお覇) (17/03/31)
 超次元ガロウズ・ホール
 波壊Goと並んでダイスベガスの最高のお供。もともと、条件のゆるい単体除去性能と広範囲のサイキッククリーチャーを出し分けできるという強みがあったのだが、ダイスのおかげで防御札としても使えて非常に強力かつユーティリティに溢れるカード。 (17/05/24)
 ゼロの裏技ニヤリー・ゲット
 ノーコストで打てるのが非常に強い。 (17/05/24)
 神聖麒 シューゲイザー
 5コスドラグナーとの相性が格別に良い。  SAつけて駆け抜けるもよし、打点を溜めるもよしと優秀なカード。  これが200円以下で買えるのは、時代の流れですかね。 (17/05/24)
◎ これから無色推しになるにつれて評価が上がっていく気がする。  何せ効果がシンプルかつ応用が利くので腐らない。今安いうちに集めておくのが吉か? (17/02/26)
◎ イメンとほぼ同じ効果ですが、無色故にピクシーライフで回収できる。手札からも出せる。次元ゾーンを圧迫しないなどのメリットがあり、更に、ゲーム開始時からばれることがないのが強みだと思います。 (16/08/08)
 Dの博才 サイバーダイス・ベガス
 こいつは流行れば流行るほど弱くなるという変わった性質がありますね。  ただ、それがうまい調整になっていると思います (17/05/14)
◎ 使ってみて再評価。置きドロソとしての使い勝手の良さもさることながら、相手の攻撃を躊躇させるDスイッチも鬼畜の一言。  更にトリガーで奇襲じみた使用方法も可能と、5マナのカードにしてはいささか汎用性が高すぎる気すらする。  ただ、今まで防御力の低さに悩まされていた青緑黒などといったカラーリングが粘り強さを手にしたおかげで再び戦えるようになったというのは紛れもない事実であり、デッキビルディングの幅を広げてくれたこのカードには感謝。 (17/05/01)
◎ 気づいたらビッグマナにおけるエビデゴラスがこいつに置き換わっててちょっとかなC。  (本題)ドロソ兼防御札として使えるのはスペース圧縮もできて強い上に、MASと比べても1コスト軽いというのは非常に強い。  ただ、ターンの「終わり」にドローするので、張ってすぐ仕事ができて良い反面、ハンデスと対面した場合に引いたカードがすぐに使えないというデメリットもあり、一長一短かな。と思った。 (17/03/31)
 月の死神ベル・ヘル・デ・スカル
 アナカラードルマゲドンでのこの子はもはや過労死寸前レベル。素出しして封印を剥がしながらその封印も含めた墓地かマナからカード回収(ダイスも回収可能)したり、トリガーででてきてカウンター気味に禁断爆発したり、シノビをマナや墓地から拾ってきたり…ここでは書きつくせないほど仕事が多く、非常に高い汎用性がある。 (17/05/01)
 リュウセイ・ジ・アース
 デッキの値段はだいたい2500円。そしてこいつ一枚あたりの相場はだいたい1200円くらい。てことは二枚使う前提なら100円でフェアリートラップ4枚とメンゾとカツえもん剣が付いてくると考えるとガチャデッキってスゴイ。  (本題)自分はバスターに突っ込んで使っているのですが、役割としては手札補充のできる多色SAドラゴンということでイーヴィルの代わりを担っている感じですね。  それがおまけのハンデスメタまで備えている。堅実ながらいい仕事をする札だと思います。 (17/04/16)
 勝利宣言 鬼丸「覇」
 刃鬼の最強のお供。  ダイハードでちまちま焼却するよりこいつでガツンと殴ったほうが早いのではという気がしてならない。 (17/03/31)
 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート
 能力は地味ですが、色、種族、コストと合わせるとこの地味な能力も驚異的なものに変貌しますね。  君が一枚制限になって僕のバスターは大変ぎこちなくなってしまったよ…。 (17/03/31)
 エンペラー・ニュロン
 ガチダイオーの侵略元によいかと (17/03/18)
 超次元の手ホワイト・レッドホール
 オニカマスを処理できる可能性のある札として期待。 (17/03/18)
 双勇 ボスカツ闘&カツえもん武
 赤緑の多色&ドラゴン&6000火力という点がこいつのアイデンティティ。  オリオティスやエンテイを殴殺するという大義名分があり更に、ダイリュウガンのコスト、多色武装の餌、バトライオウの引き金になるなど役割の多い札だと思っています。 (17/02/26)
 轟く侵略 レッドゾーン
 圧倒的な速さ。より強いデッキに上から押さえつけられていたので相対的に麻痺していたが、この速さには圧巻。 (17/02/25)
 龍素記号Sr スペルサイクリカ
 カードパワーはとても高いが、ビッグマナに思考停止で突っ込むようなカードでは無くなってきているのも事実。きちんと役割を持たせてやる必要が出てきたか。 (17/02/25)
◎ ビッグマナの核  これがあるからビッグマナは生きていられる。  彼らの存在価値という点を鑑みると、殿堂入りはしないでしょう(願望) (16/07/09)
 裏切りの魔狼月下城
 絶対に規制がかかる。ハンデスはもっと慎重に刷るべき。 (17/02/24)
 メガ・スピア・ドラゴン
 イーヴィル亡き今、5コスかつコマンドかつドラゴンかつ多色という点で唯一無二の利点があるように思える。  バスターのチェンジ元、ファイナル革命で出す先、リンネで出して封印はがすなど、やれることが多く、準バニラであるといえども腐る場面が少ない。 (17/02/24)
 獣軍隊 ヤドック
 オリオティスと同様に踏み倒しだけでなくコスト軽減にも効く&単騎と同じくcipを発動させない。この二点だけで十分差別化可能。マナにいくのは仕方ない。 (17/02/20)
 フェアリー・ライフ
 自然を入れる理由 (17/02/20)
 悪魔神バロム・クエイク
 盤面掃討能力と踏み倒し規制ももちろん強いが、最も強いのは星域で容易にマナから飛ばせる点だと思います。単体だと若干パンチ力に欠けるという点は、マリッジ等ほかのデーモンコマンド進化と合わせれば十分補える欠点です。 (16/12/04)
 滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル/魔壊王 デスシラズ
 ウェルカムヘルとは龍解条件が似ているようで異なるので、多少違った動きができる。  4体に足りなくても敵獣を1体巻き添えにできたり、破壊対象に自身を選んで超次元ゾーンに戻して使いまわすなど、あちらにはない動きが魅力的。 (16/10/29)
 漢の2号 ボスカツ剣
 マリエルを焼けるのは他のチェンジ元にはない利点であると思う (16/10/14)
 ブレイン・タッチ
 今までありそうでなかった効果。  多色故に3t目に安定して打てないというのは無視できないデメリットだと思いますが、それを差し置いても手札を減らさずにハンデスができるというのは強いです。 (16/09/11)
 超電磁コスモ・セブΛ
 初めて握った(当時の)ガチデッキがラムダビートでした。  本題:攻撃時3枚引ける火か自然進化元の進化獣と言う時点で、弱くはないです。  ターボ3のスペックを見ると若干見劣りはしますが、脇を固めるカードによってはまだまだやっていけるとは思います。 (16/07/12)
 極真王殿 ウェルカム・ヘル/極・魔壊王 デスゴロス
 大好きなカード。  出たときとドラグナーの攻撃時というまったく別のタイミングでそれぞれ効果を発動できるのはとても優秀だと思います。  表面だけでも十分。裏面を入れると強すぎるが壊れではない。そんなカードでしょうか。 (16/07/12)
 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX
 青黒ハンデスのフィニッシャー。  1ターンのラグが生まれるというこいつの欠点を、ハンデスによって手札を縛るという戦法で完璧にカバーできる。  今引きもベララーである程度阻止できる。 (16/07/10)
 時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター
 大好きなカード。  表側は貧弱なスペックですが、裏面は置換効果で場に残る連中(Ωや龍回避持ちなど)をおまけのように葬り去れる15000の3打点と、現在でも見劣りしないかと。  ただ、昔のドロマー次元のようにコントロールして出すのではなく、シーザーやロマノフなどで殴るついでに出してあげるほうがこいつの強みを生かせるのではないかと思います。  私はシーザーをフィニッシャーにしたデッキのサブフィニッシャーとして永く使わせてもらっています。 (16/07/10)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。