スポンサードリンク

Magnuadioesさんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 爆竜 GENJI・XX
 パワーが6000ラインを超えており、ブロッカーを焼きながら殴れるのは脅威的存在。  軽い点も評価できる。チャクラ、ユリアマティーナ、ミルアーマをSAで焼けるのは恐ろしい。異常なパワーカードとしか言い様がない。 (10/12/10)
 邪神M・ロマノフ
 これのコスト踏み倒し方が、どうも気に食わない。いきなり飛んできてベターとボルシャックを唱えられるのは危険過ぎる。専用デッキ組めば壊れに変貌する。できれば殿堂して欲しいが…。 (10/10/30)
◎ 様々な可能性を秘めている。今後、研究する価値はありそうだ。 (10/02/01)
 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
 ターン始めにチャクラかランブル覚醒でキルを覚醒させることができるようになったので非常に使い勝手が良くなった。それにしても小型サイキックの裁定コロコロ変わり過ぎだと思うのだが……。 (10/10/30)
◎ スパゲ、サーファー、牢獄、ハイドロが効かなくなることは強力。2体降らすことができるので非常に厄介。覚醒条件も容易で、フェアリーホールから直接覚醒後が出せるのも強烈。薔薇は必須になるだろう。 (10/09/02)
 アンラッキーダーツ
 最初は甘く見ていたが結構使える。超次元は勿論、5といえば芋蟲、ヤミノザンジ、Mロマなどが居るので当てやすい。当たった時の強さは尋常ではない。当たらなくてもランダムハンデスしているので問題ない。 (10/10/30)
 シークレット・クロックタワー
 2ターン目にこれで、ミルアーマか薔薇を持ってこれたら非常に強力。2コストでトリガー付きで三枚掘れるのは使い勝手が良い。ランブル覚醒の補助も可能で、小回りが利く。 (10/10/27)
 巡霊者メスタポ
 Mロマに対するメタカードとも見れる。ナス、進化の化身、ジェスタールーペの連鎖を阻止できる。連鎖を止められるのは高評価できる。その他にもランブルの覚醒、ホーガン、神殿のリクルート効果を無効にできるので悪くはない。各種サーチ系を封じれて、もやしなのも面白い。 (10/10/11)
 銀界の守護者ル・ギラ・レシール
 MBロマに対しては強烈なメタカードになる。パワー4000あるのでMロマがバトルゾーンに出てきたら即殴って倒せる。Bロマ相手の時は唐突にハンドを持ってかれる心配がなくなる。Bロマに対しては時間稼ぎ程度にしかならないが、Mロマに対しては除去されない限り動きを封じれる。その他にもバジュラ、クイーン、ウッズなどを擬似召喚酔い状態にできるので優秀。神殿で焼かれるのが厳しいがボルシャックホールとムシャホールの射程外なのは評価できる。 (10/10/11)
 マインド・リセット
 環境によって使い勝手が変わるが現環境では使いやすい。超次元呪文、カラダン、プラスク、デビドレ、ハイドロ、サイブレ、呪文確定除去をピーピングで落とせる。呪文が無くてもハンドを見れるので悪くはない。 (10/09/07)
 リアルとデスの大逆転
 クイーンメタとしては最高級。クイーンに撃って他に多色が居なければ確定除去になるのは強力。普通に使ってもシャドウなどを引きずり出せばデメリットも気にならない。STなのは高評価できる。 (10/09/06)
 デーモン・ハンド
 神の手としか言い様がない。 (10/09/06)
◎ 確定除去の基本中の基本。6で確定除去ができ、STも付いているので言うことなし。 (09/12/15)
 時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター
 覚醒のしやすさと覚醒後の強さは言うまでもないが、覚醒前の状態でスレイヤーは強力。昨今のパワーインフレは目に余るものがあり、スレイヤーが如何に重要かを改めて認識させられる。覚醒後はサイキッククリーチャーとPGを一撃で葬ってくれるので心強い。 (10/09/02)
 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
 トリシューラだと……!?覚醒前の時点で強過ぎる。覚醒前でハンゾウの射程外のパワーを持っていることは貴重。これは非常に危険。 (10/09/02)
 超次元ボルシャック・ホール
 焼ける範囲が3000というところが強過ぎる。3000以下のシステムクリーチャーの立場が非常に危うくなっている。これのせいで「3000」ラインが形成されたといっても過言ではないだろう。 (10/07/08)
◎ 懸念されるべき一枚。5マナで3000以下破壊+6000WB展開できるのは強過ぎるかと…。赤は汎用性高いものが少なかったが、これは汎用性が高過ぎるのでは…。これからは赤が入ればこれを積めといってるようなもの。これを始め、次の新弾は危険物が多いのではないかと心配される……。 (10/05/31)
 超次元シャイニー・ホール
 これを唱えてチャクラを出してシャドウを降らせば覚醒のしやすさが格段に上がる。5でチャクラを出せるだけで強力。 (10/07/08)
 スパイラル・ゲート
 2で覚醒前の覚醒獣を消すことができるので強力なメタカードになる。自軍のcipを使い回すこともできるので柔軟な動きができる。アクアンやデバウラを使い回せることは強烈。 (10/07/08)
◎ トリガー除けば1コストで場のクリーチャーをバウンスできることは強過ぎると判断されたか。殿堂は予想外だったが。 (10/04/18)
 アポカリプス・デイ
 凜愁螢謄アの強力なメタカード。ハイドロでシャドウとウェビウスが大量にGゼロで沸いてきても全て消せるので、ハイドロメタにもなる。クリーチャーがどれだけ増殖しようが一撃で全て消し去ることができる。コスト踏み倒しが豊富な現在だからこそ輝ける全体除去。 (10/07/06)
◎ 何故、再録されなかった…。ドルゲや青単速攻やハイドロなど、クリを大量に展開してくる相手には強烈に刺さる。場を完全に制圧されて劣勢時でも、これ一枚で巻き返すことも可能。ST付きなのも高評価。使い勝手は微妙だが、白が入るのなら一枚入れておくと逆転することも容易になる。光らしく絶望を希望に変えてくれるカード。 (09/10/19)
 時空の雷龍チャクラ/雷電の覚醒者グレート・チャクラ
 2、3体並べたらゲーム終了のお知らせ。この絶望的なスペックはPGを彷彿とさせる。早いターンで降臨させることができればゲームはほぼ終わったようなもの。速攻相手の時は覚醒させることが難しい為、完璧ということではないが相当危険。唯一の救いは超次元呪文が直接的なアドに繋がらないことだけか…。覚醒される前に全力で潰しにいかないと除去することが厳しくなる。5コストで場持ちの良い13500のブロッカーは強烈極まりない。 (10/06/28)
 黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド
 恐ろしいカードパワーだ……。イラストも良いので言うことが無い。 (10/06/28)
 ローズ・キャッスル
 DMのルール上殴ってからクリーチャーを展開することができない為、相手は少なくとも1ターンは1000のクリーチャーが即死状態になるのは強烈極まりない。トリッパーとマリエルを焼けるのは、かなり大きい。黒緑とMロマ相手の時はこれがないと厳しいので現環境では必須といえる。2枚貼れたらゲーム終了のお知らせといっても過言ではないカードパワー。 (10/06/13)
◎ パワー1000以下完全否定カード。青銅、ジェニー、パクリオ、ムーンナイプ、コッコ、ダークルピア、ナス、タイムトリッパー……などが場に残らないのは強力。どのデッキ相手でも少なからず刺さるので完璧に腐ることは少ない。相手だけなのが使い勝手が非常に良い。−1000なので7000のクリもハンゾウの射程圏内に入れれる。さらに4000のクリもハヤブサで相打ちにもっていけることからNSとは密かに相性がいい。青単相手にこれを張っても、既にティナやヒミコが居る場合は全く止められないのが残念。ある程度は速攻メタになるが、現在の速攻相手には気休め程度にしかならないのが惜しい。これが速攻メタカードだとコントロールが厳しいので、次の弾で新しい速攻メタカードを期待したい。 (09/10/09)
 超次元フェアリー・ホール
 ブーストしながら確実にクリーチャーを降らすことができるので強力。7コスト域に繋がるので弱くはない。 (10/06/07)
 大邪眼B・ロマノフ
 評価変更。流行りの「黒緑型」では安定性が無いといわざるを得ない。この配色ではドローが乏しくなり、コンボデッキとしては痛手。序盤で墓地を肥やせないと苦しくなる。4マナになった時点で毎回カラダンが撃てれば最強だが、実際それは不可能。事故率が高いこととピーピングで致命的なダメージを喰らい、ランダムハンデスを喰らっても相当厳しくなる。ハンデスに対して非常に脆い。ナチュラトラで容易にメタることも可能。ただし、引きが異常に強い人だと壊れに変貌する。早いターンで出すことができれば脅威的なことには変わりない。 (10/06/07)
◎ 強いことは強いが「カラダン依存」なのでピーピングハンデスやマナ加速で落ちたりすると厳しくなる。アマテラスが殿堂してしまったのでカラダン擬似8枚体制がとれなくなってしまったのは痛手。とはいえ強力なことには変わりないが。 (10/04/11)
◎ 前評価は完全撤回。専用デッキでこれを中心にした構築ならば強い。ドラゴンなのでグールとのシナジーは強力。デモハンで除去されてもグールを沸かすことができるので好評価。蟲一枚で墓地から釣れるのは最恐。種族が良過ぎる。パワー12000のパンチ力は異常。この大きさのクリーチャーを早い段階で出されると詰む。擬似3ハンデスも凄まじい。この種族の良さとパワーの大きさはバニラでも相当強いような気もするが。墓地進化はディスアドが少ないのでハイスペックにしては駄目だろ…。これは強過ぎではないかと懸念している……。 (10/03/21)
○ 闇のクリーチャー3体で墓地進化は使い安そうにみえるが、実際は使いにくいと思われる。ヴィルジニアとカラフルダンスのコンボが一番安定するだろうが、Bロマニフをヴィルジニアで出すには墓地にBロマノフと闇のクリーチャー3体が存在しなければならない。計4体の指定されたクリーチャーを墓地に揃えるのは困難。条件が「闇」のクリーチャーでなければならないのも厳しい。最も、文明指定なしならば壊れになっていただろうが。とはいえ、出せれば見返りはそれなりにある。場に干渉できないのは惜しいが、ATで3枚擬似ハンデスを行えるのは強力。Tブレイカーのパンチ力も評価できる。上手く扱うにはデッキ構築力とプレイングの強さが求められるだろう。 (09/12/06)
 サイバー・A・アイアンズ
 とりあえず新時代。12000・TB・5枚ドロー・条件付きだがブロックされない、9マナとはいえ恐ろしいスペックだ。[A・G・]のコンボが現環境でどれだけ暴れられるか楽しみだ。 (10/05/31)
 サイバー・G・ホーガン
 キリコの調整版といったところか。現状では何とも言えないが面白そうだ。1ターンでデッキトップを操作し、これを出せれば強力な存在になるだろう。 (10/05/31)
 死神術士デスマーチ
 再録はアロマの次はこれか…速攻推奨もいいところ。1で殴れる墓地進化ブロッカーは脅威のスペック。バトル時−4000は強烈。ハヤブサを一方的に薙ぎ倒し、5000までのクリーチャーを僅か1コストで討ち取れるのは危険過ぎる。薔薇とエンフォーサーで止まるので、まだ良いが…。究極進化の種として使うなら問題ないのだが……。 (10/04/25)
 パラダイス・アロマ
 速攻用途で使うと鬼畜だったので仕方がない。 (10/04/11)
◎ Gゼロの危険性を物語っている。DMは本来「マナ」という行動制限が設けられている。それを完全に無視しており、さらには速攻デッキでコストを支払わずにアタッカーが増えるのは何か間違っている。これを対処することにマナを支払って除去していては、大幅なテンポアドバンテージを失うことになる。コスト支払わずにこれ出した後に、ティナやヒミコやラッシュに進化できるのは鬼畜としかいいようがない。「特定」のデッキでなければ青単に勝てないのは、間接的にデッキの幅を狭めていると思うが。普通に回っている青単に勝つのは極めて難しい。普通に回っただけで、他のデッキを駆逐しているのは如何なものか。 (09/12/02)
◎ せめてこれだけでも殿堂にしてくれ……。頼むから………。 (09/11/04)
◎ 冷静に考えると青単速攻の主要パーツ(鬼面城・アロマ・ティナ)は単体では良カードなので個々を殿堂入りさせるのではなく、コンビ殿堂にしたら平和になると思われる。この3枚のカードを4積みして速攻するとチートになるので同時に入れれないようにすればいいと思う。これらを組み合わせて青単速攻デッキを造ると超チートぶっ壊れカードに変貌してしまう。この3枚は単体では罪はないんだが…。 (09/10/18)
◎ 青単速攻のぶっ壊れカード。Gゼロで沸いてきてティナやヒミコやアストラルラッシュに進化して殴れるだと………。最近の青単速攻はふざけてますね。 (09/09/21)
 蒼狼の始祖アマテラス
 キリコをプレ殿させて、これは見逃してやってもいい気がしたが…。流石に殿堂呪文をデッキからコストを支払わずに唱えられるのは強過ぎたか。 (10/04/11)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク