スポンサードリンク

EarlCarbonaraさんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 仮面のマジン・クロスノーム
 ■相手のカードの効果によって、このクリーチャーが攻撃できない時、その効果を無視する。    これが、自分のクリーチャー全てに、せめて自分の光のクリーチャー全てに乗る等の効果であれば強かったと思う。もしくは、自身が召喚酔い状態でも攻撃できる等の処置はして欲しかった…  また、このカード自身が表向きに盾に存在する時の効果が無いのも微妙なところ…  ギャラクシールドのコストも5と重く、盾から召喚しても召喚酔いは残るため、攻撃時効果との相性も悪い。 (20/04/08)
 ロスト・チャージャー
 「4コスト単色 or 3コストの多色、墓地に落とせるのは自分のカードだけ」にリメイクして欲しいカード。  2→4→6の動きから墓地関系の動きに繋げたり、3→5で蘇生等の呪文を使いたいデッキがよくある。ボーンおどりチャージャーやデトダムのような未確定で代用できる構築も少なくはないけど… (20/02/06)
 アカカゲ・レッドシャドウ
 自壊とブレイクを同時にできるのは半ループデッキ的には壊れになる。  例えばハイオリーダ+ファイブスターのコンボでGR召喚を12回+5回ストックさせるだけで相手の盾を全部割り切って、SAやジョラゴンでリーサル。弱いわけがない。    何より「シールドをブレイク」しているのでヘイトを買いにくいと言える。 (19/11/15)
 帝神龍装 ティーゾリス
 シャドウバースで言うところのトワイライトクイーン的な存在。  場にいる限り能力は働き続け、cipによる1破壊も魅力。    強いことは目に見えているが、ゴクガロイザーポジションに落ち着かないかが不安。    逆に言えば、これからに期待することも可能なカード。 (19/11/12)
 大魔王 ウラギリダムス
 もし、このカードがオンラインカードゲームのように上方修正が貰えるのであれば、まず速攻性を持たせるために墓地進化の能力を追加し、耐性能力も山札の下ではなく墓地に置くようにし、欲を言えばツインパクトカードとして、呪文面に地獄門デス・ゲート等の万能呪文を持たせて欲しかった…… (19/09/24)
▲ メリットとしては、墓地を待機させてキープできる、という点である。最近の環境は墓地のカードを山札に戻させるカードが多く存在するため、墓地ソースが戦うには厳しいところがある。ただし、このカードをバトルゾーンに出しておくことで、このクリーチャーを含め6枚のカードを確保できる。後はこのカードを自壊するだけで、一気に墓地を回復することができる。ただし、この行為自体がよくよく考えなくても無駄であり、また自壊することでアドバンテージを稼ぐことができるカードが現状存在しない(存在していたらクロスファイアに使うことが可能となり、多分墓地ソースに起用されている)。どこがメリットだ。  また、カードを大量に含むという点で、死神アトミックデストロイヤーやゾグジグスとの相性はいいが、どちらも墓地ソースに入り得るカードではなく、そもそも呪文なためこのカードのシンパシーとの相性すら悪い。  現環境であるデッドダムドの攻撃を1度だけ耐えられるというメリットも、そもそも5000GTで侵略元が召喚できないのでは?という結論に至る。  様々な使い道を考えてみたが、墓地ソースに1〜2枚だけ採用し、5000GTでフィニッシュを決めるターンに「もしトリガーを引かれた時に耐えられる用として置いておく」使い道と、墓地ソースの「ライブラリアウト」を防ぐための手段として活躍していくことになるだろう… (19/09/24)
▲ 進化クリーチャーじゃないので、ウラギリダムスだけ剥がしても再構築ができず、進化元のカードが全て墓地に行くという残念なカード。  どうしても下のカードを使いたいなら、不死鳥の術などで場に出す方法はあるが、準備する過程と必要なコスト、出した後のウラギリダムスが下のカードが3枚になるという弱さを考えるとメリットが全くない。  再度言うが、進化クリーチャーじゃないため墓地ソースに入れても速効性は無く、墓地も減るので次に繋げにくい。破壊耐性や敗北耐性も、2回除去された時点で無意味である。  シンパシーで召喚であることを考慮すると、ラビリピトとの相性はいいが、オブザや5000GTの方が1つ上手である。  種族にドラゴンを持っていないため、墓地ソースの弱点になり得るドラゴン大王を突破することもできず、コマンドはいっちょ前に持っているせいでVANベートーベンにも引っかかるというとても残念なカード。  バトルゾーンに出た時に確定除去できるという能力も、高パワーは取れなくてもパワーダウンで5000GTとの相性もいいオブザの方が有力である。 (19/09/24)
 C.A.P. センサー
 カゲキリと合わせて4ドロー  ドレミ24と合わせて使うと面白そう (19/05/19)
▲ 浄化ノ正裁Zと合わせることで、無限ドローが可能になる。さらに7コストなので、オールフォーワンでシャコガイルに変えることも出来る。    需要無し。 (19/05/11)
 弐天炎明 ガンリュウ・ムサシ
 浄化ノ正裁Zと合わせることで、無限ドローが可能になる。さらに7コストなので、オールフォーワンでシャコガイルに変えることも出来る。    需要無し。 (19/05/11)
 スピア・ルピア
 みんなガッツンダーばかりに目が行っているが、実はこいつもアンタップキラーを持っている。  2ターン目オニカマス、3ターン目オニカマス攻撃からのスピア・ルピア攻撃でドラゴンをサーチしつつバルチュリスを投げることが可能なので、ワンチャン剣リペアに入りそう…  味方にアンタップキラーを付与することも可能なため、そっち目的で採用して、攻撃時効果を持つクリーチャーの能力の発動に繋げることも…  3コストということでディメンションゲート等とは仕事が被ってしまうが、攻撃する、パワーが1000はあるという利点を生かせるデッキ、対面なら採用の余地は十分にあると思う。 (19/04/21)
 不夜城艦 クランヴィア
 こいつ自身にエターナルガードや、スーパーエターナルスパークを打つだけで盾増やしができ、ガイアズソングやメビウスチャージャーを打つだけで、マナブーストができる。特に後者は、フェアリーライフなどのブースト呪文を下に取り込んだ後に行うことで、更なるブーストもできる。  このことを考えると、ゴクガサイクルによる利用なども考えられる…枠無いけど。  クソどうでもいいけど、火のツインパクトを仕込んで、不死鳥の術をぶっ放す…なんてことも…  うん。弱いな (18/11/18)
 水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー
 なぜ皆んながバスターでしか考えていないのかわからないが、リバイヴで回収できるクリメモと考えるだけでも異常。ツインパクトマップ等の最近のカードとも相性が良く、更にそれがアタックトリガーでも発動可能。  玄渦と合わせて、ドロマーハンデスの強化である。  これから元のクリメモを使う意味はあるのだろうか…という一枚。 (18/11/17)
 リーフストーム・トラップ
 ゴデンジャーと組み合わせると、確定除去+フォースアゲインのような動きが可能となる。コートニーと合わせるとコンボが作れそうな予感… (18/10/28)
 「拳」の頂 デシブコ・グーチーパ
 勘違いしている人がいるかもしれないので、最初に言っておく。  このカード、意外と成功率は高い。    1枚で3/16  2枚で1/2  3枚で13/16  4枚で31/32  である。    適当に3枚並べて、最後に1体を召喚するだけでも勝つことができる。    例えば、デッキにこいつを4投していると仮定して、ゼニスクラッチでこのカードを引く確率は4/39である(単純計算。詳しくは変わってくる…)。その後の勝率は3/16  まとめると、1/52である。  ジョーカーの無いトランプから、欲しいカードを1枚引いてくる確率と同じである。    つまり、このカードは十分にフィニッシャーになりうるカードである。いつからこのカードゲームはK○NAMIになったのか… (18/10/01)
 煌世主 サッヴァーク†
 使い手を選びそうなカード。  盾を表向きで残しながら戦える構築ならば強い盾になる。ドルツヴァイを止められるのは大きい。  巨大ブロッカーとして、天門に採用するメリットは少なく、同じ10コストなら他に強いカードがあるのが現状。  このカード主体の構築をしておかなければ、デッキの圧迫にしかならないと思われる。  個人的には、城、裁きと組み合わせるのがオススメ。特に、セイントキャッスル+ライデンはとても強い受けになる。海底鬼面城もドロソとして優秀だったりするので、サバ†に繋げやすい。    出すタイミングは一つなので、出すまでの戦い方が問題になってくるカードだと思われる。 (18/09/25)
 凶鬼卍号 メラヴォルガル
 実質、W・ブレイカー、スピード・アタッカー持ちの2ドローカード。ブロッカーも持ち、ラビリピトの条件も満たす。    弱いわけがない。 (18/09/22)
 卍堕呪 ゾグジグス
 フィニッシュにはそれなりに。  魔道具デッキで6マナ溜める難易度、フィニッシュで使うのにドロー、他のデッキとの組み合わせ難さを考えると微妙なカード。バウンス面、呪文ロック面だけを見ればそれなりに強いカード。G-ゼロで、手札が多いとタダで出る魔道具が新規で来ると、更なる無月に繋げやすくなる…が、結局無月がSAを持っていないために攻撃に繋げられないため、微妙。  進化無月が来て、G-ゼロ魔道具が来ればとても強くなれるカード。今後に期待。 (18/09/18)
 無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク
 フィフスと相性抜群のカード。バリアントスパークと好みで分かれそう… (18/09/14)
 ドンジャングルS7
 高コストで相性のいいカードとしては、ニコルボーラス、スペルデルフィン、ザールベルグ、シェルフォートレス、バルホルス、ミハイル、バーロウと多く、また、ジャンゴニャーンズと組み合わせることで、実施6マナで使用することができる。    なによりも、8軸ガチロボに組み込むことで、マナからニコルボーラスやガチロボを爆誕できるため、充分な強さを誇っていると言える。  新弾のジワジワ高騰カードの1枚と予想できる。 (18/09/02)
 こたつむり
 相手のS・Aを封じつつ、自分はマナを貯めるだけでブレイク数アップ  弱い訳がない。    革命チェンジって止められないんだっけ?  そこの裁定によっては…◎ (18/08/31)
 魂穿ツ煌世ノ正裁Z
 S・バックでカウンター気味に利用できることを考えると強い。7以下ではなく、8以下なのもよい。ほぼ全てのクリーチャーを除去できる。が、ガリュザークを取れないところが気になる… (18/08/31)
 進化設計図
 ツインパクトで進化クリーチャーが出る瞬間に化けるカード。ツインパクトカードは今期だけで終わる事が考えにくいので、いずれ進化ツインパクトは出てくると考えられる。場合によっては2コスト6ドローという化け物カードにもなりうる。公式の行なったアンケートでも、ドルバロムやアルカディアスが入っていた事を考えると、公式は必ず進化ツインパクトを出すと考えられる。そうなった場合、確実に高騰すると考えられる。よって、進化設計図は今のうちに大量に回収しておくと良いと思う。  最終的には、強すぎるの一言で殿堂に入ることも考えられるので、回収、高騰した時に売却、殿堂により暴落という感じになるかと (18/08/29)
 偽りの王 ヴィルヘルム
 強すぎてお金が…  ゴールデンで再録に1票。 (18/08/27)
 ウォーター・イン・ザ・ダーク
 サイバー I チョイスと同じで、呪文側が7コスト以下のツインパクトのカードがめくれたらクリーチャーとしても使用できるように、テキストを  「自分の山札をシャッフルし、その後、上から1枚目を見る。それがコスト7以下の呪文なら、そのカードをコストを支払わずに使用してもよい。」  に変えて欲しい。流石にホーガンブラスターの完全劣化版…下位互換ですらない… (18/08/21)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク