スポンサードリンク

turbochargerさんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 GOOOSOKU・ザボンバ
 GOOOSOKU・ザボンバを暫く赤白レッドゾーンに組み込んで使用した所感です  ・多色がトップでツモった場合しんどいのではと思われましたが、召喚する下バイクをザボンバで攻める方が強い事が大半でそこまで気になりませんでした  ・ヘブフォザボンバ上からメタクリの動きはやはり強力で上ブレムーブを構築出来ます  ・上記ムーブを視野に入れたいので搭載する白枚数は20程が安定しました ザボンバは光文明が入っている分この枚数に貢献出来るのも地味に偉いです。  ・ケア出来るトリガー幅がザボンバ一枚で異常に広がります。ハンドから出すキープで単騎だったりプーンギ貼りながら殴れるのは手硬い。  ・地味ながら強力なトップ操作。欲しいカードをトップに持ってくることでマジボンバーはトップから出すことはできませんが次のターントップで見た轟轟轟ブランドを減ったハンドを活かして出したりと芸達者。普通にマジボンバーで上から出した軽量の次ドローがSAである確率が上がっていますがら確実に勝率に響くような性能をしています  複数アド取れるカードは赤白レッドゾーンにおいてそもそも貴重で、上ブレムーブとデッキの安定化に貢献するこのカードは優秀でした この先赤白レッドゾーンの構築において固定枠と考えて間違いないと思います (20/04/09)
 「破壊の赤!スクラッパーレッド!」「知識の青!ブレインブルー!」「魅惑の緑!トラップグリーン!」「閃光の黄色!スパークイエロー!」「強欲の紫!ハンドパープル!」「ブレイクするところに我らあり!シールド戦隊、トリガージャー!!」
 勘弁してください (20/01/23)
 轟速 ザ・ゼット
 轟速 ザ・ゼット‬は基礎パワー7000を持っており恐龍界樹 ジュダイオウや暴走龍 5000GTというパワー参照のロックカードに対する回答になる他、DROROOON・バックラスターに戦闘破壊されずKAMASE-BURN!での回答が限られる点や撃髄医 スパイナーの効果で3回選ばなければ沈まなかったりと対面によっては実質的な除去耐性があります。  素で2打点を持っており、他のクリーチャーで3打点入れた後に被せて押してリーサルを作るシーンでのプレイや、またどうしても上バイクが引けない時や相手の踏み倒しメタクリーチャーを超えられない時に打点を作る芸当から暴走獣斗 ブランキーと全く役回りが異なっており、総じて採用することでデッキの強さを安定化出来る点が魅力です。  デメリット効果として攻撃したターンの終わりに自壊する能力(俗に"手裏剣"と呼ばれる能力ですね)を持っていますがキルターンに攻撃していた場合は関係がなく、言わずもがな侵略していれば効果解決が入りません また対面によっては場持ちの良さを生かして攻撃しないプレイも有効です。  自壊をメリットに出来るパターンは非常に珍しいですが、対面ドンジャングル入りのコントロールの中盤において自分の盤面ゼロで相手の盾2、轟速 ザ・ゼット‬侵略宣言なしで自壊でソーナンデスの攻撃対象を無くすことでドンジャングルの早期着地を防いでそのまま他のバイクでダイレクト等、稀に活用出来る能力だったりします  弱いと感じる時はヘブンズ・フォースで出したいのに他の上バイクを引いていない時でその時はかなりしんどいですが、その他では大体コマンド付き4コストのツインキャノンワイバーンとして扱えるので縁の下の力持ち的な存在だと感じました (19/10/28)
 暴走 ザバイク/ブンブン・バースト
 ロジックサークルで引ける/ウォズレックの審問で引かれる下バイク。ブンブン・バーストは同時に暴走 ザバイクという下バイクを捨てなければならない為実質2:1交換でやはり撃ちどころが大事かなと 上が淡白ですが暴走獣斗 ブランキーが追加された現代において確実に打点を通せる下バイクということで刷られた2年ほど前よりもさらにキャラが立っていますね 大体のレッドゾーンデッキにおいてこのカードを引いて腐るというタイミングがほぼほぼ存在せずきっとこれからも4投です 地味にですが禁断の月 ドキンダムーンをちょっと強くしたりと短文でシンプルながら奥深く面白いカードです (19/10/24)
 闇侯爵ハウクス
 レッドゾーンデッキの方向性がどうしても二進も三進も行かなくなったら頼るつもりだったのに・・・。君らがいなくなったら寂しい (19/10/04)
 超音速 ターボ3
 放っておけない盤面を作りながらハンドを作り、尚且つ後続で封印を剥がせばドキンダム含めてフィニッシュが見えるという、レッドゾーンデッキの中で潤滑油の役割を担えていると思います。Sトリガーの除去で返された場合のリスクが辛く見えますが、控え目なWブレイカーなので割り切って良いかも知れません テック団の波壊Go!のトリガーした場合5以下バウンスを選択せねば除去出来ず、ドキンダムと併せてフィニッシュが見えます マナ送りされた場合はチャージなしで下バイクからやり直せます 本当に厳しいのはデーモンハンドやレレディバクーパ、ザ・クロック等 現在殿堂ですが返しのターンにブラックサイコ使われるとかなり難しいです やはり封印剥がしながら3ドローのリターンが大きく最近ではハンデス型アナダムドとの対戦において貢献度が非常に高いと感じました (19/09/26)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク